Domani

働くアラフォー、仕事もおしゃれも、楽して楽しく!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • search
 

FASHION一年365日!アラフォーコーデ一気見せ!

2018.05.24

夏コーデおすすめ36選【レディース】| 30代40代女性ファッション

夏のレディース向けコーディネートを一挙ご紹介。スカート・パンツを夏らしくおしゃれに着こなすコーディネートをピックアップ!大人かっこいい夏コーデや、大人デートにおすすめの夏コーデもまとめました。ユニクロ(UNIQLO)のアイテムを使ったコーデもピックアップ。

Tags:

【目次】
スカートのおしゃれ夏コーデ
パンツのおしゃれ夏コーデ
大人かっこいい夏コーデ
大人デートにおすすめの夏コーデ

スカートのおしゃれ夏コーデ

【1】半袖赤トップス×ユニクロのカーキタイトスカート

【1】半袖赤トップス×ユニクロのカーキタイトスカート

背中がVあきになったブラウスと、タイトスカートの組み合わせで、後ろ姿も美しく。足元はチャンキーヒールのサンダルを合わせて、今っぽく。

[Domani5月号 100ページ] トップス¥24,000(ビームス ハウス 丸の内〈フォンデル〉) スカート[共布ベルト付き]¥2,990(UNIQLO) ピアス¥11,500(アダム エ ロペ〈ラウラ ロンバルディ〉) 時計フェース¥22,000・時計ベルト¥5,500(NOJESS)靴¥35,000(FUN Inc.〈CHEMBUR〉)

【2】白カットソー×ピンクのフレアロングスカート

【2】白カットソー×ピンクのフレアロングスカート

女らしい色を掛け合わせた甘くも強いスカートスタイル。ボリュームスカート×バレエシューズという王道スタイル。同系色の掛け合わせ配色が、新鮮さと遊び心を醸し出して。暖色メインの配色にはクリーンな白が気持ちのいい抜けに。

[Domani5月号 52ページ] カットソー¥9,000(ドゥロワー 丸の内店〈フーラ〉) スカート¥45,000(マディソンブルー) 手に持ったカーディガン¥4,900(CLEAR IMPRESSION) サングラス¥30,000(モスコット トウキョウ〈モスコット〉) 時計¥85,000(栄光時計〈サントノーレ〉) バッグ¥75,000(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉) 靴¥24,000(フラッパーズ〈スペルタ〉)

【3】ノースリーブピンクポロシャツ×ネイビータイトスカート

【3】ノースリーブピンクポロシャツ×ネイビータイトスカート

女っぷりの高いネイビーのスカートを、顔まわりのピンクで柔和に。カジュアルなニットポロと、透け感が色っぽいひざ下タイト。違うテイストをMIXさせることで生まれるこなれ感を楽しんで。バッグに巻いたスカーフにもピンクを効かせて、大人の女性らしいこだわりをアピール。

[Domani5月号 45ページ] ニット¥21,000(スローン) スカート¥24,000(アングローバルショップ 表参道〈バウム ウンド ヘルガーデン〉) 手に持ったジャケット¥24,000(INDIVI) バッグ¥110,000(アマン〈ザネラート〉) バッグに巻いたスカーフ¥16,000(フラッパーズ〈マニプリ〉) 靴¥25,000(ファビオ ルスコーニ 六本木店〈ファビオ ルスコーニ〉)

【4】ネイビーニット×茶プリーツスカートの休日コーデ

【4】ネイビーニット×茶プリーツスカート

バックシャントップスとすそ揺れふわスカートで全方位美人な休日コーデ。ネイビーとレンガのダークな配色ながら、肌見せと透け感で夏らしい装いが実現。女友達にも一目置かれる、大人のツヤっぽさを引き出す最強の組み合わせ。

[Domani8月号 144ページ] スカート[共布ベルト付き]¥19,000(TIARA) ニット¥11,000(カリテ スケープ コレド日本橋店〈カリテ〉) バッグ¥10,800(ロウェル シングス ルミネ新宿店〈ロウェル シングス〉) ピアス¥3,400・バングル¥4,200(ジューシーロック〈JUICY ROCK Original〉) 靴¥18,334(銀座かねまつ6丁目本店〈銀座かねまつ〉)

