バスタオルの部屋干しだってもう怖くない!スリコの新作ハンガーがすごい!! | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE暮らし

2021.07.26

バスタオルの部屋干しだってもう怖くない!スリコの新作ハンガーがすごい!!

毎日の洗濯は効率よくスムーズに進めたいもの。少しでも早く、少しでも楽に洗濯物が乾いてくれたらと願うママたちへ、一番乾きにくい部分が乾くハンガーをご紹介します。

Tags:

部屋干しはハンガーでひと工夫を

忙しいワーママたちは、洗濯物を部屋干しすることも多いのではないでしょうか。あの嫌な匂いにならないよう洗剤も柔軟剤も改良されてきましたが、やはり干し方が最重要ポイントに。特に、乾きにくいパンツやバスタオル、シーツなどは工夫して干さないと失敗してしまうことも。しかし、3coinsで発売された新作ハンガーは、厄介な洗濯物も簡単手間要らずで乾燥できたのでご紹介。

3coins|衣類が乾きやすいボトム用伸縮ハンガー ¥330(税込)

ボトム用ハンガーと書いてありますが、バスタオルやシーツなど大物にも便利でした。では早速、使い方をご紹介します。

※画像1.2並べて入れてください。

(左)まずは十字に開きます。(右)横方向は伸縮するので、干す物によって長さ調節してください。

子どものパンツで実践。ウエスト部分を、縦方向のピンチでつまみます。パンツにより空洞ができるよう、ウエストの左右ではなく、前後でつまむのがポイント。

横方向にはパンツの裾を。こちらも空洞を作るよう、2点ピンチでつまみます。裾を持ち上げることにより、一番乾きにくい股部分にも風が通りやすくなります。

ちなみに洗濯物を干すとき、皆さんは何度かパンパンと叩いていますか? これをすると、布の繊維が立ち上がり乾きやすいんだとか。なので、大物のバスタオルも一度畳んで叩いてから、横向きにし、円を描くようにぐるっとピンチでつまんだら早く乾きますよ。

どんよりしがちな毎日ですが、お洗濯が少しでも楽に、ストレスなくできるよう、ハンガーなど道具を見直してみてもいいかもしれませんね。

構成・文/福島孝代

あわせて読みたい
▶︎【中の人に聞いた秘技】梅雨の洗濯は〝ちょいオキシ足し〟でニオイ対策を
▶︎洗濯機は最低2ヶ月に1回は掃除を! 洗濯機用洗剤の種類と選び方、掃除の手順を解説

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事