おしゃれなホーローマグカップ8選|キャンプでも使える優秀アイテム | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE暮らし

2021.11.07

おしゃれなホーローマグカップ8選|キャンプでも使える優秀アイテム

ホーローマグカップは一般的なマグカップに比べると、製造の工程に手間がかかっています。独特の雰囲気があり、おしゃれな食器が好きな人をきっと満足させてくれるでしょう。ホーローマグカップの魅力や、正しい扱い方などを紹介します。

Tags:

ホーローとはどんなもの?

ホーロー製品を実際に手に取ったことがあっても、どんな素材でできているのかよく知らない人もいるでしょう。ホーローへの理解を深めるために、どのように作られているのかをご紹介します。

ホーロー マグカップ おすすめ 人気 選び方 とは 特徴

(C) Shutterstock.com

金属の表面にガラス質を焼き付けたもの

ホーローは、鉄やアルミなどの金属の表面に、鉱物から作られたガラス質の釉薬を塗り、高温で焼き付けた製品のことです。金属が「ガラスの膜」で覆われた状態になり、装飾や保護の役割をします。

食器だけでなく、調理器具・生活雑貨・工芸品などのさまざまなものに使用されている技法です。ガラス質が加わっている分、重みやツヤがあることが特徴で、鑑賞価値が高いものも少なくありません。

ホーローの歴史は古く、ツタンカーメンの黄金のマスクにも使われています。日本には飛鳥時代に伝来し、江戸時代には刀の鍔や装飾品などに使用されました。

ホーローマグカップの魅力

ホーローマグカップには一般的な陶器の食器にはない、たくさんの魅力があります。知ればきっと使ってみたくなる、ホーローマグカップの魅力をチェックしましょう。

ホーロー マグカップ おすすめ 人気 選び方  魅力

(C) Shutterstock.com

直火で温められる

ホーローは熱に強く、「直火」や「オーブン」などで使用できるところが魅力です。大きめのホーローマグカップがあれば、少量のお湯を沸かしたいときやスープを温め直したいときなどに使えます。商品によってはIHに対応しているものもあるので、熱源に合わせて選びましょう。自宅でマグカップを直火にかける機会はあまりないかもしれませんが、アウトドアシーンでは重宝します。

ただし、冷えた状態から急激に強火で温めると割れることがあるので注意が必要です。長時間の加熱には耐えられないこともあるので、商品説明書をよく読んでから使いましょう。

臭いが付きにくく、汚れも落ちやすい

ホーローは「非吸着性」で、雑菌や臭いが付きにくい特徴があります。マグカップだけでなく保存容器にもよく利用されており、食材の臭いが付きにくいだけでなく、料理の風味を損ねにくいところも魅力です。表面がツルツルとしているので汚れが浮きやすく、ゴシゴシとこすらなくても食器洗い用のスポンジで簡単にお手入れが可能です。

清潔に保ちやすいことから、ピッチャーや洗面器などの日用品から水切りボウルのような台所用品まで、衛生面が気になるグッズによく使用されていることがポイントです。

おしゃれなホーローマグカップ

ホーローマグカップは、日用品として十分な耐久性や実用性を持っていながら、見た目のおしゃれさも楽しめるアイテムです。毎日の暮らしを彩ってくれる、おしゃれな商品を紹介します。

ホーロー マグカップ おすすめ 人気 選び方 おしゃれ

(C) Shutterstock.com

FALCON「ホーローマグカップ」

FALCON(ファルコン)はイギリスの老舗ブランドで、飾り気がなくクラシカルな雰囲気が魅力です。アンティークが好きな人なら、きっと心をつかまれるでしょう。

釉薬を焼き付けるときにつるした跡や鉄板を切断した部分など、ハンドメイドならではの個体差が良い味わいになっています。裏面にシンプルなブランドロゴが入っているところも、さりげなくおしゃれなワンポイントです。

