年中ブラックコーデの美容ライターが、外出時に必ず持ち歩くものって!? | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

FASHIONファッションコラム

2021.08.31

年中ブラックコーデの美容ライターが、外出時に必ず持ち歩くものって!?

黒い服の表面にくっついたホコリやゴミ、外出してから気づくことってありませんか? 今回は、クローゼットの洋服の7割が黒い服という美容ライター・有田 千幸が愛用している無印良品の「携帯用衣服クリーナーをご紹介します。

Text:
有田 千幸
Tags:

黒だからこその「しまった!」経験ありませんか?

私のクローゼットの中身は7割近くが黒アイテム。リラックスしたいとき、気合を入れたいとき、急いでいるとき、どんなときだって安心できるのは結局黒。

が、「黒だからこそ」気をつけなければいけないことも。

それが衣服の表面にくっついたホコリやゴミ。外ではどんな小さな繊維のカケラでもくっきり見えるにも関わらず、家の中では案外気づきにくい。外出したあと浮き出てきた無数のホコリに何度ドキッとしたことか。一生懸命手のひらでパンパンはらってもほぼ取れない。何より外に出てからソワソワしたくない。

そんな経験から持ち歩き始めたのが、無印良品の「携帯用衣服クリーナー」。

背中の真ん中まで届く、ミニマルなコロコロローラー

▲ 無印良品 (左) 携帯用衣服クリーナー ¥390、(右) 携帯用衣類クリーナー用替えテープ 25枚巻/2本組 ¥250

直径約2.6cm、高さは11.5cm、もち歩きも苦にならない手のひらサイズの「携帯用衣服クリーナー」。ポンっと引き拭けばそのままコロコロでき、手を伸ばさなければ届きにくい背中などは、ケースを逆方向にはめ込めばもち手にすることもできます。最近だと、マスクの表面についてしまったホコリ取りにも活躍。

こういう小さな消耗品はリフィルの調達が面倒なこともありますが、このクリーナーの替えテープはネットでオーダーすることもでき、価格も2本セットで¥250とリーズナブル。

汚れた紙もペリッとスムーズに剥がすことができます。

▲ 汚れが目立たないようにと選んだはずの黒シャツが裏目に出た…、そんな残念なときの応急処置にもバッチリ。

洗濯してもすべて取りきるのが難しいホコリ。特に出先でサッときれいにしたいときには救世主的なアイテムです。

無印良品 | 携帯用衣類クリーナー

▼ あわせて読みたい記事



画像ALT

美容ライター

有田 千幸

外資系航空会社のCA、建築設計事務所の秘書・広報を経て美容ライターに。ニュージーランド・台湾在住経験がある日・英・中の トリリンガル。環境を意識したシンプルな暮らしを心がけている。プライベートでは一児の母。ワインエキスパート。薬膳コーディネーター。@chiyuki_arita_official

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事