Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE暮らし

2022.02.23

その手があったか!部屋を広く見せる〝秘テク〟とは?【リフォーム実例】

おうち時間の急増にともない、建て替えまではいかないプチリフォームやリノベーションが再注目されています。そこで、今回は実際に自宅をプチリフォームしたエディター川口のちょいテク事例を紹介します。

Text:
川口ゆかり
Tags:

部屋が狭い。平米数は広げられない!そんな時どうする?

一軒家であれば、増築、建て替えなど選択肢は多いけれど、マンションとなるとなかなかそうはいきませんよね。限られたスペースをどう快適にするか。私が一番こだわったのは、「(実際には同じスペースでも)視覚的に広く見せること」。

具体例を上げるなら?

1:スペースに対して家具や物をたくさん置かない。
2:家具を置く場合、背の高いものは圧迫感があるので、腰位置よりも低い家具を選ぶ。
3:壁紙は膨張色の白にする。

以上3点が一般的ですが、これらはすでに実践しているので、今回は「カーテンレールの場所を上げる」プチリフォームを行いました。

なぜ、カーテンレールの場所なのか。

ついつい後回しにしてしまいがちですが、実はカーテンって、部屋の中でかなり大きい面積を占めているんです。つまり、それだけ重要だということ。例えば、海外のお宅が広く、素敵に見える理由のひとつは天井やカーテンレールの位置が高いから。

とはいえ、実際にマンション住まいで天井の高さや窓枠は変えられない。じゃあ、どうすればいいか。答えはひとつ。「カーテンレールの設置位置を上げて空間を広く見せる」こと!

BEFORE

特に我が家の場合は、ベランダに面した窓がかなり大きいため、カーテンの存在が肝に。もともとは窓枠に沿ったカーテンレールがついていました。

リフォーム過程

既存のカーテンボックスをすべて取り除き、下地をつけて補強していきます。10年以上前に設置したエアコンは古くなり水漏れするため、これを機に撤去することに。

AFTER

天井ギリギリまでカーテンレールの場所を上げるとどうでしょう?実際に窓を大きくしたわけじゃないのに、ぐんとスペースが広がったように見えませんか。これが視覚マジック!

カーテンも新調

コットンをブレンドした自然素材風のミラーレスカーテン(アイボリー)はカーテン専門店の〝INN’S本店〟、リネンのカーテン(グレー)は〝友安製作所〟さんでそれぞれオーダーしたもの。

このご時世ですので店舗をあれこれまわることができず、ネットでポチッ。一週間ほどで到着とスムーズ。既製品を購入するよりお高くはなりますが、ジャストサイズに仕上げてくれるので、結果的にはお得でした。

新生活がスタートする時期。ご自宅をプチリフォームして、より心地よい空間にしてみてはいかがでしょうか。限られたスペースを広く見せるなら、カーテンレールの位置を変えるのも手ですよ。

画像ALT

エディター

川口ゆかり

女性誌やWeb広告でエディターとして活躍するかたわら、JSIA飾り巻き寿司1級インストラクター資格を取得。2016年夏より、東京・青山で料理教室『おもてなしごはん東京』をスタート。不定期に飾り巻き寿司レッスンを開催しながら、ファッション誌のフードスタイリングや企業のレシピ開発なども行う。プライベートでは2児の母。おしゃれ業界人がたびたび登場する本人のインスタグラムも話題

あわせて読みたい
▶︎家の顔とも言われる〝玄関〟掃除のコツをプロが伝授!【1日1か所ゆるっと大掃除】
▶︎インテリアに映える!自分へのご褒美にしたいお洒落系「フレグランス」【おうち時間のご褒美アイテム】

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事