ホワイトにブルーの縁取りがレトロなホワイトのほか、レッド・グレー・ブラックなどのカラー展開があります。容量は350mlで、日常使いにピッタリなサイズです。

ホーロー マグカップ おすすめ 人気 選び方 おしゃれ

商品名:FALCON ホーローマグカップ

富士ホーロー「ムーミン・イン・ザ・フォレストシリーズ 8cmマグ」

かわいいムーミンのキャラクターがあしらわれた、ホーローマグカップです。森の中で思い思いに過ごすキャラクターたちの姿が、落ち着いたトーンのカラーで描かれています。ムーミンが好きな人はもちろん、北欧風のデザインが好きな人におすすめです。

容量は約400mlで、飲みごたえのあるサイズです。同じデザインのキャニスターやケトルなども展開しているので、セットでそろえてみるのもよいでしょう。

ホーロー マグカップ おすすめ 人気 選び方 おしゃれ 富士ホーロー かわいい

商品名:富士ホーロー ムーミン・イン・ザ・フォレストシリーズ 8cmマグ

DEAN&DELUCA「ホーローマグカップ ホワイト 180cc」

DEAN&DELUCAは、世界中のおいしい食べ物を集めたセレクトショップです。食品だけでなく、おしゃれなキッチン用品や雑貨なども展開しています。

ブランドオリジナルのホーローマグカップは、シンプルなブランドロゴが入ったおしゃれなデザインです。ホワイト×ブラックのシンプルなカラーリングが目を引きます。

サイズは直径8×高さ7cmで、容量は約180mlと小ぶりです。飲みきりサイズで、持ち運びもしやすい大きさとなっています。

ホーロー マグカップ おすすめ 人気 選び方 おしゃれ ディーンアンドデルーカ

商品名:DEAN&DELUCA ホーローマグカップ ホワイト 180cc

キャンプにおすすめのホーローマグカップ

直火にかけられるホーローマグカップは、飲み物を飲むときだけでなく調理器具としても役立つので、キャンプに持って行くと便利す。キャンプにおすすめな、アウトドアブランドのホーローマグカップを紹介します。

ホーロー マグカップ おすすめ 人気 選び方 キャンプ アウトドア

(C) Shutterstock.com

キャプテンスタッグ「ホーロー マグカップ」

幅広い品ぞろえが魅力の、日本のアウトドア用品ブランド「キャプテンスタッグ」のホーローマグカップです。サイズは幅8.8×奥行11.7×高さ7.5cmで、容量は約400mlと自宅でもキャンプでも使いやすいサイズになっています。コーヒーや紅茶などを、たっぷりと飲みたい人におすすめです。

イエロー・オリーブグリーン・ダークブルーなど豊富なカラー展開で、好みに合わせて選んだり色違いでそろえたりしても楽しめるでしょう。

やや丸みのある形状になっていて、手になじみやすいところも使いやすいポイントです。飲み物用に使用するだけでなく、キャンプ料理を盛り付ける器としても役立ちます。

ホーロー マグカップ おすすめ 人気 選び方 キャンプ アウトドア キャプテンスタッグ

商品名:キャプテンスタッグ ホーロー マグカップ

ovject「ほうろうフックマグ 360ml」

便利な蓋付きのホーローマグカップです。飲み物を入れたまま保存するときに、虫やゴミなどが混入することがなく、屋外での使用に向いています。着脱式の取っ手が付いており、シーンに応じてさまざまな使い方ができるところも便利です。取っ手を外せば重ねて収納できるので、省スペースにも役立ちます。

取っ手のカラーと本体のカラーの組み合わせにバリエーションがあるので、大人数でのキャンプでもそれぞれのマグカップを見分けやすいでしょう。

サイズは直径9.4×高さ10.5×幅13cmで、容量は360mlと汎用性が高いサイズとなっています。キャンプ用のシングルバーナーにのせて加熱しやすい大きさです。

ホーロー マグカップ おすすめ 人気 選び方 キャンプ アウトドア

商品名:ovject ほうろうフックマグ 360ml

コールマン「エナメルマグ」

アメリカのアウトドア用品ブランド「コールマン」のブランドロゴが入った、ホーローマグカップです。ホワイト×ブルーの清潔感があるカラーリングと、シンプルなデザインの組み合わせがおしゃれな雰囲気を醸し出しています。