【5】ノースリーブ白ニット×緑レースタイトスカート

【5】ノースリーブ白ニット×緑レースタイトスカート

デキるムードのタイトスカートは色とレースで女っぷりを高めたい。きれいめ通勤に活躍してくれるレーススカートを、フレッシュなグリーンで色別注。ヴィンテージニュアンスの繊細なレースと、ひざ下までの長めレングス、そしてハッと目を引く鮮やかカラーで主役級の存在感に。白のニットで軽やかな抜け感を出して。

[Domani8月号 139ページ] スカート¥24,000(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈ユナイテッドアローズ〉) ニット¥13,000(カリテ スケープ コレド日本橋店〈カリテ〉) ピアス¥33,000(自由が丘クーゲ) バングル¥8,500(アビステ) バッグ¥11,800(ロウェル シングス ルミネ新宿店〈ロウェル シングス〉) 靴¥10,000(アットシェルタ〈オゥ バニスター〉)

【6】グレータンクトップ×黒スニーカー×キャメルロングスカート

【6】グレータンクトップ×キャメルロングスカート

モードっぽさが香るマットな質感の黒レザースニーカー。流行中のロングスカートも、足元をスニーカーにすると休日らしい軽快さが宿ります。〝ニューバランス〟のスポーティなデザインをコーディネートのアクセントに。黒レザーならハズしすぎず、大人っぽさも兼備できる。

[Domani8月号 65ページ] 靴¥13,800(エミ ニュウマン新宿店〈ニューバランス〉) タンクトップ¥8,000(ドメニコアンドサビオ) スカート¥20,000(フレームワーク 自由が丘店〈ラミ〉) ネックレス¥38,000(H.P.FRANCE〈WOUTERS&HENDRIX〉) バングル¥8,000(アビステ) バッグ¥75,000(beautiful people 青山店〈beautiful people〉)

【7】白ニット×タンクトップ×白ロングスカート

【7】白ニット×タンクトップ×白ロングスカート

レイヤードで生み出す奥行きのあるハイトーン。目の粗い白ニットからのぞく、グレーのタンクトップが技あり!アシメトリーなすそのスカートも、動くたびに躍動感があふれて。着こなしがシンプルになりがちな夏スタイルこそ、各アイテムのデザイン性が大切になってくる。

[Domani8月号 56ページ] ニット¥38,000(Theory) タンクトップ¥8,241・バッグ¥10,185・靴¥13,889(バナナ・リパブリック) スカート¥21,000(アストラット 青山店〈アストラット〉) ピアス¥13,000(ファーザー〈ネーム〉) サングラス¥28,000(フォレストパイン・デザインラボ〈パイン〉)

【8】白ブラウス×ストライプスカート×サンダル

【8】白ブラウス×ストライプスカート×サンダル

白度の高い着こなしに、黒とブラウンのマルチストライプが辛口なアクセント。アシメトリーのラップスカートは軽やかに揺れ、いつもの動きをドラマティックに彩ってくれる。ボリュームブラウスでシルエットに動きをもたせるのも、ストライプをモダンにこなすコツ。

[Domani8月号 48ページ] スカート¥24,000(アルアバイル) ブラウス¥25,000(エンフォルド) ピアス¥55,000(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉) 帽子¥35,000(ヘレンカミンスキー表参道ヒルズ店〈カミンスキー XY〉) バッグ¥44,000(FURLA JAPAN〈FURLA〉) 靴¥19,000(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店〈カステリュール〉)

【9】半袖ネイビーシャツ×黄色スカート

【9】半袖ネイビーシャツ×黄色スカート

思いきりのいいイエローで〝いつもと違う〟が叶う。夏色を投入したいとき、チャレンジしやすいのが刷新力のあるハリ感スカート。贅沢なボリューム感で、旬のイエローを心置きなく楽しめる。ボタンをきちんと留めて着たネイビーシャツとのコントラストで、洗練度を高めて。そして実はこのスカート、カーキとのリバーシブルという機能派なところも高ポイント。

