Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLEエンタメ

2022.01.23

「舞台だけでなく新たなフィールドにも挑戦したい」【華 優希さんスペシャルインタビューvol.2】



宝塚歌劇団花組のトップ娘役を務めた華 優希さんが、芸能活動を本格的に開始。今回は、今後やってみたい役や役の深め方などについてうかがいます。「初めて話す!」という恋愛についてのお話も。

Tags:

華さんが考える恋愛や結婚について「オフィシャルな場で初めて話します」

事務所に所属したのを機にすみれコードも卒業し、生年月日を公式に発表。28歳の女性としての想いとは…?

「小さい頃は28歳はお姉さんを通り越して成熟した大人の人、というイメージでした。自分がいざ28歳になってみるとまだまだ幼くて、もっとしっかりしなければということもたくさん。タカラヅカはプライベートも仕事も会う方が一緒で生活もずっと変わらなかったので、まるで竜宮城にいたようだったのかもしれません。地上に戻ってきたら、高校時代の部活の仲間の半分くらいは結婚していたり、弟たちは立派な社会人になって何やら難しそうなことをやっていたり。そういうのを見るとなんだか取り残された気がしますが、私は私の人生でよかったなと思っています」。

出会う人が変わり、生活も一変するであろうこれからの世界。タカラヅカ時代には絶対に聞けなかった恋愛観について話題を振ってみたところ、照れながら胸のうちを話してくれました。

「このような場で恋愛について話すことは初めてで(照)。長い間女性だけの世界で過ごしてきたので、『マドモアゼル モーツァルト』でもご一緒させていただく男性共演者の方にまずは『どう話しかけたらいいんだろう』というところからでした。でも舞台を作っていくうちに、性別に関係なく仲間として向き合えるようになりました」。

タカラヅカにいるときには恋愛は遊びとしか思えなくて、「なにが面白いんだろう?」とずっと思っていたそう。

「それが間違いだったと今は感じます。恋愛は人生においてとっても大事なことなんだなと思いますし、この先もし愛する人に出会えたら恋愛の時間を大切にしていきたいです」。

華ちゃんはどんな男性がタイプですかと聞いたところ、しばらく思い悩み、

「タイプというか…、清潔感がある人が好きです。あと私、男の人の筋肉がすごく好きなんですよ。腕のモコッとした筋肉をちょっと触らせてもらったりして(笑)」。

まずは愛する人と出会うことが第一歩だと思いますが、結婚について考えていることもあるのでしょうか?

「現時点ではですけれど、結婚して家族を作りたいという夢はあります。絶対に、というわけではないですが、この人と家庭を持ちたいなという人が現れたらいいなと。自分の家族に感謝しているから、私も素敵な家族を作ってつなげていくことがひとつの恩返しになると思いますし」。

最後にファンの方に向けたメッセージをいただきました。

「私はタカラヅカを観て元気や生きる力をもらったから、自分も誰かにそんなパワーを送れる人になりたい、舞台の端の端でもいいからその一部になりたいと思って目指した世界でした。今後は、自分がお芝居をしたいという個人的な希望のままに進んでいきますが、その根底には笑顔にしたい人がいるという思いを忘れてはいけないと強く思っています。これからもどんな形でもいいので見守っていていただけたら、とてもうれしいです」。

関連記事
▶︎トップ娘役からひとりの表現者へ。本格始動に独占密着!【華 優希さんスペシャルインタビューvol.1】
▶︎もっともっと華ちゃんを知る!【華 優希さんの素顔に迫る50問50答・前編】


[スカートスタイル]ニット¥37,400・スカート¥41,800・ダブルフープイヤーカフ¥19,800・イヤーカフ小¥5,500(ボウルズ〈ハイク〉) ネックレス ¥9,900(パリゴ 丸の内店〈コズリ〉) ブーツ/参考商品(フラッパーズ〈ネブローニ〉)
[パンツスタイル] パンツ¥17,800(パリゴ 丸の内店〈パリゴ〉) フローディアバングル¥70,400・ヒュームバングル¥42,900(プリュイ トウキョウ〈プリュイ〉) ピアス¥9,350(フラッパーズ〈メラキ〉) ニット/スタイリスト私物

撮影/大靏 円(昭和基地) スタイリスト/峰岸彩織 ヘア&メイク/鈴木海希子 構成・文/淡路裕子

俳優

華 優希

はな・ゆうき/1993年11月13日生まれ、京都府出身。愛称は「華ちゃん」。2012年宝塚音楽学校入学、2014年宝塚歌劇団に100 期生として入団し月組公演『宝塚をどり/明日への指針-センチュリー号の航海日誌-/TAKARAZUKA 花詩集 100!!』で初舞台を踏む。組まわりを経て娘役として花組に配属。2015年には第2回台湾公演『ベルサイユのばら−フェルゼンとマリー・アントワネット編−/宝塚幻想曲(タカラヅカ ファンタジア)』の選抜メンバーに選ばれ、最下級生として参加。2017年明日海りお・仙名彩世トップコンビの大劇場お披露目となる『邪馬台国の風』で新人公演初ヒロイン。続く『はいからさんが通る』で東上公演初ヒロイン。元気溌溂なキャラクター・花村紅緒を演じ、当たり役となる。明日海りおの4人目の相手役として2019年『A Fairy Tale-青い薔薇の精-/シャルム!』で大劇場トップコンビお披露目。同公演をもって明日海が退団し、柚香光を2人目の相手役に迎える。2020年『はいからさんが通る』で柚香とのトップコンビ大劇場お披露目。2021年7月の『アウグストゥス-尊厳ある者-/ Cool Beast!! 』東京公演千秋楽をもって宝塚歌劇団を退団。10月には『マドモアゼル モーツァルト』で明日海りおと再共演。2022年 01月より株式会社ジャパン・ミュージックエンターテインメント所属。
▶︎公式サイト
▶︎Instagram

1 2
Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら


Read Moreおすすめの関連記事