Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

FASHION着こなしのお手本

2022.03.04

【2022年】ブラウンコーデをこなれさせる季節別着こなし例

落ち着いた印象の大人カラー「ブラウン」。でもコーデに取り入れるとき、着こなしを間違うと一気に重くほっこり感が出てしまいがちな色でもあります。そこで今回は、そんなブラウンコーデを成功させるポイントをご紹介!「秋冬」「春夏」と季節別に旬なお手本コーデと合わせて解説していきます。

Tags:

【目次】
ブラウンコーデを成功させるポイントは?
【秋冬】レディースブラウンコーデ
【春夏】レディースブラウンコーデ
【上級者】おしゃれオールブラウンコーデ

ブラウンコーデを成功させるポイントは?

「カジュアル素材」を投入する


例えばブラウンのニットとタイトスカートのようなきれいめコーデ。こんなコーデは髪型や小物を使って変化をつけないと、コンサバに見えすぎてしまう可能性が。シックな色なので懐かしい印象になり、昭和っぽさがあふれ出てしまうこともあります。

そこでおすすめなのは「カジュアル素材を投入すること」。

トップスをスエットに変えてみるだけで、王道のコンサバコーデが一気に今っぽく見えます。

また、同時に更新したいのが合わせる小物。スカーフを首元に巻くとシンプルなトップスに変化がつけられ、足元をロングブーツに変えると旬な印象に。

「白」を投入する

「白」を投入する
落ち着いた印象のあるブラウン。取り入れ方によっては老け見えしてしまう可能性も…!

そんなときにおすすめなのが「白」。

例えばブラウンシャツの下に白のタートルを仕込めば、白のもつ華やかなイメージがブラウンコーデを軽やかに見せ、フレッシュ感がプラスされます。小面積でも白の抜け感が全体を新鮮に見せてくれるはず。

ファーバッグやローファーなど、カジュアル要素をプラスするのも地味見えさせないコツです。

【秋冬】レディースブラウンコーデ

ブラウンCPOジャケット×ベージュフレアパンツ×リブニット

ブラウンCPOジャケット×ベージュフレアパンツ×リブニット
メンズのCPOジャケットとフレアパンツの秋らしいコーデ。ブラウンとベージュ、白のグラデーションでワントーンに仕上げるのがポイント。

ブラウンカットソー×ブラウンパンツ×白ジャケット

ブラウンのワントーンコーデに白ジャケットをラフに羽織れば、着こなしに抜け感と知的なテイストがプラス。ジャケットは上質感あるサテンジョーゼット素材。濃いめブラウンインナーでコントラストをつければ、襟のラインがさらに活きる。

ブラウンブラウス×ブラウンスカート×黒コート

ブラウンブラウス×ブラウンスカート×黒コート
ブラウンのセットアップはタフな黒で挟めば、一気に大人目ムードにシフト。重くなりがちなコートスタイルは、ウールコートととろみのあるセットアップで軽快に仕上げて。

ブラウンニット×ブラウンパンツ×白シャツ

ブラウンニット×ブラウンパンツ×白シャツ
重たく見えがちなブラウンは、白シャツをレイヤードすることで軽やかに。白シャツをのぞかすべきは「手首」「首元」「すそ」の3箇所。これなら肌見せをしなくても抜け感が出て全身がスッキリ!

ブラウンニット×キャメルコート×ベージュスカート

ブラウンニット×キャメルコート×ベージュスカート
ブラウン×キャメルにベージュを溶け込ませた、女性らしさときちんと感が両立するコーデ。コートやざっくりニットでも、軽やかなスカートを合わせれば絶妙な抜け感が生まれる。

【春夏】レディースブラウンコーデ

ブラウンパンツ×白Tシャツワンピ×ベルト

ブラウンパンツ×白Tシャツワンピ×ベルト
ブラウンのパンツにTシャツワンピースを合わせ、細ベルトでウエストマークしたコーデ。白やオフホワイトなどの膨張色を着るときは、ボトムスはブラウン、濃いめのベルトが◎。足元はあえてきれいめサンダル、小物はビーズバッグでアクセントを。

ブラウンカットソーワンピ×白レギンス×ヘアバンド

ブラウンカットソーワンピ×白レギンス×ヘアバンド
シンプルなブラウンカットソーワンピには、大人っぽい花柄ヘアバンドをプラス。ラフに結んだ髪型に合わせれば、さらにこなれ感がアップ。花柄の効果で顔まわりがパッと明るくなるので、アクセサリーは最小限にして。

ブラウンショートパンツ×ベージュニット

ブラウンショートパンツ×ベージュニット
大人にとって易度の高いショートパンツも、ブラウンを選べば着こなしがリッチに!ポイントはツヤのあるハリ感素材。センタープレスが入ったショートパンツなら脚をスッキリと見せてくれるはず。トップスはざっくりとしたサマーニットで都会的に。

ブラウンパンツ×ベージュニット×白ジャケット

ブラウンパンツ×ベージュニット×白ジャケット
全身をブラウンにするとどうしても重く見えがち。軽やかなジャケットを一点させば、色にメリハリがついて抜け感もバッチリ!視線が上半身にいきやすいため、身長が低い人にもぴったり。

【上級者】おしゃれオールブラウンコーデ

ブラウンブラウス×ブラウンパンツ

ブラウンブラウス×ブラウンパンツ
サテンのブラウンブラウスに、コーデュロイのブラウンパンツを合わせたオールブラウンコーデ。着太りしがちなオールブラウンコーデは「異素材のミックス」と「首まわりの抜け感」の2つを意識すれば大丈夫!足元は肌をチラッと覗かせて抜け感を出すのもポイント。

ブラウンジャケット×ブラウンセットアップ

ブラウンジャケット×ブラウンセットアップ
ブラウンのジャケットとブラウンのセットアップを合わせたオールブラウンコーデ。タイトな上下にジャストサイズのアウターを合わせるとコンサバすぎてしまうところ、オーバーサイズのジャケットならグッとこなれた印象に。肩からさらりとかけて。

ブラウンオールインワン×帽子×バッグ

ブラウンオールインワン×帽子×バッグ
ブラウンのオールインワンを使った、夏のリゾートスタイル。シックなブラウンなら水着とのレイヤードも大人の表情に。

ブラウンノースリーブ×ブラウンショートパンツ

ブラウンノースリーブ×ブラウンショートパンツ
ワントーンでまとめた夏のブラウンコーデ。全身ブラウンでもトップスをノースリーブにすれば涼しげな雰囲気が漂う。アクセサリーはシルバーのボリュームリングで、ブラウンをピリッとハンサムに締めて。

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事