ファッション誌が本気で考えた〝おしゃれな〟「山キャンプ」コーデって?【ワーママのアウトドアファッション】 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

FASHIONおすすめワードローブ

2021.05.27

ファッション誌が本気で考えた〝おしゃれな〟「山キャンプ」コーデって?【ワーママのアウトドアファッション】

まだまだ盛り上がっているキャンプブームですが、気づけば同じような服装になりがちではないですか? 今回は、山林や高原地での「山キャンプ」を想定した、ちょっと差がつくオススメコーデをご紹介します!

「山キャンプ」コーデは、「肌は隠す」&「動きやすい素材」が大前提!

ファミリーではもちろんのこと、最近はおひとりさまのソロキャンプも話題になるなど、空前のキャンプブームはまだまだ健在! コロナ禍で外出制限などはありますが、可能な範囲で楽しみたいですよね。
とはいえ、意外と多いのが「キャンプコーデの正解がイマイチ分からない」という声。そこで今回は、山林や高原地でのキャンプに向けたオススメコーデをご紹介します。

「山キャンプ」コーデのポイント4!

  1. 虫よけ対策:肌は隠すのが基本! 夏でも極力、長袖&フルレングスパンツで
  2. 寒暖差対策:朝晩は冷え込むので、薄手のものをレイヤードするのがオススメ
  3. 動きやすさ対策:立ったりしゃがんだりするので、伸びのいいストレッチ素材がベター
  4. 足元対策:しっかりとした靴選びが基本。サンダルの場合は、すぐに脱げないタイプを。

1:撥水の「マウンテンパーカ」+「レギンススカート」で、機能的&半歩先のおしゃれを

トレンドアイテムでもあるマウンパがその実力を発揮するのは、何と言ってもキャンプ場! 撥水加工がされているので急な雨にも安心な上、薄手ながら保温性もあるのでマストアイテムです。

下は無難にデニムかカーゴパンツあたりでまとめがちですが、おすすめはレギンス付きスカート! 薄手のジャージー素材で作られているので楽ちんなはき心地はもちろんのこと、気になるおなか周りをカバーしつつレイヤードによる暖かさもあるので最適。そこまでメジャーなアイテムではないので、おしゃれツウな雰囲気をだせちゃうのも嬉しいポイントです。手持ちのスカート&レギンスでレイヤードしてみるのも新鮮です。


マウンテンパーカ¥35,200(ウールリッチ カスタマーサービス〈WOOLRICH〉)、Tシャツ ¥14,300(ロンハーマン〈ユニオンランチ〉)、スカート ¥16,500(UTS PR〈+81 BRANCA〉)、サングラス ¥36,300(ルックスオティカジャパン カスタマーサービス〈ペルソール〉)、サコッシュ ¥11,000(アンドワンダー)、スニーカー ¥14,300(アトモス ピンク フラッグシップ ハラジュク店〈プーマ〉)

2:変化球を狙うなら、薄手の「スエットワンピ」+「ニットパンツ」のリラクシーなスタイルで

楽ちんでカジュアルなスエットは寒暖差の激しい山キャンプにもってこいですが、普遍的なアイテムだけに見方によってはフツーの印象に。より新鮮に見せるなら、ややゆったりめのIラインワンピのような、アウトドア感を抑えたレアなデザインを選ぶのがオススメ。下に重ねるボトムは旬のニットパンツで、リラクシーでありつつ動きやすいスタイルに。ワンピース ¥24,200(ビームス ハウス 丸の内〈バトナー〉)、パンツ ¥35,200(CABaN Daikanyama〈CABaN〉)、ヘアバンド&マスク ¥5,500(OVERRIDE 神宮前店〈OVERRIDE〉)、リュック ¥8,360(ミレー・マウンテン・グループ・ジャパン〈ミレー〉)、サンダル ¥16,500(ビルケンシュトック・ジャパン カスタマーサービス〈ビルケンシュトック〉)

3:すぐに真似できる「ロンT」+「黒デニム」は、スポーティ小物で山キャンプ仕様に

すっかり大人の女性にも浸透している白のロンTは、シンプルなカジュアル感と着心地の良さが山キャンプにもうってつけ! 伸びのいい黒デニムとの鉄板コーデなら、アウトドア感が強まりすぎず、キャンプ帰りにどこかに寄り道したとしても安心のおしゃれ感が演出できます。
アウター代わりのチェックシャツのほか、キャップ、サコッシュ、スポサンなどスポーティな小物でまとめて、機能的なキャンプコーデを極めて。トップス ¥14,300(UTS PR〈ジェーン スミス×コリン レーン©️〉)、パンツ ¥20,900(カイタックインターナショナル〈ヤヌーク〉)、シャツ ¥19,800(ビームス ハウス 丸の内〈デミルクス ビームス〉)、帽子 ¥4,730(コロンビアスポーツウエアジャパン〈コロンビア〉)、バッグ ¥7,480(インス〈グラミチ パフォーマンス〉)、サンダル ¥5,830(デッカーズジャパン〈テバ〉)

「虫よけ」「寒暖差」「動きやすさ」「靴選び」の4点に気をつければ、実は難しくない山キャンプコーデ。ぜひ次回のキャンプの際のヒントにしてみてください!

●この特集で使用した商品の価格はすべて、総額(税込)表示です。
●この特集で使用した商品の問い合わせ先はこちらにあります。
 上記以外の問い合わせ先は下記になります。

アトモス ピンク フラッグシップ ハラジュク店 03−6419−7170
アンドワンダー 03−5787−3460
インス 0120−900−736
UTS PR 03−6427−1030
ウールリッチ カスタマーサービス 0120−566−120
OVERRIDE 神宮前店 03−6433−5535
カイタックインターナショナル 03−5722−3684
CABaN Daikanyama 03−5489−5101 
ビルケンシュトック・ジャパン カスタマーサービス 0476−50−2626
ミレー・マウンテン・グループ・ジャパン 03−6417−0492
ルックスオティカジャパン カスタマーサービス 0120−990−307

撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE/人物)、坂根綾子(静物)  スタイリスト/高木千智 ヘア&メイク/MAKI  モデル/牧野紗耶 構成/松崎のぞみ

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事