【ダイソー】フードロス対策にもつながる!? 鮮度が長持ちする「野菜フレッシュキーパー」 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE暮らし

2021.09.12

【ダイソー】フードロス対策にもつながる!? 鮮度が長持ちする「野菜フレッシュキーパー」

近年、天候不順により野菜の価格が安定せず、時には通常の3倍近くの値段で売られることも。そんな野菜の鮮度をキープし、最後まで使い切れるお助け品をご紹介!

Tags:

野菜の鮮度が長持ちする優秀すぎるグッズ!

キャベツや白菜などの葉物野菜は、半分で買うよりお得だし、作り置きすれば大丈夫と思い、ついつい丸ごと買ってしまう人も少なくないはず。頑張ってメニューを考えるも、最後の方は野菜が傷んできてしまうこともありますよね。特に生で食べるレタスは、最後までシャキッと食べたいのに、ちょっと日にちをおくと悲惨な結果に。そんな野菜の悲しい結末を救う、可愛い救世主をダイソーで発見!

ダイソー|野菜フレッシュキーパー ¥110(税込)

使い方はとても簡単です。
クマの先は3本のピックになっており、それを野菜の芯に対し垂直に根元まで刺すだけ。

なぜこれだけで野菜が長持ちするのかというと、野菜が成長する上で栄養が集まる「成長点」を壊すから。

スーパーで売られている間も、野菜は成長を続けようとします。キャベツや白菜、ブロッコリー、レタスなどは成長点が芯の部分にあり、そこにフレッシュキーパーを刺すことで細胞を壊し成長速度を抑えるという仕組み。

よく、キャベツやレタスの芯を抜くと長持ちと聞きますが、正直面倒だなと思っていたので、ただ指すだけのフレッシュキーパーは野菜だけでなく私にとっても救世主となりそう。ちなみにキャベツは1週間経っても傷む様子はなく、葉の色も残ったままでした。廃棄する野菜が減れば、罪悪感もなくなるし、フードロスにも繋がりますよね。

気になった方は是非店頭で手に取ってみてください。

構成・文/福島孝代

あわせて読みたい
▶︎これは使える!【ダイソー】冷蔵庫などにくっつけて〇〇を収納できるアイテム
▶︎【便利100均】キッチンで活躍する折りたたみ式ゴミ箱

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事