Domani

働くアラフォー、仕事もおしゃれも、楽して楽しく!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • search
 

WOMAN女妻母、働くいい女のある日、ある瞬間

2018.04.22

『人生の半分近く、旅行業界で仕事をしています』~女・妻・母~今月の女:駒形真倫子さん

女として、妻として、母として、それぞれのステージで働く女性の生き方をクローズアップ。Domaniで連載中の魅力あふれる女性たちの姿をお届けします!

Tags:

個人で旅行をするのが好きなお客さまの航空券などを手配するのがとても楽しく、気づけば人生の半分近く、旅行業界で仕事をしています。

今月の女:駒形真倫子さん
イーツアー株式会社 社長室マネージャー
Web マーケティング・40歳

個人で旅行をするのが好きなお客さまの航空券などを手配するのがとても楽しい

海外格安航空券やツアーなどのオンライン予約を扱う会社で、社長室マネージャーとして幅広い業務を手がける駒形さん。

「ホールセラー勤務時代はお客さまと接する業務や自分自身が海外へ行く仕事にも惹かれて異業種への転職も試みました。でも結局“旅”という非現実的な時空間で起こる人や出来事との一期一会が好きで、旅から離れられなくて。今力を入れているのは客層開拓のためのワークショップ。大人の女性に向けた“食×旅”などひと味違う旅情報を提供しています」

仕事人生の分岐点は28歳、現地スタッフ育成・管理のための上海オフィス出向。数年は滞在する覚悟でいたが、そのわずか10か月後に、赴任を喜んでくれていた最愛の母が末期がんで倒れた。駒形さんはしばらくの間、上海と日本を往復しながら葛藤の日々を送る。

「母が死ぬなんて、信じたくなくて。仕事を途中で投げ出したくない意地と、そばにいたい気持ちの間で揺れましたが、余命宣告が出た時点で日本に帰国。わずかな間でしたが仕事を休んで緩和ケア病棟に毎日通いました。アロマをたいて花を飾り、朝晩手足や顔のマッサージを。宣告よりひと月も長く一緒に過ごすことができました。母の他界後はお休みをいただき、2か月後に仕事に復帰しました」

今思えばご自身で予感があったのか、赴任直後の駒形さんに長い手紙が送られていた。

「その中で〝あなたに会うだけで、みんながほっとするような人になってください〟というような言葉がありました。それが今も心の指針になっています。民泊やLCCの台頭で変革する旅行業界ですが、人を笑顔にする、一期一会の旅を提案できたらと思っています」

こまがた・まりこ/1977年、東京都生まれ。私立女子大学英米文学科卒業。新卒でアートギャラリーに就職後、海外航空券を卸すホールセラーに転職。旅が好きでも旅に行けない旅行業から脱するべく、転職支援会社に登録しながら仕事を模索。26歳で現在の会社に国際航空券のリテーラーとして正社員入社。30歳で社長室マネージャーに。現在は経営戦略から宣伝広告、Webマーケティングや商品企画まで幅広く担当。

Domani2018年3月号『女[独身]、妻[既婚子供なし]、母[子供あり]Catch! 働くいい女の「金曜14時』より
本誌撮影時スタッフ:撮影/真板由起(NOSTY) ヘア&メーク/今関梨華(P-cott) 構成/谷畑まゆみ


Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事