[Domani8月号 35ページ] スカート¥8,900(アダストリア〈アンデミュウ〉) シャツ¥17,000(クオリネスト〈グッドストゥディオス〉) 時計¥65,000(栄光時計〈モバード〉) バッグ¥52,000(FURLA JAPAN〈FURLA〉)

【10】白ブラウス×赤ロングスカート

【10】白ブラウス×赤ロングスカート

目を引く鮮やかなスカートは、白ブラウスでさわやか仕上げに。スカートは、肌触りが優しくシワも気になりにくいコットン素材、ウエストは締め付け感のないゴム仕様、とリラックス感のある一枚。長時間のデスクワークを覚悟しなくては!という日にも、もってこい。

[Domani8月号 26ページ] スカート¥18,000(ハリス銀座店〈ハリス〉) ブラウス¥15,000(ラブレス青山〈ラブレス〉) ブレスレット¥17,000(デペッシュモード恵比寿本店〈ラ・キアーヴェ〉) バッグ¥38,000(オルサ〈オルセット〉)

パンツのおしゃれ夏コーデ

【1】半袖黒プルオーバー×チェックワイドパンツ

【1】半袖黒プルオーバー×チェックワイドパンツ

大胆なチェックパンツを黒ニットで締める。シンプルなデザインのニットだから、Tシャツ感覚で着こなせる。コンパクトさを生かして、ボトムはドラマティックなワイドシルエットを選択。

[Domani5月号 130ページ] プルオーバー[Domaniコラボ]¥9,800(グランカスケードインク〈グー コミューン〉) パンツ¥18,000(アクアガール丸の内〈アクアガール〉) 帽子¥21,000(CA4LA ショールーム〈CA4LA〉) ピアス¥40,000(KAORU 伊勢丹新宿本店〈KAORU〉) ブレスレット¥8,000(ジューシーロック〈JUICY ROCK Original〉) 〝アロン〟のバッグ¥32,000・〝ネブローニ〟の靴¥42,000(フラッパーズ)

【2】白ジャケット×白タンクトップ×ピンクワイドパンツ

【2】白ジャケット×白タンクトップ×ピンクワイドパンツ

ジャケットを着ていても、体を鍛えているような健康的でポジティブなイメージを与えるのがスポーツミックスの魅力。適度な肌見せで軽やかに。

[Domani5月号 109ページ] ジャケット¥35,000(フラデリ) タンクトップ¥10,000(Theory) パンツ¥90,000(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉) バングル¥30,000(デューン〈アナザー フェザー〉) リング¥140,000(CADEAUX伊勢丹新宿店〈CADEAUX〉) バッグ¥42,000(UNIT&GUEST〈レベッカミンコフ〉) 靴¥5,500(CHARLES& KEITH)

【3】シルバーラメのニット×白ワイドパンツ

【3】シルバーラメのニット×白ワイドパンツ

ラメニットはこの春注目のトレンドアイテムのひとつ。老けて見えないためにも、×ホワイトでフレッシュな印象にまとめて。「無彩色」のルールの中で、シルバーのベルトやメッシュ素材のバッグなど、素材感の異なるアイテムを重ねるのもポイント。

[Domani5月号 55ページ] ニット¥16,000(ユナイテッドアローズ アトレ恵比寿 ウィメンズストア〈ユナイテッドアローズ〉) パンツ¥33,000(ゲストリスト〈ラシュモン〉) 〝ハリス〟のベルト¥17,000・〝ドラゴン〟のバッグ¥59,000(ハリス代官山店) 靴¥21,000(ダイアナ 銀座本店〈タラントン by ダイアナ〉)

【4】緑ジャケット×白プルオーバー×グレーパンツ

【4】緑ジャケット×白プルオーバー×グレーパンツ

不思議とまとまるのは反対色だからこそ!グリーン×レッドのハンサムカラーリング。反対色同士を合わせるなら、色の分量にもメリハリをつけるのがポイント。マニッシュなグリーンのリネンジャケットに、イヤリングとスカーフで「小さな赤」を効かせるくらいのバランスで。

