Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLEグルメ

2021.11.19

1食800円〜!プロが晩御飯をつくってくれるサービスが想像以上に便利だった

仕事から帰ってヘトヘト。ごはんを作る時間もない!なんて時ありますよね。飲食店が家庭向けに夕ごはんを作ってくれるサービス「ご近所シェフトモ」を使ってみました。

Tags:

「大変だと思う家事」一位は、料理

ライオン株式会社が実施した調査によると、共働き家庭で「大変だと思う家事」第一位に選ばれたのが「料理」。また、約半数が「平日の調理は好きではない」と回答しています。勤務時間が長い人ほど、忙しい時は手作りにこだわらず、惣菜や冷凍食品を活用しているそうです。

我が家でも、前半は週末作り置きしたおかずを、後半は冷凍庫に常備している炒めるだけのキットを使うことが多いです。だけど遅い時間に会議などが入ったりすると、炒める時間も気力もない。なんてことが結構あるんですよね。

ご近所シェフトモとは

「ご近所シェフトモ」とは、ライオン株式会社が提供する、飲食店が家庭向けに夕ごはんを作ってくれるサービス。1食から注文可能で、主菜1品と副菜2品がついて1食800円(税込)から。登録料はなく、1日のみのスポット利用も可能です。

<使い方は簡単3STEP>

1:LINEで会員追加
店舗の検索や注文は全てLINEで完結。毎週日曜日にお気に入り店舗のメニューが届きます。
2:毎週金曜日13時までに翌週分を注文
店舗を選び、メインを肉か魚か選択するだけでOK!店舗によってはキッズメニューがあるところも。キャンセルは受け取り前日の13時まで。

3:指定時間内に店舗で受け取り

料理の時間を家族との時間に

発案者のライオン株式会社の廣岡 茜さんは5年前、出産を機に料理を辞めたそう。毎日の夕飯は自宅の近くの飲食店にお任せ。「料理をつくらなくても、幸せな食卓はつくれると信じています」と話す廣岡さんが、料理を手放してよかったと思う6つのことを教えてくれました。

1.人様がつくった料理はやっぱり美味しい
料理ができないからこそ、感謝して食べる。自分にはできない一手間かかった料理に感動する。

2.みんなが同じタイミングで席についてゆっくり食事できる
家に帰ったらすぐごはん。家族が揃うとき、自分だけキッチンに篭ることもなく、より多くの家族の時間を楽しめる。

3.冷蔵庫の中の在庫を管理できるようになった
冷蔵庫には料理用の調味料や食材がない。管理できるレベルしかモノがないので、腐らせたり賞味期限をきらすことも格段に減った。

4.自分で作るより結果的に安い
スーパーで食材を買うとなんだかんだ高くつく。さらに自分の料理時間を換算したら、買った方が安い。

5.我が家のために料理をつくってくれる人が近くにいるという喜びがある
いろんな飲食店さんに行き知り合いもでき、我が家のことを気にかけてくれる人がいる。ご近所によりどころができた。

6.栄養バランスが整い、体調や体型が改善された
魚と野菜をメインに少し薄味で夕飯をつくってもらっている。飲食店さんが仕入れた良質な食材、調理もプロなので美味しいのはもちろんだが、体にも嬉しい。
(廣岡さん)

特に「2.みんなが同じタイミングで席についてゆっくり食事できる」に関しては、とっても共感。焦らず、急かさず、ゆったり食事したい。ということで、早速「ご近所シェフトモ」使ってみました。

「ご近所シェフトモ」使ってみた

今回利用したのは仕事場から近い恵比寿の2店舗。

「茶和」
主菜:唐揚げのタルタルソース
副菜:ピーマンと鶏肉のあえもの、ポテトサラダ


自宅で容器を開けてびっくり。4歳の息子のこぶしほどの大きな唐揚げが6個!!テンション上がりました。

保育園から帰るなり、「お腹すいたー!ごはんあるー?」と言う息子。いつもなら、「今からつくるからちょっと待ってー!」と大急ぎで用意するところ、前日用意しておいた味噌汁と白米と一緒に「もうごはん食べれるよ!」とドヤ顔でおかずを差し出しました。


味はさすがプロ!文句なしの美味しさ。息子も「美味しい!」と、特大唐揚げ3個に副菜と山盛りの千切りキャベツも完食。3人家族なので3食頼みましたが、息子と私で1食で十分でした。唐揚げ好きな主人が2食分ぺろり。

「魚竹」
主菜:鶏の唐揚げor厚切り鮭の塩焼き
副菜:鶏のマスタード和え、きんぴら

もともと鮮魚店だったというだけあり、鮭が大きい!身はふっくら。塩気もちょうどいいです。副菜も優しいお味で、こちらも息子完食。味付けも1食のボリュームもアラフォーにはちょうどいいです。店舗の雰囲気もよかったので、今度はお酒を飲みに行きたいと思いました。

スーパーのお弁当や惣菜よりは多少高いですが、美味しさ・満足度的にコストパフォーマンスは良いと思います。手抜きの罪悪感もないので、私は断然こちらを選びます。何より調理や片付けの時間がなくなり、子どもと一緒にゆっくり食事して会話できる時間が増えたのが嬉しかったです。近くに加盟店がない…としょんぼりしていたら、来年以降横浜にも進出予定だそう!

今回、上記2店舗以外にも利用しましたが、味付けやボリュームなどは店舗によりけり。いくつか利用してみて、自分のお気に入りのお店を見つけてみてはいかがでしょうか。

ご近所シェフトモ

こちらの記事もたくさん読まれています

これがお肉じゃないなんて! 罪悪感なしで楽しめる大豆のハンバーグ「ゼロミート」

 

ライター

岡 のぞみ

広報・ライター。3歳の息子と夫の3人暮らし。営業、留学カウンセラー、コンビニの広報を経て独立。現在は、横浜と湘南を拠点に活動。

インスタはこちら!

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事