Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLEグルメ

2022.03.01

成城石井の〝なま餃子皮〟はもちもち感がすごい

筆者が何度もリピート買いしている成城石井の〝なま餃子皮〟を紹介します。

Text:
川口ゆかり
Tags:

自宅で美味しい餃子が食べたい。そんな時は〝成城石井〟へ

餃子を美味しく作るのには、実は餡よりも皮が大事!と最近思うのです。というのも、薄力粉や強力粉を練って、丁寧に伸ばした手作りの皮って、やっぱり市販品にはかなわない美味しさがあるんです。作ったことありますが、なかなかのしびれる作業(笑)。

ゆえに、ワーママがその時間をさくのは実際のところ難しいかと。そこで、おすすめしたいのが〝成城石井〟で売っている八幡製麺所のなま餃子皮です!

成城石井 なま餃子皮

▲350g約35枚ほどで¥250

八幡製麺所のなま餃子皮は、高品質の小麦粉と塩、かん水がバランスよく配合されていて、食べた時のもっちり感が手作りに匹敵するほどおいしい! 安い餃子の皮は薄すぎて、すぐ破れてしまうことも多々ありますが、そんな心配はもちろん無用です。

成城石井 なま餃子皮

値段は近所のスーパーで買うより割高なのですが、それに見合う価値は200%あるかと!わが家では毎回2セット(約70枚)買って、ストックしておくのがルーティーンになっています。

成城石井 なま餃子皮

〝夜食を作る時間がない!〟という時は、冷凍庫に常備してある餃子を焼いて、副菜とご飯とお味噌汁でささっと晩御飯を済ませることも。それでも家族はこの皮で作る餃子が大好きなので、「おいしい~」と喜んでくれてありがたいかぎり。もはや、わが家には欠かせない存在になっています。餃子loverのみなさま、その違いをぜひお試しください!

画像ALT

エディター

川口ゆかり

女性誌やWeb広告でエディターとして活躍するかたわら、JSIA飾り巻き寿司1級インストラクター資格を取得。2016年夏より、東京・青山で料理教室『おもてなしごはん東京』をスタート。不定期に飾り巻き寿司レッスンを開催しながら、ファッション誌のフードスタイリングや企業のレシピ開発なども行う。プライベートでは2児の母。おしゃれ業界人がたびたび登場する本人のインスタグラムも話題。

あわせて読みたい
▶︎【お取り寄せ名品】フライパン1つですぐできる人気店の本格パエリアミールキット
▶︎【成城石井】の人気商品ランキング、1位はあの爆売れ商品!

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事