Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE インタビュー

2022.01.24

「40歳くらいになったら挑戦したい」俳優・井之脇海さんの危険な夢とは…!? インタビュー(後編)|ドラマ『失恋めし』

 

木丸みさき原案によるコミックエッセイを実写ドラマ化した『失恋めし』。本作で井之脇海さんは、広瀬アリスさん演じる主人公が出会う不器用すぎる花屋の青年として出演しています。インタビュー後編では、「よく作る」という料理の話や趣味の登山の話をうかがいます。

Tags:

インタビュー前編
▶︎「情熱的な恋がしてみたい」俳優・井之脇 海さんインタビュー(前編)|ドラマ『失恋めし』

わりと料理はするほうです

──普段は料理をしますか?

炒め物などの簡単なものがメインですが、わりと料理はするほうです。外食すると食費がかかってしまいますからね(笑)。役柄によっては、体重を増量させたり、減量させたりすることもあるので、演じている役柄にあわせてメニューを考えています。減量するときの定番は、鶏肉とどっさり野菜スープ。作り方は簡単で、大きな鍋に鶏肉500〜600gと好みの野菜をどっさり入れて、味付けして煮込むだけ。味はコンソメ、鶏ガラスープの素、トマト缶など、その日の気分にあわせて決めています。減量期間中は一回に5食分ぐらい作るので、スープばかりの日々が続きます(笑)。

──もし周りの人が失恋して落ち込んでいるとしたら、井之脇さんはどんな料理を作ってあげたいですか?

失恋すると甘いものをたくさん食べたり高級なものを思いきり食べるイメージがありますが、ドラマの1話で失恋した女性が鯖煮を食べているのを見ていたら、お袋の味のような身近な食事のほうが失恋した気持ちに寄り添ってくれるんじゃないかなと思ったんです。そんな料理を作って癒してあげたいですが、まだそんな料理を作れないので…今ならおいしい定食屋さんに一緒に行ってあげたいですね。

日々の小さな変化を楽しむのが好き

──井之脇さんはよく山登りをされるそうですが、山頂ではどんなものを食べますか?

なるべく荷物を軽くしたいので、カップラーメンが多いですね。

──山頂のカップラーメンは本当に美味しいですよね。

山の頂上で食べると、いつもの4倍ぐらい美味しく感じるんですよね。テント泊の時は、スープパスタやうどんを作ることが多いです。それもめちゃくちゃ美味しいです。テント泊じゃない時は山小屋のカレーやビーフシチューをよく食べます。


──山登り初心者におすすめの山を教えてください。

関東圏なら新宿からバスで行ける金時山がおすすめです。富士山も見えますし、登った時の満足感もあるので、初心者の方に人気だそうです。帰りに御殿場や箱根あたりに寄ってもいいですよね。

──花とか植物を見たい人におすすめなのは?

今年(取材時は2021年)初めて登った木曽駒ヶ岳は色々な高山植物が咲いていてきれいでした。ロープウェイで上がっていくと盆地みたいになってる場所があって、そこにたくさん咲いているんです。そこからさらに2〜3時間歩くと山頂。3000m級の山なので絶景も楽しめますよ。

──山登り以外のオフの日の過ごし方は?

朝起きてすぐに散歩して、そのあと軽い運動をしてから食事をして映画を観たり本を読んだり。山登り以外は基本インドアな感じです(笑)。以前はお酒を飲むのが好きだったので、休みの日は朝の11時ぐらいまで寝ていたんですけど、この2年で生活スタイルがガラッと変わって。最近は7時頃に起きて、15分もしくは30分のお決まりのコースを散歩するのが日課です。毎日歩いていると、昨日は咲いてなかった花や植物を発見したりするんですよね。そういった日々の小さな変化を楽しむのが好きです。

好きな監督の作品は必ず劇場で観るようにしています。最近だとドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の『DUNE/デューン 砂の惑星』が素晴らしかったです。大学生の頃に観たヴィルヌーヴ監督の『メッセージ』と『ボーダーライン』に衝撃を受けて、それ以来、監督の新作を毎回楽しみにしているんです。

──最後に、今後チャレンジしたいことを教えてください!

プライベートだと、最近クライミングを始めたのでいつか海外の高山を登ってみたいです。役者が持ってはいけないような危険な夢ですが(笑)、これから時間をかけてしっかりとトレーニングをして、40歳ぐらいでチャレンジできればいいなと。仕事に関しては、2021年に映画『ミュジコフィリア』で初主演を務めたとき、1ヶ月ほどの撮影期間中に役と濃く向き合えたこともあって、初めて〝演じる際の核〟みたいなものを作ることができて、さらに役者という仕事が好きになりました。『失恋めし』も観てくれる方に僕の〝核〟が伝わるといいなと思います。

終始穏やかな声と表情でお話しされていた井之脇さん。どんな質問にも真摯に、そして丁寧に答えてくださいました。そんな井之脇さんが出演する配信ドラマ『失恋めし』を是非チェックしてみてください。

インタビュー前編
▶︎「情熱的な恋がしてみたい」俳優・井之脇 海さんインタビュー(前編)|ドラマ『失恋めし』

撮影/花村克彦  取材・文/奥村百恵

「失恋めし」


〈第1話ストーリー〉
イラストレーターのミキ(広瀬アリス)は、フリーペーパーで“失恋めし”というエッセイ漫画を連載中。失恋の思い出と、それにまつわる食べ物の話を集めて描いているが、最近はネタ切れ気味で困っていた。ネタになる失恋がどこかに転がっていないか探していたミキは、縁結びの神社で思い詰めた表情の女性(門脇⻨)を見かける。その女性の後をついて行くと、定食屋に入りさばの味噌煮定食を注文した。ミキは心の中で彼女を“サバ子”と名付けて観察する。サバの味噌煮を前に複雑な表情を見せるサバ子にミキが話しかけると、彼女は元カレ・ユウ君とサバの味噌煮の思い出を語り始めるのだった…。 レギュラーキャストは井之脇 海、村杉蝉之介、臼田あさ美、安藤ニコ、若林拓也が出演し、各話ごとに様々な俳優陣がゲスト出演する。『てっぱん』(NHK)の今井雅子が脚本を手掛け、『勝手にふるえてろ』の大九明子が監督を務めている。

※「失恋めし」は1月14日(金)Amazonプライム・ビデオにて一挙独占配信。7月、読売テレビにて放送予定(全10話)。

▶︎公式

 

井之脇 海

俳優/1995年、神奈川県生まれ。2007年、映画『夕凪の街 桜の国』で映画デビュー。2008年、第61回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門審査員賞受賞作『トウキョウソナタ』に12歳で出演し、第82回キネマ旬報ベスト・テン新人男優賞ほか複数の賞を受賞。主演映画『ミュジコフィリア』(2021)や、第74回カンヌ国際映画祭・ある視点部門のオープニング作品『ONODA 一万夜を越えて』(2021)など多数の映画に出演。公開待機作は映画『猫は逃げた』(2022年3月18公開予定/今泉力哉監督)や、NHK連続テレビ小説『ちむどんどん』など。

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら


Read Moreおすすめの関連記事







スマートフォンプレビュー

【登録無料】
Domaniメルマガ会員募集中

管理職世代の通勤コーデ、明日は何を着る?子供の受験や習い事、
どうする?人気モデル、ハイセンスなDomani読者モデル、教育のプロたちから
発信されるタイムリーなテーマをピックアップしてお届けします。
プレゼント企画やイベント参加のスペシャルなお知らせも!