Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE夫婦・家族

2021.12.01

出会い系で会った男性と3ヶ月でスピード再婚したその後〜まなかさんの場合Vol.3



「バツイチ」という離婚経験者たちは、ある意味、喪失を乗り越えてなお強く生きるサバイバー。不倫相手と一緒になるため離婚したまなかさんの物語、第3回。

Tags:

出会い系で会った彼と結婚前提のお付き合い

前回のお話▶︎体の相性がいい不倫相手を選び、離婚したけれど…

20代で中学時代からの初彼Aさんと結婚したものの、挙式前に関係を持ってしまった上司と不倫を続け、結局その不倫相手Bさんを選んで離婚。その後、同棲中にBさんのDV気質に嫌気がさして別れたまなかさん。

ある日、何気なくバナー広告をクリックしてアクセスした出会い系アプリのサイトで、最初は「こんなサイトで会う人たちがいるんだ」と、登録している男性たちのプロフィールを眺めていたのですが、興味本位で会ってみることに。

何人か会ったうちのひとりが、再婚相手となるCさんでした。

まなかさん:出会い系アプリといっても、当時はまだ出始めの頃でいわゆるヤリモクみたいな人はいなくて、みんな結構真面目でした。Cさんとはたまたま私の住んでいた家と彼の職場が近くて。アプリでの出会いだけど、勤務先もわかっているし性格も温厚で優しかったので、会っていて安心感があったんです。だから最初から「この人と一緒になるだろうな」と何となく感じていました。

出会ったとき、まなかさんは30歳でCさんは4歳年上。Cさん自身も年齢的に「いい人がいたら結婚する準備はできている」と結婚に前向きな発言をしていたそう。

最初の1ヶ月は会ってお茶をする関係が続き、その後交際に発展。付き合うときに、まなかさんも年齢的に結婚前提で付き合いたいと伝えました。結婚したいなら、まなかさんのように最初にきちんと自分のニーズを伝えておくのは大事なことかもしれませんね。

安定した職種で、アウトドアやBBQなど様々な場所に連れて行ってくれるCさんは、まなかさんに今まで経験したことのない世界を見せてくれました。そんな折、交際約3ヶ月が過ぎた頃にまなかさんにまた転勤の辞令が下りそうになり、焦ったまなかさんは「ちょっと早いかもしれないけど結婚したい」と彼に告げます。

そんなわけで、お互い結婚願望があったふたりはトントン拍子で結婚するのですが、実は不穏の種がありました。それは、まなかさんの元夫Aさんの存在。

何でも許してくれる器の大きいAさんに、まなかさんはBさんと別れた後、再び連絡をしたのです。

さかい:えっ、連絡したんですか?

まなかさん:はい。戻りたいっていいました。虫がいい話ですよね(笑)。案の定、彼にも「でもお前、1回俺を裏切ったよな」と言われました。だけどそれでも戻りたいと言ったら、「いいよ」って。ただ、不倫していた元彼にも「どうせ俺と別れたら、あいつのところに戻るんだろ」と言われていたので、それを思い出して。やっぱり今さら戻るだなんて調子がいい話だよな、と思ったのでやめたんです。

元サヤに戻るという選択肢を絶ったことで、今の旦那さんと出会うことができたのですね。

そんな2回目の結婚、お子さんにも恵まれて幸せに過ごしていたのですが、あることがきっかけで夫婦仲に亀裂が入ってしまいます。長くなったので、そのお話は次回に続きます。

インタビュー・文

さかい もゆる

出版社勤務を経て独立。と思った矢先、離婚してアラフォーでバツイチに。女性誌を中心に、海外セレブ情報からファッションまで幅広いジャンルを手掛けるフリーランスエディター。著書に「やせたければお尻を鍛えなさい」(講談社刊)。講談社mi-mollet「セレブ胸キュン通信」で連載中。withオンラインの恋愛コラム「教えて!バツイチ先生」ではアラサーの婚活女子たちからの共感を得ている。

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら


Read Moreおすすめの関連記事