東大教授が教える「頭のいい人」のスゴイ思考習慣|「考え続ける人」と「気合い系の人」の大きな違い | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE暮らし

2021.07.25

東大教授が教える「頭のいい人」のスゴイ思考習慣|「考え続ける人」と「気合い系の人」の大きな違い

私たちは今、あらゆることが複雑に絡み合っている社会を生きています。変化が激しく不確実で複雑かつ曖昧な状況であるVUCA(Volatility:変動性、Uncertainty:不確実性、Complexity:複雑性、Ambiguity:曖昧性)の時代を生きていくためには、何が必要でしょうか?  『東大教授の考え続ける力がつく思考習慣』を上梓した東京大学先端科学技術研究センター教授の西成活裕氏が、頭がいい人が身につけている「思考習慣」を紹介します。

Text:
西成 活裕
Tags:

頭のいい人は思考習慣を身につけている

VUCAの時代において、人は不安や混乱を招きやすくなっています。「正解」という出口のない迷路をさまよっているようなもの。しかし、世の中が複雑になって「どうしよう?」と不安ばかり感じて立ち往生する人もいれば、「面白そう! 自分次第でチャンスを掴めるぞ!」とワクワクしながらチャレンジを楽しむ人もいます。あなたはどちらのタイプに近いでしょうか?

私はこれまでに、高速道路や空港での混雑緩和、サウジアラビアにおける聖地巡礼者の混雑解消、トヨタの「カイゼン」で有名な山田日登志さんなどとご一緒したモノづくりの現場での作業効率改善など、さまざまな分野の難題解決に尽力してきました。

こうした仕事を通して気づいたことは、「どんな困難も諦めずに考えれば乗り越えられる!」ということです。「考える力」こそ、どんな時代も生き抜いてきた人間の最大の強みなのです。

ところが、この「考える力」を最大限活用している人と、まったく使いこなせていない人がいるのも事実。「考える力」を発揮している人のほうが、成功を手に入れやすい頭のいい人であることは言うまでもありません。

頭がいい人は、ただ「考える」だけでなく、「考え続けている」のです。これは、筋トレやマラソンのような運動と同じで、鍛えれば鍛えるほど力がつく「考える体力」とも言えます。何か問題に直面したとき、考えることをやめてしまえば、そこで終わりです。

しかし、考え続けている限り、思考は広く、深くなり、最良の答えに近づくことができます。さらに考え続ければ、その答えをどんどん発展させていくこともできるのです。

1 2 3 4
Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事