〝お送りいたします〟ってそもそも正しい?ビジネスで使用する際の注意点をご紹介 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE働く

2021.08.12

〝お送りいたします〟ってそもそも正しい?ビジネスで使用する際の注意点をご紹介

【お送りいたします】と耳にすると、一瞬違和感を覚えませんか?普段使用していたけれど、本当に正しい言葉なのかは分からない…。今回は「お送りいたします」の正しい意味や使い方、類語や言い換え表現についてご紹介します。

Tags:

【目次】
「お送りいたします」は間違い?
使い⽅を例⽂でチェック
類語や⾔い換え表現にはどのようなものがある?
英語表現とは?
最後に

「お送りいたします」は間違い? 

「お送りいたします」と耳にすると、一瞬違和感を覚えませんか? なぜそのように感じるのか、まずは「お送りいたします」を品詞分解をしてみましょう。

前半部分、「お送り」は、「送る」という動詞の名詞化「送り」に、接頭語の「お」をつけた謙譲語Ⅰ。後半部分、「いたします」は、動詞「する」の謙譲語Ⅱ(丁重語)で「いたします」という形で用いられます。

「お送りいたします」は尊敬語として間違ってはいません。ですが、「お送りいたします」に違和感を覚える理由は、「送る」という自分の動作に「お」をつけているからではないでしょうか。ここで、文化庁の「お」についての解説を紹介します。

自分側の動作やものごとなどにも、「お」や「御」を付けることはあります。
自分の動作やものごとでも、それが<向かう先>を立てる場合であれば、謙譲語Iとして、「(先生を)お待ちする」、「(山田さんに)御説明をしたい」など、「お」や「御」を付けることには全く問題がありません。
また「私のお菓子」など、美化語として用いる場合もあります。
「お」や「御」を自分のことに付けてはいけないのは、例えば、「私のお考え」「私の御旅行」など、自分側の動作やものごとを立ててしまう場合です。
この場合は、結果として、自分側に尊敬語を用いてしまう誤用となります。
(文化庁「敬語おもしろ相談室」より)

「お送り致します」のように、「いたします」を「致します」と表記していることがあります。「お送りいたします」の「いたします」は、補助動詞で使用する場合は「ひらがな」表記と文化庁が定めています。よって、「致します」は間違いです。

ビジネス等で使う時の注意点

お送りいたします

では、ビジネスシーンで使用する際にはどのような注意が必要なのでしょうか。「送ります」や「お送りいたします」という表現を使っても、問題はありません。「送ります」では、カジュアルすぎると感じるときに、「お送りいたします」を使用するとよいでしょう。ここで混同してはいけないのが、「送らせていただきます」です。丁寧な表現をしようと「させていただく」を使用する方が多いと思いますが、文化庁の指針で確認してみましょう。

「(お・ご)・・・(さ)せていただく」といった敬語の形式は、基本的には自分側が行うことを
ア)相手側又は第三者の許可を受けて行い
イ)そのことで恩恵を受けるという事実や気持ちのある場合に使われます
したがって、ア)、イ)の条件をどの程度満たすかによって、「発表させていただく」など、「・・・(さ)せていただく」を用いた表現には、適切な場合と、余り適切だとは言えない場合とがあります。
(文化庁「敬語おもしろ相談室」より)

「させていただく」を使用する場合には、まず、ア)の相手側又は第三者の許可を受ける必要があるので、「送る」行為にもハードルが高くなってしまいます。注意が必要でしょう。

使い⽅を例⽂でチェック

お送りいたします

「お送りいたします」の使用例を、チェックしましょう。

1:「カタログをお送りいたしますので、ご確認をお願いいたします」

頼まれたものを送るときに、一言添えたり、事前に連絡やメールをする際に使えます。「送ります」より丁寧な表現なので、取引先に対しても使用可能ですね。

2:「見積書をお送りいたしますので、ご査収ください」

この場合も相手に見積書を送るのですが、その後に続く「ご査収」が送付したものの「内容を確認してください」というニュアンスのもの。話し言葉というよりも、メールなどの文書での使用に適していますね。

3:「会社まで、車でお送りいたします」

これまでは、物に対しての「お送りいたします」を紹介してきましたが、人に対しても使えます。「送る」相手を立てているので、ビジネスシーンにも使用可能です。

類語や⾔い換え表現にはどのようなものがある? 

続いて、「お送りいたします」の言い換え表現にはどのようなものがあるのか、一緒に見ていきましょう。

1:「弊社の商品を、発送いたします」

「発送」の意味は、「荷物や郵便物などを送り出すこと」。上記で説明した通り、「する」の謙譲語「いたします」をつけて敬語にしています。

2:「必要なもの一式を、送付いたします」

「送付」は名詞で、意味は「送り届けること。送りわたすこと」です。「いたします」は、「する」の謙譲語なので、敬語表現になります。口頭で使われるよりは、メールなどでよく使用されますね。

お送りいたします

英語表現とは? 

英語で、「お送りします」を表現するには、「送る」という意味の「send」を使うとよいでしょう。また、「添付」という意味の「attach」も同じような使い方ができます。

1:I will send ~

「~を送ります」という意味。「送ります」は、まだ送られていないという意味が含まれるので、未来形である「will」を使用しています。

I will send you an e-mail tomorrow(明日、メールをお送りします)

2:I will attach ~

「~を添付します」という意味。「添付します」も、この先のことを示しているので、未来形の「will」を使用します。

I will attach the invoice to this email.(本メールにご請求書を添付してお送りします)

最後に

「お送りいたします」について解説しました。自分の行為に対して「お」をつけているので、少し違和感がある方もいらっしゃるかもしれませんが、「お送りいたします」は敬語表現ですので、ビジネスシーンでも使用できます。これからは、自信をもって「お送りいたします」を使えそうですね。

トップ画像・アイキャッチ/(C)Shutterstock.com

こちらの記事もたくさん読まれています
【ご返信】←正しく使えてる? ビジネスでの使い方をご紹介
【ご連絡差し上げる】は正しい敬語!? ビジネス等で使う時の注意点も併せてご紹介

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事