ついつい言ってしまう【務めさせていだだく】という言葉は間違っている!? 過剰な敬語には要注意 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE働く

2021.07.15

ついつい言ってしまう【務めさせていだだく】という言葉は間違っている!? 過剰な敬語には要注意

セレモニーなどの冒頭で司会者が言うセリフ「務めさせていただく」。何気なく使用していましたが、使用するには条件があるんです。今回は「務めさせていただく」の正しい使い方や他にも注意する必要がある言葉をご紹介します。

Tags:

【目次】
ついつい言ってしまう「務めさせていただく」は正しい?
「させていただきます」症候群に要注意
「させていただく」が正しい場合を紹介
他にも注意!二重敬語
最後に

ついつい言ってしまう「務めさせていただく」は正しい?

セレモニーなどの冒頭で司会者が必ずこのようなセリフを言いますね。「本日の司会は、私が務めさせていただきます」。皆さんも、様々なシチュエーションでこの「務めさせていただく」を使用しているのではないでしょうか。しかし、この「務めさせていただく」とは、正しい日本語なのでしょうか?

務めさせていただく

「務める」の意味

「務める」は動詞で、ある役割や任務を引き受けて、その仕事をするという意味です。「務めます」では、会議の司会などに丁寧さが足りないと感じるので、「務めさせていただく」になるわけですよね。なぜそういう心理になるのか、「させていただく」の意味を考えてみます。

「させていただく」の意味

「させてもらう」の謙譲語で、相手に許しを請うことによって、ある動作を遠慮しながら行う意のこと。なるほど、「務める」と合体すると、「務めます」より、へりくだった感じが強調されます。これが間違った使い方を誘発させている、原因かもしれませんね。

つまり、相手に許しを得てから「務める」場合に、「務めさせていただく」と使うのは、誤りではありません。

「させて頂く」と漢字を使うのは間違い

辞書で「させて頂く」を検索したところ、ヒットしませんでした。「させていただく」は、動詞について使われる補助動詞なので、漢字で表記するのは、間違いです。

「させていただきます」症候群に要注意

「させていただきます」症候群という言葉を聞かれたことがありますか?なんにでも、「させていただきます」を付けることによって、丁寧な言葉にしようとする人のことです。

文化庁の敬語の指針によると、「〇〇させていただく」といった敬語の形式は、自分が行うことを、二つの条件を満たした場合に使います。

1. 相手側又は第三者の許可を受けて行う場合
2. そのことで恩恵を受けるという事実や気持ちのある場合

簡単に使ってしまっている「させていただきます」ですが、実は結構ハードルの高いワードなのかもしれませんね。

務めさせていただく

文法的には間違いはないがまわりくどい

用法として、間違ってはいないけれど、くどい例を見ていきましょう。文化庁の敬語指針によると、相手が所有している本をコピーするため、許可を求めるときの表現、「コピーを取らせていただけますか」。これは、間違いなく「させていただきます」の使用要件を満たしている為、問題ないようです。

それに対して、研究発表会などにおける冒頭の表現「それでは、発表させていただきます」。これは、もちろん用法として間違いではないのですが、上記1の条件を満たしているかどうかが曖昧なため、表現としては、大層な印象を与えてしまう恐れがあります。簡素に、「発表いたします」とする方が、すっきりした感じがしませんか。

誤った使い方に注意1

例:本日の司会を務めさせていただきます→司会を務めますでOK

よく使う例として冒頭でも触れましたが、この一文は先程挙げた、使い方は間違っていませんがまわりくどいですね。

司会をすることは、上司なり誰かの許可を得ているのかもしれませんが、「それにより恩恵を受ける事実や気持ちがある」という要件を満たすには、会議の司会では、大層すぎるように考えられます。

なお、結婚披露宴の司会などギャランティーが発生したりする場合には、このような表現でも、おかしくはありません。

誤った使い方に注意2

例:ご説明させていただきます→ご説明いたしますでOK

これもよく耳にしますね。この場合も、「説明する」に、謙譲語をつけて丁寧に言っているだけなので、間違いとは言えません。ですが、1や2の要件に合致するのは、よほどのときだけ。「ご説明いたします」とした方が、すっきり聞こえます。

「させていただく」が正しい場合を紹介

「させていただく」を含む文について、間違ってはいないけれども、微妙かな?という表現をご紹介しました。

いちいち、2つの要件を満たしているの?いないの?と、考えるだけで、「させていただきます」アレルギーが出てきそうです。「もう『させていただく』なんて、絶対に使わない」。という声すら聞こえてきそう…。

そうならないためにも、正しい「させていただく」の使い方を、覚えておけば戸惑うことが減るかも知れません。例をみていきましょう。

「早退させていただきます」

「早退します」でよいのか、「早退させていただく」なのか、これも迷いますね。この場合、「早退する」ためには、その場の管理者の許可が要ります。したがって、1の要件を満たしています。また、「早退する」ことによって、自分が恩恵を受けることも事実です。

以上のことから、「早退させていただきます」という用法は、正しいと言えます。

「処分させていただきます」

「処分」にはいくつか意味があるのですが、この場合の「処分」が「捨てる」という意味だと仮定して、話を進めます。「処分」するには相手の許可が要ることなので、1の要件は満たしています。また、「処分」することによって、何らかの利益を得ると思われるので、2の要件も満たしています。この使用法は正しいと言えます。

他にも注意!二重敬語

「させていただく」以外にも、注意が必要な言葉があります。下記は一見正しいように見えますが、間違って使われています。一緒に確認していきましょう。

務めさせていただく

「よろしかったでしょうか」

よく見かけますね。これは正しいのでしょうか。「よろしかったでしょうか」は、過去ではないことに対して使われるのなら、誤りです。

なぜかファミリーレストランやコンビニで使われることが多いようですが、大半は誤用されています。正しくは、「よろしいでしょうか」ですよ。

「おっしゃられる」

「おっしゃる」と「~られる」という敬語を二重に使っていますね。これを正しく使うには、敬語を重ねるのをやめます。「おっしゃる」とすれば解決です。

最後に

おかしいと思いつつも、「周りが使うので」と、ついつい間違った用法をしている場合も。ほとんどの場合が過剰な敬語なので、シンプルな表現を心がけると良いかもしれません。日本語ってとっても難しいですね…。

こちらの記事もたくさん読まれています
「図々しい」の正しい意味は? 図々しい人の特徴や対処法・類語もご紹介
「策士」の正しい意味とは?策士と呼ばれる人の特徴や注意すべき点を解説

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事