[Domani5月号 53ページ] ジャケット¥50,000(シック〈ザ ダラス〉) イヤリング¥9,000(ビジューラウンジ 新宿髙島屋店〈ビジューラウンジ〉) スカーフ¥7,800(フラッパーズ〈マニプリ〉) プルオーバー¥23,000(デミルクス ビームス 新宿〈エリン〉) パンツ¥20,000(Theory) バッグ¥25,000(ADINA MUSE SHIBUYA〈アディナ ミューズ〉) 靴¥46,000(ハリス代官山店〈ソロヴェール〉)

【5】黒ブラウス×花柄ワイドパンツ×緑パンプス

【5】黒ブラウス×花柄ワイドパンツ×緑パンプス

柄ビギナーも気負わずはける控えめボタニカルを投入。ハーブの花のような繊細なモチーフをグレイッシュな色でプリント。優しげな柄使いのパンツは、ボトルネックのブラウスですっきりと仕上げるのが正解。グリーンのシューズで足元だけ色を加えて、ボトムの柄をさりげなく際立てて。

[Domani8月号 69ページ] パンツ¥16,000(マイストラーダ〈マイストラーダ〉) ブラウス¥18,000(UN3D.) 手に持ったカーディガン¥32,000(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉) ベルト¥8,800(LOUNIE〈ルーニィ〉) ピアス¥38,000(エナソルーナ神宮前本店) バングル¥23,000(コロネット〈エリザベス アンド ジェームス〉) リング¥12,000(セシル・エ・ジャンヌ伊勢丹新宿店〈セシル・エ・ジャンヌ〉) バッグ¥129,000(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店〈ザンケッティー〉) 靴¥27,000(ゼア ニュウマン新宿店〈ファビオ ルスコーニ〉)

【6】ノースリーブ白ニット×グレーデニムパンツ

【6】ノースリーブ白ニット×グレーデニムパンツ

グレーデニムを白と合わせて上品なムードに。デニムのラフな印象を、白で知的に仕上げたスタイル。バッグはあえてネイビーをセレクト。黒ではない通な選択が、おしゃれ上級者の貫禄をアピールする。

[Domani8月号 56ページ] ニット¥27,000(Theory luxe) パンツ¥29,000(サザビーリーグ〈カレント エリオット〉) リング[7連]¥37,000(H.P.FRANCE〈IOSSELLIANI〉) バングル[ゴールド]¥8,000・[シルバー]¥5,250(アビステ) ストール¥10,000(ショールームセッション〈ne Quittez pas〉) バッグ¥129,000(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉) 靴¥43,000(フレームワーク ルミネ新宿店〈バルダン〉)

【7】ボーダーTシャツ×デニムパンツ×ピンクサンダル

【7】ボーダーTシャツ×デニムパンツ×ピンクサンダル

スリムデニムできりっと受け止めた街仕様の休日ボーダースタイル。デニムにボーダーのオーセンティックな着こなしはカラー選びがモノを言う。ホットピンクの華奢サンダルが生む女っぷりもいいムード。

[Domani8月号 47ページ] Tシャツ¥6,300(セント ジェームス代官山店〈セント ジェームス〉) パンツ¥29,000(ANAYI〈Notify for ANAYI〉) 眼鏡¥28,000(ミラリ ジャパン〈プラダ〉) ネックレス¥75,000・ブレスレット¥123,000(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉) ベルト¥22,000(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店〈メゾン ボネ〉) バッグ¥35,000(フィガロ パリ 東京ミッドタウン店〈フリン〉) 靴¥29,000(ベイジュ〈PIPPICHIC〉)

【8】ノースリーブ青ニット×ストライプワイドパンツ

【8】ノースリーブ青ニット×ストライプワイドパンツ

ブルーと白とストライプ…青空に負けない爽快感は最高!ストライプ柄のワイドクロップドは、トップスを同色でまとめて夏らしさを際立たせて。楽ちんな足元で抜けをつくれば、ほんのりモードに仕上がって。

[Domani8月号 44ページ] ベルト付きパンツ¥12,037・ニット¥7,315(バナナ・リパブリック) ピアス¥28,000(プラージュ 代官山店〈クォーリー〉) 時計¥40,000(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店〈ラーソンアンドジェニングス〉) バッグ¥46,000・キーリング¥14,000(FURLA JAPAN〈FURLA〉) 靴¥39,000(ベイジュ〈PIPPICHIC〉)

