ヨーグルトの表面に出てくる水分、食べる?食べない? 正解は…【素朴な疑問をメーカーの人にぶつけてみた!】 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2021.07.13

ヨーグルトの表面に出てくる水分、食べる?食べない? 正解は…【素朴な疑問をメーカーの人にぶつけてみた!】

ヨーグルトの蓋を開けると、水のようなものが出てきますが、あの水分はヨーグルトと一緒に食べてもOK? それとも捨てたほうがいい? そんな素朴な疑問を〝明治〟のマーケティング担当、田中 陽さんに聞きました。

Text:
keiko kido
Tags:

ヨーグルトの表面に出てくる水分は飲んでOK? 捨てたほうがいい?

ヨーグルトの蓋を開封すると出てくる水分。もちろん体に害はないでしょうが、これは飲むものなのか、捨てるものなのか。しかも、開封して時間が経つと水分が増えてきますよね。この水分は一体、何? 気になる疑問を、明治 乳酸菌マーケティング部 ヨーグルトG 田中 陽さんに教えてもらいました。

この水分は「ホエー」と呼ばれるヨーグルトの成分の一部


「開封時にヨーグルトの表面に出てくる水分は、ホエー(乳清)と呼ばれるもので、ヨーグルトの成分の一部です。水溶性のたんぱく質、ミネラル、ビタミンなどの栄養分が含まれているので、捨てずに安心してお召し上がりください。この水分は、振動などによりカード(固まり)が収縮し、中に含まれているホエーが出てきたものです。また、ヨーグルトをすくった時に、断面から水分が出てくることがありますが、これはカード(固まり)がくずれたことで、中に含まれているホエーが出てきたもの。そのほか、保存期間が長くなると日ごとに水分が出やすくなることもあります」(田中さん)

ただの水分ではなく、大切な栄養分が含まれているんですね。捨ててしまうのはもったいない! ヨーグルトと一緒に食べるのが正解のようです。

明治ブルガリアヨーグルト倶楽部

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事