Domani

働くアラフォー、仕事もおしゃれも、楽して楽しく!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • search
 

LIFE STYLE私、旅するために生きてます!

2012.10.25

国内編:宮古島

郷土料理からスタイリッシュな創作料理まで…宮古島おいしいどころMAP

シギラベイサイド スイートアラマンダから、カートで数分走るとたどり着く『スターダストガーデン』は、標高28mの丘に建つイタリアンレストラン。お店の横には、ガーデンチャペルもあってレストランウェディングにもいい感じ。昼は目の前に、気持ちいいぐらい真っ青な宮古ブルーの海が広がります。夜は満点の星空を眺めながら、ロマンティックな時間を過ごすのも素敵。波の音を聞きながら、ゆるやかな時間を過ごせば、日頃の疲れもストレスも吹き飛んじゃいます。

そんなおしゃれイタリアンでいただきたい、おすすめメニューは下段左の写真の「30品目のサラダ」(¥1,400)。オープン当初からの人気メニューで、地元産の野菜がたっぷり取れます。トマトが甘くて、超美味。夏は、しゃりっとしたゴーヤの苦みが、いいアクセントになってやみつきになるサラダです。そして、スターダストガーデン1番人気の「マルゲリータ」(Mサイズ¥1,800、Lサイズ¥2,200)。やはり地元産のトマトでつくったトマトソースとモッツァレラチーズの組み合わせが、シンプルなんだけど奥深い味。お店の窯で焼き上げるピザ生地は、もちもちとして、つい1枚、もう1枚…と手が出ちゃうおいしさ。

スターダストガーデン

住所:沖縄県宮古島市上野字新里1405-226
http://www.nanseirakuen.com/restaurants/star.html

長寿県として知られる沖縄は、その食材も健康や美容にもよいと注目を浴びています。その中で宮古島の食材も、隆起石灰岩のミネラルを豊富に含む土壌で育つ島野菜や良質な黒毛和牛の宮古牛が知られるようになってきました。そんな宮古島の食材を満載に使ったアンチエイジングコースをいただけるのが、シギラベイサイド スイートアラマンダ内の鉄板焼レストラン『マラルンガ』。

まずは「アンチエイジング ドリンク」(各¥850)で、気になる効果をプラス。季節ごとにメニューが変わっていくのですが、定番になっているのは、左から2番目の「レッドファイバー」とその右隣の「デトックスビター」。「レッドファイバー」は、トマト、赤ピーマン、キャベツ、オレンジのミックスで、ビタミンCと食物繊維でシミを防いで美肌ケア、疲労回復にも効果的。「デトックスビター」は、ゴーヤとりんご、バナナ、メイプルシロップ入りで、体のむくみを取って疲労回復効果も望めるドリンクになっています。

「アンチエイジング コース」(¥15,000)は、島の食材をバランスよく楽しめる全10品のコース(季節によってメニューの一部が変わります)。写真は、コースの中から「ヤンバル鶏の有機野菜サラダ 黒胡麻ドレッシング」と「宮古牛フィレ(60g)」を目の前の鉄板で調理してもらっているところ。ジューッとお肉の焼ける音と、周囲に漂ってくるおいしそうな香りに、思わずお腹がなっちゃいそう。新鮮な島の野菜とジューシーな果物などもたっぷりいただけて、目も心もお腹も満足すること間違いなし。それでいて、きれいになれちゃうんだから、要チェックのコースです!

マラルンガ〈鉄板焼〉

http://www.nanseirakuen.com/allamanda/maralunga008.html

実は「マラルンガ」は、レセプションを中心に2つに分かれていて、鉄板焼のコーナーのほかに、和琉創作料理をいただけるダイニングもあるんです。こちらでご紹介するのは、9品からなる琉球宮古懐石「ゆさらび」(¥10,500)コース。最初に出てくるのは、客をもてなすごちそうを入れる盆という意味をもつ器に盛り付けられた前菜「東道盆(とぅんだーぶん)」。そのときどきで内容は変わっていきますが、宮古のいろんな食材がちょこちょこ食べられる楽しい前菜です。そして、島人参のドレッシングをかけた伊勢エビに、ゆし豆腐のバーニャカウダを添えた一品、そしてご飯は、あつあつ石焼チャンプルを…。滞在中、一度はいただきたい郷土料理を満喫できるコースです。

マラルンガ〈和琉創作〉

http://www.nanseirakuen.com/allamanda/maralunga001.html

もっと気軽に沖縄料理を満喫したいなら、リゾート内にある『琉球の風』まで足を伸ばしてみて。そこは、島いちばんの品揃えを誇る「琉球離島マーケット」のほか、アジアンな雰囲気が漂うオープンフードコート「南風(ぱいかじ)屋台村」が…。写真は「島豆腐とゴーヤーのサラダ」(¥650)、沖縄そばを使っているという、いちばん人気の「沖縄風ソース焼きそば」(¥650)、ここでしか食べられないオリジナルデザートのひとつ「バナナの春巻き包みと黒糖アイス」(¥530)。夜は、毎日20時15分からエイサー演舞に沖縄民謡や三線ライブ、島唄ライブなどが日替わりで無料開催。オリオンビールを傾けながら、熱い沖縄ライブとともに沖縄料理を楽しみながら夜を過ごすのも、楽しい思い出になります!

琉球の風 南風屋台村

住所:沖縄県宮古島市上野字宮国761-1
http://www.nanseirakuen.com/restaurants/yatai.html

宮古島に行ったら、ぜひ訪れてほしいのが、沖縄でいちばん美しいと言われるビーチ「与那覇前浜ビーチ」。そこから海の向こうに見えるのが「来間島」。宮古島おすすめレストラン最後にご紹介するのは、その来間島にある人気のカフェ「楽園の果実」です。マンゴーの生産者さんがプロデュースしたカフェで、使われているフルーツはもちろん宮古島の食材が満載。写真は「薬膳カレー」(サラダ、スープ付き ¥880)、まぐろを使ったハンバーガー「楽園バーガー」(完熟マンゴープリン、コーヒーまたは紅茶付き ¥840)、ジューシーなパパイヤとミルクジェラートがたまらない「フルーツパパイヤパフェ」(¥1,200)。すぐ横に、来間島や宮古島を一望できる竜宮展望台というビュースポットがあります。ここからの眺めは、ほんと絶景なので、絶対チェックです!

楽園の果実

住所:沖縄県宮古島市来間476-1
http://r.gnavi.co.jp/f126500/


Read Moreおすすめの関連記事