【9】白シャツ×黄色ワイドパンツ×パンプス

【9】白シャツ×黄色ワイドパンツ×パンプス

印象深い濃密なイエローはワイドパンツでキレよく投入。白シャツを合わせたシンプルかつクリーンな装いに、こっくりとしたイエローが一段と際立って。斜めに入ったタックがお腹周りのカバーに◎という、スタイルアップに効くデザインも見逃せない。

[Domani8月号 35ページ] パンツ¥7,990(YECCA VECCA 新宿〈YECCA VECCA〉) シャツ¥19,000(アンタイトル エッセンシャルクルー) チョーカー¥42,000(ショールーム セッション〈マリア ブラック〉) バッグ¥59,000(ハリス代官山店〈ドラゴン〉) 靴¥28,000(銀座ワシントン銀座本店〈ファビオ ルスコーニ ペル ワシントン〉)

【10】ネイビーブラウス×オレンジワイドパンツ×サンダル

【10】ネイビーブラウス×赤ワイドパンツ×サンダル

オレンジ×ネイビーの強めのコントラストが今季らしい。オレンジのタックパンツは、活き活きと働く女性を象徴するアクティブなアイテム。お互いの色を引き立て合う配色で、小気味のいいお仕事スタイルに。

[Domani8月号 26ページ] パンツ¥39,000(ストラスブルゴ〈ハイアリン〉) ブラウス¥17,000(アルアバイル〈ルル・ウィルビー〉) ピアス¥1,590(KOE 自由が丘店〈KOE〉) バッグ¥49,000(ケイト・スペード ジャパン〈ケイト・スペード ニューヨーク〉) 靴¥23,000(モード・エ・ジャコモ〈メダ〉)

大人かっこいい夏コーデ

【1】カーキカットソー×赤ワイドパンツ

【1】カーキカットソー×赤ワイドパンツ

深みのある赤、ウエストのゴールドボタン、きちんと感漂うポリエステルウール、計算されたワイドシルエット…。女らしくはけるツボが満載の赤いパンツ。一見、難易度の高いアイテムだけど、オーラのある大人の女なら大丈夫!色あせたようなカーキのリブカットソーで気負いなく着こなすのがかっこいい。

[Domani5月号 65ページ] カットソー¥12,000(ウィム ガゼット 丸の内店〈アール ジュビリー〉) パンツ¥23,000(アルアバイル) ピアス¥68,000(ショールーム セッション〈ヒロタカ〉) バッグ[小]¥111,000・[大]¥162,000・大きいバッグに付けたキーチャーム¥29,000・靴¥83,000(クリスチャン ルブタン ジャパン〈クリスチャン ルブタン〉) ストール¥11,000(フラッパーズ〈マニプリ〉)

【2】白レースブラウス×ピンクワイドパンツ

【2】白レースブラウス×ピンクワイドパンツ

軽やかなレースブラウスに対して、ハリ感のあるワイドパンツでボリュームをつけて。素材のメリハリで印象が引き締まり、品のよさも生まれる。

[Domani5月号 61ページ] パンツ¥29,000(アクアガール丸の内〈カオン〉) ブラウス¥48,000(ビリティス〈ビリティス・ディセッタン〉) カーディガン¥54,000(ドゥロワー 丸の内〈ドゥロワー〉) リング¥70,000(アイワ〈カラットアー〉) バングル¥88,000(ショールーム セッション〈Hirotaka〉) バッグ¥34,000(TOMORROWLAND〈CULT GAIA〉) 靴¥21,000(ANAYI〈ANAYI〉)

【3】ストライプブラウス×ベージュタイトスカート

【3】ストライプブラウス×ベージュタイトスカート

シャープな持ち味のストライプにバルーンスリーブで甘さを添えた華やぎトップス。パンツ派でも取り入れやすい長め丈のタイトスカートで、通勤シーンをよりカッコよく、女らしく! 

