Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

BEAUTYメイク

2022.01.26

スティックアイシャドウのおすすめ3選!きれいと時短が叶う人気のアイテム

まぶたに直接塗ることができるスティックアイシャドウ。コンパクトで手軽に使用できる上、おしゃれなカラーバリエーションも増えてきているため、今多くの女性から注目を浴びています。今回はそんなスティックアイシャドウのおすすめアイテムを厳選!選び方や使い方についても合わせて解説していきます。

Tags:

【目次】
スティックアイシャドウってどんなアイテム?
スティックアイシャドウの選び方
おすすめの人気スティックアイシャドウ
スティックアイシャドウの使い方

スティックアイシャドウってどんなアイテム?

スティックタイプのアイシャドウ

スティックアイシャドウとはその名の通り、スティックタイプのアイシャドウのことを言います。

一般的なアイシャドウに比べ、コンパクトで持ち運びやすいため人気があり、化粧直しや時短メイクにも便利なアイテム。

スティックアイシャドウなら、パウダーではのせづらい目のキワなどにも色をのせることができるので、パレットアイシャドウの補助的役割として使用している女性も多いようです。

スティックアイシャドウの選び方

形状で選ぶ

スティックアイシャドウは一般的に「ペンシルタイプ」と「クレヨンタイプ」の2パターン。

それぞれの特徴は以下。

ペンシルタイプ

ペンシルタイプは目のキワなど、細かい部分に色をのせるのが得意。締め色やアクセントカラーなども、ペンシルタイプのスティックアイシャドウでさりげなく入れるとおしゃれに仕上がります。

クレヨンタイプ

クレヨンタイプは芯が太めなので、アイホールなど広範囲に色をのせたいときに便利。サッと塗ってぼかすことで、よりきれいな仕上がりになります。

色で選ぶ

アイシャドウは、自分の肌色や目の形に合った色を選ぶことで、顔全体が明るくなり、生き生きとした印象を与えることが可能です。色選びのポイントは以下。

肌のベースに合わせて選ぶ

日本人の肌は一般的に、黄みがかった「イエローベース」と、青みがかった「ブルーベース」に分けられます。このベースに合う色を使えば、目元が引き締まったり顔色が明るく見えたりなどの嬉しい視覚効果が期待できます。

イエローベースは「サーモンピンク」「黄みよりのブラウン」「ゴールド」「テラコッタ」、ブルーベースは「ラベンダー」「ボルドー」「ココアブラウン」「シルバーグレー」などがよくなじみます。

目の形状で選ぶ

一重さんと二重さんでは、異なる色がおすすめです。例えば一重まぶたは、赤みの強い色や淡い色を使いすぎると、腫れぼったく顔の彫が浅く見えがちです。そのため、ブラウンやグレーなどの暗色を目元に加えるのがおすすめ。オレンジやピンクなどの色は、陰影ができるようグラデーションを意識して塗るとGOOD。

幅のある二重まぶたは、目の周りにあえて淡い色をのせて「引き算メイク」で仕上げるのがおすすめ。色を重ねすぎると派手になりがちなので、透け感や光沢感のあるスキニーカラーを選んでみましょう。

ヨレにくさで選ぶ

目はまばたきなど動きが多い場所。そのため、ヨレや擦れに強いタイプのものを選ぶと、化粧直しの頻度を減らすことができるかもしれません。

おすすめは「ウォータープルーフ処方」のアイシャドウ。汗や水に強く、長時間色が落ちにくいものを選びましょう。

おすすめの人気スティックアイシャドウ

【涙袋やハイライトにも】フーミー|マルチグロウスティック

【涙袋やハイライトにも】フーミー|マルチグロウスティック
(左)シマーベージュ

アイカラーだけでなく、チークやベース、ハイライトとしても使えるマルチスティック。濡れたような輝きなのに、ベタつきのない仕上がり。

【頬や目元にも使える優秀プチプラ】ヴィセ|ヴィセ アヴァン マルチスティック カラー

【頬や目元にも使える優秀プチプラ】ヴィセ|ヴィセ アヴァン マルチスティック カラー
009・010

目元はもちろん、チークやリップとしても使えるマルチな一本。軽やかな粉体だから、指で軽くぼかすだけで簡単に今どき顔が作れる。

【赤+黄パール系】ポーラ|B.A カラーズ コレクティッド カラースティック アイカラー

【赤+黄パール系】ポーラ|B.A カラーズ コレクティッド カラースティック アイカラー
(左)TA

赤系パールと黄み系パールをバランスよく配合したスティックアイカラー。かっこいい派のままにも使いやすいカラーで、目元を引き立ててくれる。パールが躍動的な光を放ち、目元を華やかに演出。

スティックアイシャドウの使い方

スポンジを使ってぼかすのがおすすめ

スポンジを使ってぼかすのがおすすめ
スティックタイプのアイシャドウは、指でぼかすのもいいですが、スポンジを使ってぼかすと、手早くよりきれいに仕上がります。アイホールにスティックアイシャドウで色をのせたら、スポンジの角を使って優しくまぶたになじませていきましょう。

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事