Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE スキルアップ

2021.08.10

朝から集中するには「手を動かす」仕事がいい理由 |「ラクしたい」人間の本能と上手に付き合うには

 

2つめは、「何度も連続で投稿しない」こと。 チャットは、会話に近い形で、短いメッセージを素早く投稿できる点が特徴です。ただ、きちんと整理をしてから投稿しないと、連続で投稿することになり、メンバーの時間を奪う原因となります。「報告・連絡・相談のどれに該当する内容か?」「自分がもっとも伝えたいことは何か?」――。 この2つを整理してから投稿することが大切です。

連続投稿を防ぐためにも、メンバー間で文章作成のルールを共有しておきましょう。 たとえば、チャットの冒頭には「報告・連絡・相談のどれに該当するのか?」を明らかにし、【 】でくくる(例【相談】)ことをおすすめします。そのうえで、相手に最も伝えたい内容を書くようにするのです。これは箇条書きでもかまいません。

3つ目の「ない」は?

3つめは、「個人的な感情を入れない」こと。 チャットでは「事実のみを記載する」をルールにしましょう。余計なことを書くと、伝えたいことが、伝わりづらくなるからです。

やりがちなのは”無意識の言い訳”です。「一生懸命粘ったが、成約に至らなかった」場合。報告者の胸中には「努力は認めてほしい」という思いが生じるため、「一生懸命粘ったものの……」といった表現を盛り込みたくなってしまうのです。

気持ちはわかりますが、この余計な表現があると、「成約できたのか否か?」という最も伝えたい情報が伝わりづらくなってしまいます。ですから、チャットでは「事実のみを記載する」というルールを守りましょう。

このような3つの「ない」を徹底したうえで、さらにおすすめしたいのは、「チャットから電話に切り替える際のルール」をあらかじめ設けておくことです。 これまでの経験上、作成に100字以上費やす内容の場合、チャットではなく電話で伝えたほうがスムーズかつ正確だと私は感じています。 チームで話し合い、最適なルールをつくってみてください。

まとめ:チャットでは、3つの「ない」を徹底しよう。

『ダラダラせずに、やるべきことに集中する技術』(三笠書房)

一般社団法人行動科学マネジメント研究所コンサルタント

冨山 真由(とみやま まゆ)

株式会社ウィルPMインターナショナル行動科学マネジメント公認チーフインストラクター。行動習慣コンサルタント®。行動定着コーチ®。日本行動分析学会会員。日本では数少ない女性の行動科学マネジメント公認インストラクターとして、企業の一般職から管理職まで幅広い層を対象に、セルフマネジメント研修を年に120回程行なっている。

画像ALT
東洋経済オンライン

東洋経済オンラインは、独自に取材した経済関連ニュースを中心とした情報配信プラットフォームです。

1 2 3 4
Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら


Read Moreおすすめの関連記事







スマートフォンプレビュー

【登録無料】
Domaniメルマガ会員募集中

管理職世代の通勤コーデ、明日は何を着る?子供の受験や習い事、
どうする?人気モデル、ハイセンスなDomani読者モデル、教育のプロたちから
発信されるタイムリーなテーマをピックアップしてお届けします。
プレゼント企画やイベント参加のスペシャルなお知らせも!