Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

INFO最新号紹介

2022.05.01

Domani春号が読めるOggi5月号&美的6月号の【モノ付録】はママにも嬉しいポイント満載

1年ぶりとなるDomani紙版=Domani2022春号が、Oggi5月号&美的6月号の別冊付録として登場。それぞれに付いているバッグやコスメの「モノ付録」が実はママの心強い味方になってくれるんです!Domaniスタッフがレポートします。

Tags:

この春は「紙」で読めるDomaniをお届けしています!

昨年につづき、今年もDomani春号がOggi5月号と美的6月号の別冊付録として登場。働くネクストステージのワーキングウーマンを応援するための良質な情報を――!そんなコンセプトはそのままに、WEBとはまた違った紙ならではのサイズと記事構成で、春の「凛と」働くおしゃれのコツをお届けしています。

Oggi5月号も美的6月号も、現在好評発売中!それぞれの「特別付録」であるバッグやコスメがGWに使える優れモノなので、みなさんにもぜひ使ってほしい‼︎実際にDomaniスタッフが使ってみた感想をお伝えします。

▲Oggi5月号&美的6月号についている【Domani春号】はこちらです!

美的6月号はGWのプチトリップに使えるビオデルマのチューブサンプルが付いています!

まずは美的6月号の付録からチェック。豪華な化粧品サンプルは、通常版と付録違い版があります。

【通常版】
◆ビオデルマ 皮膚科学 皮脂ケアクリーム(5mlチューブ)

【付録違い版】
◆ビオデルマ クレンジング水(10mlサンプルパウチ)+ジェル下地(5mlチューブ)毛穴ケアセット
◆kiss “さらさらセミマット美肌“ファンデ+下地(それぞれサンプルパウチ)
◆花王ソフィーナ iP 毛穴洗顔料(貼込付録)

我が家は遠出の予定はありませんが、近場の日帰り温泉にでも行けたら嬉しいなあと。そんな予定に不可欠なのが、付録のコスメサンプルですよね!

【付録違い版】のクレンジング水のサンプルパウチ、これってあるととっても重宝しませんか?1泊旅行でも、メイク落としが必要なのは夜1回だけなのに、ボトルごと持ち歩くのはとても憂鬱。朝晩使うその他のスキンケアは、いつも使っているものを持ち歩くのもやむなしと思えても、メイク落としはなんとか最小限に…と思う私は、1回使い切りのサンプルがとても欲しかった!

そして温泉上がりに【通常版】の皮脂ケアクリームをたっぷり塗って帰れたら、すごくいい!帰りの車内でも肌をきちんと整えてくれるお守り的なアイテムとして持っていきたいと思います。

▶︎美的6月号を買いたい!という方は、こちらから。

Oggi5月号のTheoryのBIGトートは、実は園ママの便利アイテム!持ち帰る子供の制作物を上手に保管&収納。幼児教室の行き帰りにも!

Oggiはすでに【Domani春号】が入っている5月号の次、6月号の販売がスタートしましたが、ネット書店では5月号も継続販売中!特別付録の【Theory】縦長BIGトートは、大容量なのにすっきりスマートに持てると働く女性から大好評です。OggiスタッフやDomaniスタッフもさまざまな使い方をしていますが、私はこんな使い方をしています!

ご覧の通り、子供が保育園で描いたり作った製作物の持ち帰りにとても便利なんです。大きな画用紙に描いた絵もすっぽり入るし、マチがあるので工作もどしどし入れられます。定期的に作品の持ち帰りのお知らせがある我が子の園では、その度にこのトートが大活躍!白にシンプルなブランドロゴだけなので、絵画や工作をする幼児教室の持ち帰りにも重宝しそうです。

ところでみなさん、こういった子供が作ったモノ描いたモノの保管や収納をどうしていますか?全部取っておく派、写真を残したら潔くお別れする派…私は前者。製作物はもちろん、身体測定の記録、園が作成してくれたバースデーカード、毎年の運動会や子ども会のプログラム(!)まで、全て保管しています。物と思い出のリンクが異常に強い性格で、いつか眺めて愛おしい気持ちになるはずと、どうしても取っておきたいのですが…。自分のクローゼットにも浸食する我が子たちの思い出の品に、若干の息苦しさがあるのも事実です。

そんなときこのトートを使いながら、「このバッグをこのまま制作物の保管場所にしちゃおう」と閃きました!このトートを2つ使って、ひとつは園からの持ち帰り用に、ひとつはバッグ自体を自宅での保管場所に。かなりの量が入るので、数年分は入りそう。見た目もごくシンプル、ハンドルで引っ掛けることもできるので、クローゼットの中ですっきり収納できています。

こういう収納法を見つけると不思議なもので、「思い出は全部取っておく!捨てない!」と頑なだった考えにも変化が。「卒園するまでに持ち帰るものも、取っておくのはこのバッグにしまい切れる分だけにしよう」と思えるようになりました。その分別にも相当悩みそうではありますが、家族が心地よく暮らすためにはきっといい一歩。この付録が良い切きっかけをくれました。Oggi.jpでも、このバッグの詳細やスタッフの使い方あれやこれやをご紹介しているので、ぜひご覧ください!

▶︎Oggi5月号を買いたい!という方はこちらから。

Domani編集部

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事