プチプラで見つけるおすすめ【アイシャドー】3選 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

BEAUTYメイク

2020.02.18

プチプラで見つけるおすすめ【アイシャドー】3選

アイシャドウは魅力的な目元を演出するためのアイテムですが、色選びや塗り方を間違えると、顔全体がくすみ、生気のない表情になってしまいます。自分の肌の色や目の形、シチュエーションを考慮しながら色を選んでみましょう。

【目次】
アイシャドーの形状はどんなものがある?
アイシャドーの色を選ぶときのポイント
おすすめのプチプラアイシャドーを紹介

アイシャドーの形状はどんなものがある?

アイシャドーにはさまざまなタイプが発売されていますが、形状には大きく分けて、パウダー・リキッド・クリーム・スティックが主流となっています。テクスチャーによる仕上がりの違いや使い心地を比較して、自分に合ったものを選びましょう。

パウダータイプとリキッドタイプ

「パウダータイプ」はパレットに入った固形のアイシャドーで、量が調節しやすく、初心者でも自然なグラデーションが作れるのが特徴です。色が濃すぎないため、重ね塗りにも適しています。

塗りたてのようなツヤと鮮やかな発色を求めるなら「リキッドタイプ」がおすすめです。パウダータイプよりも肌によく密着し、とりわけベージュ系のリキッドはアイシャドーベースとしても重宝します。

クリームタイプとスティックタイプ

「クリームタイプ」は、リキッドよりも発色が良く汗や水に強いのがメリットです。柔らかなテクスチャーは、乾燥したまぶたにもしっかり密着し、ツヤのある美しい目元を演出します。付けすぎはよれの原因になるので、ごく少量を指で薄く伸ばしていくことをおすすめします。

「スティックタイプ」は、ペンシルやクレヨンのような形状で持ち運びに適しています。発色・フィット感・伸び共に優れており、アイライナーやチークの代わりにもなります。まぶたに直接伸ばした後、指を使ってぼかしていくと自然な仕上がりになります。

アイシャドーの色を選ぶときのポイント

自分の肌色目の形に合った色を選ぶと、顔全体が明るくなり生き生きした印象を与えることができます。「目元がくすむ」「色が浮いて見える」という人は、色選びの三つのポイントをチェックしてみましょう。

アイシャドー おすすめ

自分の肌ベースに合った色を選ぼう

日本人の肌には、黄味がかった「イエローベース」と、青みがかった「ブルーベース」の二つが合いやすいカラーです。ベースに合う色を使えば、目元が引き締まる、顔色が明るく見えるなどのうれしい視覚効果が期待できますが、合わない色を選ぶと、目元が腫れぼったく見えたり、色だけが顔から浮いてしまったりすることがあります。

イエローベースは、サーモンピンク・黄味寄りのブラウン・ゴールド・テラコッタが似合います。さらにブルーベースは、ラベンダー・ボルドー・ココアブラウン・シルバーグレーなどがよくなじみます。

一重と二重では異なる色がおすすめ

一重まぶたは、淡い色や赤みの強い色を使いすぎると、腫れぼったく、顔の彫りが浅く見られる印象になるため、ブラウンやグレーなどの暗色を加え目元をキュッと引き締めましょう。オレンジやピンク系を使うときは、自然な陰影が出るようにグラデーションを意識します。目尻のみに明るいカラーをポイントで入れるのもおすすめです。

幅のある二重まぶたは、色を重ねすぎると派手になりがちなので、あえて目の周りは淡い色を使って「引き算メイク」で仕上げましょう。透け感や光沢感のあるスキニーカラーや優しい色が映えるのも二重ならではです。濃い色を使いすぎないようにするのがポイントです。

パレットカラーの役割を理解しよう

アイシャドウパレットカラーには、ハイライト・ミディアム・シェイドがあり、それぞれに役割があります。アイシャドウを選ぶときは、どの色をどこに乗せるかをイメージしながら選ぶと良いです。

明るさが印象の「ハイライト」は、まぶたにツヤと明るさを与え、くすみを飛ばす役割があります。その他にも、眉下に入れて立体感を出したり、目の下や目頭に乗せてきらめきを演出したりするのに使われます。「ミディアム」は、ハイライトとシェイドをつなぐ重要な中間色で、アイホールにぼかすように入れると目元に自然な陰影が生まれます。1番濃い色は「シェイド」と呼ばれ、目の際にライン状に入れ、目をぱっちりと見せるのが目的です。

おすすめのプチプラアイシャドーを紹介

プチプラアイシャドーは、さまざまな色に気軽に挑戦できるのがメリットです。ファッションや季節に合わせてアイメイクを楽しみましょう。

上品な雰囲気を演出 excel「スキニーリッチシャドウ」

アットコスメなどの口コミサイトで高い評価を獲得するプチプラアイシャドーで発色や質感の良さは、デパコス並とも称されるほどです。上品で大人っぽさを演出することができます。ベース・シャドウ・ニュアンス・ラインの4色構成で、順番に色を重ねていけば、初心者でも美しいグラデーションが作れます。肌なじみの良いブラウン〜ベージュ系のパレットはシチュエーションを選ばず使えます。

商品名:excel スキニーリッチシャドウ

カラーが豊富 MISSHA「トリプルシャドウ」

「MISSHA」は、コスパの高いクッションファンデーションでおなじみですが、アイシャドーの質の高さと発色の良さにも定評があります。カラーも豊富であり、可愛らしさを演出できる「ブラウニーピンク」や、大人っぽさのある「マルサラレッド」が人気です。「トリプルシャドウ」は、3色が一つになったコンパクトなアイカラーで、1本の指だけで簡単にグラデーションが作れる優れものです。アルガンオイル配合のしっとりとした使い心地とカラーバリエーションの豊富さにも注目しましょう。

商品名:MISSHA トリプルシャドウ

ナチュラルさが魅力 CANMAKE「パーフェクトマルチアイズ」

「パーフェクトマルチアイズ」は明度の異なるブラウン系で構成されたパレットで、ローズブラウンアーバンキャラメルアンティークテラコッタなど、各ベースに似合う色がラインナップされています。肌の色に自然になじむタイプですので、ナチュラルなメイクに仕上がります。アイブロウやアイライナーとしても使えるので、ポーチの中にしのばせておくと便利です。ホホバ種子油、ブドウ種子油などの保湿成分を配合し、パウダーながら滑らかな使い心地を実現しています。

商品名:CANMAKE パーフェクトマルチアイズ

あわせて読みたい
40代からのオレンジメイク!おすすめのアイシャドウやプチプラコスメでトレンド顔が叶う
コスメデコルテのアイグロウジェム!私に似合うカラーはどれ?人気色やおすすめ色を厳選

写真・イラスト/(C)Shutterstock.com

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事