子連れに最適!今年の夏休みはシンガポールに決まり!? | Domani

Domani

働くアラフォー、仕事もおしゃれも、楽して楽しく!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE私、旅するために生きてます!

2018.05.13

子連れに最適!今年の夏休みはシンガポールに決まり!?

GWが終わり、そろそろ夏休みの計画を立てなきゃ、、、と焦っているワーママ多いですよね!?ママ目線7割・キャリア目線3割のワーママエディターN子がオススメしたいのがシンガポール!子連れで旅行してからすっかり夢中になってしまい、3年連続で行っているほど。そんなN子が親子で楽しめるシンガポールの魅力を紹介します。

Tags:

ワーママ編集N子が太鼓判!子連れ旅にシンガポールがオススメな理由 

1:時差がたった1時間だから時差ボケで子どもがぐずる心配がなく体が楽!
2:深夜便の飛行機があるから、会社帰りに行けるし、子どもも寝てくれるから楽!
3:治安も衛生面も安心!日本と同じ感覚でOK!
4:子どもが楽しめる施設がたくさんある!
5:街がコンパクトだから移動が楽!
6:親子で満足できるホテルが豊富!

日本から約7時間でアクセスでき、時差もたった1時間!忙しいワーママも、3連休を使ってサクッと行けるのがシンガポールの魅力。仕事帰りの深夜便に乗って早朝到着、3日間たっぷり遊んでまた深夜便で帰国すれば、なんとお休みを取る必要もないんです!時差がないから、体も楽。ショートトリップに最適なシンガポールは、子どもが満足するプレイスポットがたくさんあるから家族旅行に最適。

アジアだと衛生面が不安、、、と心配するママも多いけど、シンガポールの街は綺麗で衛生的!水道水も日本と同様、浄化処理された軟水でそのまま飲めるんです。また多国籍国家だから、ご飯のバリエも豊富で美味しい。しかも、お国柄かみんな子どもに優しくキッズフレンドリーで、子連れでもストレスフリー。シティとリゾートが車で約15分で行き来できちゃうコンパクトな街だから移動時間が短くて楽。タクシーも安い!と子連れに嬉しいポイントがたくさん!ただ、泊まる場所は子連れ旅にはのんびり過ごせるプールありのホテルにしたいところ。今回は、シンガポールにすっかり夢中のママエディターのN子が実際泊まって良かったプールありのホテルをご紹介します。

シャングリ・ラ ラサ セントーサ リゾート&スパ

セントーサ島にあるシャングリ・ラは、ビーチを目の前にした大型リゾートホテル。緑が多く、何とあちらこちらを孔雀が歩いていてリゾート感たっぷり。広いプールには、噴水やスライダーもあり、子どもは楽しいこと確実!ホテル内に、ツリーハウスなどの遊具があるキッズクラブもあり、ファミリー向け。

シャングリ・ラ ラサ セントーサ リゾート&スパ

マリーナベイ・サンズ


シンガポールのランドマークタワーとして知られるマリーナベイ・サンズ。57階の屋上にあるのが、世界最大のインフィニティプール!その景色は圧巻!もちろん子ども用のキッズプールもあります。景色を楽しみながらプールに入るのは至福な時間。ショッピングセンターやカジノもあるから大人も楽しめます。

マリーナベイ・サンズ

カペラ シンガポール

セントーサ島の高台にあるラグジュアリーホテル。3段に位置するプールは熱帯雨林に囲まれ、景色を見るだけで癒されます。子ども用の浅いプールもあり。緑も多く、コロニアル調の建物も素敵で、部屋もゆったり。大人がリッチな気分になれる演出たっぷりのホテルだけれど、いろいろなリクエストに応えてくれてキッズフレンドリーなんです。

カペラ シンガポール

Wシンガポール セントーサコーヴ

セントーサ島のヨットハーバーが並ぶセントーサコーヴにあるスタイリッシュなホテル。ここのプールは広くて快適。フロート(クッションのような浮き輪)があり、大人もぷかぷか浮かんで楽しい!浅いプールには、自由に遊べる小さなボールもあって子供も大喜び。大人向けイメージのWホテルですが、ココはファミリーが多くて居心地良いからオススメ。

Wシンガポール セントーサコーヴ

ハードロック・ホテル シンガポール


セントーサ島の中心にあるロックをテーマにしたホテル。広いプールには、なんと砂浜がありビーチ風!この砂浜プールを目当てに泊まる人も多いとか。キッズスペースには、水鉄砲やスライダーもあり子どもが楽しめる施設が豊富!人気のユニバーサル・スタジオ・シンガポールやカジノも徒歩圏内なのでとても便利なホテル。

ハードロック・ホテル シンガポール

シンガポールにはプールが充実したホテルがたくさん!のんびり過ごしたい乳幼児から、アクティブに動く小学生まで満足できるはず。ホテル選びも旅の醍醐味ですよね。夏休みの旅行先候補にシンガポールをぜひ!

※情報は2018年5月現在のものです。

ファッションエディター

N子

大学卒業後、OLを経てファッションエディターに。7歳男の子ママ。旅行や家電、海外ドラマ好きのアラフォー。


Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事