口を付ける縁の部分には「ステンレス」を使用し、耐久性と口当たりの良さを高めていることがポイントです。

サイズは約直径9×高さ8cmで容量は約380mlと、広口な設計でスープマグとしても活躍してくれます。

ホーロー マグカップ おすすめ 人気 選び方 キャンプ アウトドア コールマン coleman

商品名:コールマン エナメルマグ

ロゴス「ホーローマグ」

メイプルの葉のマークでおなじみの、アウトドアの総合ブランド「ロゴス」のホーローマグカップです。取っ手がやや大きめで、持ちやすい形状となっています。

シンプルなホワイトカラーに、ブルー・イエロー・グリーンの縁取りがレトロな雰囲気です。容量は約400mlとなっており、たっぷりと入ります。

お湯を沸かしたり、プリンやカップケーキを作る器として利用したりと、幅広い使い方がしたいときにピッタリなサイズです。重量は170gと軽量で、持ち運びのしやすさにもこだわっています。

ホーロー マグカップ おすすめ 人気 選び方 キャンプ アウトドア ロゴス logos

商品名:ロゴス ホーローマグ

ホーローマグカップの注意点

ホーローマグカップを一般的な陶器製品と同じように扱ってしまうと、寿命が短くなってしまったり、思わぬ事故が起きたりする可能性があります。どんなことに注意しながら使えばいいのか、見ていきましょう。

ホーロー マグカップ おすすめ 人気 選び方 注意点

(C) Shutterstock.com

衝撃や負担をかけないようにする

ホーローは「表面がガラス質」なので、衝撃を与えるとひびが入ったり割れたりする可能性があります。調理やお手入れの際にぶつけたり落としたりして、強い力を与えないようにしましょう。

ひびや欠けができてしまったからといって、すぐに使えなくなるわけではありませんが、耐久性が低くなってしまうことが心配です。鉄の素材部分が剥き出しになった部分には、食用油を塗ることでサビを防止できます。

職人が一つずつ手作業で生産しているホーロー製品は大量生産が難しく、高価になりがちです。お気に入りのホーローマグカップを割らないように、丁寧に扱いましょう。

電子レンジの使用はNG

ホーローは耐熱性があるので勘違いしてしまいがちですが、電子レンジの使用はできません。金属の容器をガラスで覆った構造なので、電子レンジの「電磁波」を反射してしまいます。

電子レンジに入れてもマグカップの中身が温まらないだけでなく、金属が反応して火花や煙が出ることがあり危険です。最悪の場合、電子レンジが故障したり火事になったりする危険があります。ホーローマグカップの中身を温めたい場合は、直火にかけるようにしましょう。

表面を傷つけないように洗う

ホーロー製品を金属製のタワシや研磨剤入りのクレンザーなどで強く磨くと、表面が傷ついてしまうことがあります。表面にひびが入ると、サビが出る原因になります。

ホーローの表面は汚れが付きにくいので、通常は食器用洗剤を付けたた「キッチンスポンジ」でこするだけでお手入れが可能です。使用後は長時間放置せず、速やかに洗うようにすれば清潔に保てます。

汚れが気になるときは「重曹を溶かしたぬるま湯」を入れて火にかけて沸騰させ、しばらく放置して粗熱が取れたら、食器用洗剤を染み込ませたキッチンスポンジで洗いましょう。

 

こちらの記事もたくさん読まれています

おしゃれなコーヒーカップ【12選】種類や飲み口の違いを押さえて、優雅なコーヒータイムに
寒い時期に活躍する【保温マグカップ】が欲しい!シーン別のおすすめ12選

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事