[Domani4月号 131ページ] Domaniコラボのブラウス¥16,000・同スカート¥16,000(デミルクス ビームス 新宿〈デミルクス ビームス〉) 時計¥17,000(Jouete) バッグ¥35,000(ショールーム セッション〈ポティオール〉) 靴¥52,000(アマン〈ペリーコ〉)

【4】白ジャケット×ピンクベージュTシャツ×白パンツ

【4】白ジャケット×ピンクベージュTシャツ×白パンツ

白のセットアップはインナーの淡いピンクベージュで優しさをプラスして。よーく見ないとわからない程度の色の微差が、〝わかっている人のおしゃれ〟を演出してくれる。

[Domani8月号 55ページ] ジャケット¥13,000・パンツ¥7,990(PLST) Tシャツ¥9,000(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店〈ドゥーズィエムクラス〉) ピアス¥18,000(エーピー ストゥディオ ニュウマン シンジュク〈ジェニファー フィッシャー〉) 時計[本体]¥15,000・[ストラップ]¥4,000(メーカーズ ウォッチノット) バッグ¥56,000(FURLA JAPAN〈FURLA〉) 靴¥18,000(カリテ スケープ コレド日本橋店〈ラオコンテ〉)

【5】白Tシャツ×デニムジャケット×ピンクプリーツスカート

【5】白Tシャツ×デニムジャケット×ピンクプリーツスカート

甘さよりもカッコよさを意識したいスカートの着こなしに、白Tが欠かせない。

[Domani7月号 126ページ] Tシャツ[白黒2枚セット]¥9,000(スタニングルアー 青山店〈スタニングルアー〉) スカート¥15,000(TONAL) ネックレス¥38,000(クーゲ自由が丘本店〈クーゲ〉) Gジャン¥4,550(ベルシュカ・ジャパン カスタマーサービス〈ベルシュカ〉) リュック¥6,800(アウトドアプロダクツカスタマーセンター〈アウトドアプロダクツ〉) サングラス¥23,000(ミラリ ジャパン〈レイバン〉) 靴¥7,778(マミアン本店 カスタマーサポート〈マミアン〉)

【6】白ジャケット×赤キャミソール×デニムパンツ

【6】白ジャケット×赤キャミソール×デニムパンツ

白ジャケットやシルバーサンダルなど、あえてリッチなアイテムとワイルドな印象のカットオフデニムを駆け引き。絶妙なギャップが生まれ、上級者感の香る着こなしに。タフでメンズライク、デニムらしいデニムが好きな人におすすめなのがこちらの〝リダン〟。リーバイス社から公式に〝リーバイス〟のヴィンテージデニムの加工を認められている唯一のブランドで、ヴィンテージデニムの個性を生かしながら、一本一本手作業で縫製しているので、ひとつとして同じデニムが存在しないのが魅力。さすが、色の落ち方やすその切りっぱなし感に味わいがあってかっこいい。太もも回りにゆとりをもたせた、さりげないテーパードシルエットも今の気分。

[Domani6月号 38ページ] デニム¥45,000(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店〈リダン〉) ジャケット¥73,000(シップス アトレ恵比寿店〈エリン〉) キャミソール¥8,000(ロンハーマン) イヤーカフ[片耳価格]¥16,000・チョーカー¥42,000(ショールーム セッション〈MARIA BLACK〉) 靴¥129,000(SIXIÈME GINZA〈Proenza Schouler〉) バッグ/スタイリスト私物

大人デートにおすすめの夏コーデ

【1】ラベンダープルオーバー×デニムパンツのドライブデートコーデ

【1】ラベンダープルオーバー×デニムパンツのドライブデートコーデ

いつものデニムを新鮮に見せるラベンダーの魔法がふたりを笑顔に。ニュアンスのあるカットソー生地と、背中部分がレースアップになった技ありデザインが、助手席に座る姿を華やかに演出。合わせるデニムは、色落ちの少ないものをセレクトするのが、安っぽく見えず、清潔感も保つ秘訣。

[Domani5月号 51ページ] プルオーバー¥29,000(ショールーム セッション〈SAYAKA DAVIS〉) パンツ¥13,000(ゲストリスト〈ヘルシー〉) イヤリング¥25,000(H.P.FRANCE〈IOSSELLIANI〉) バッグ¥165,000(クリスチャン ルブタン ジャパン〈クリスチャン ルブタン〉)[メンズ分]ニット¥28,000(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉) パンツ¥12,000(リー・ジャパン〈リー〉) サングラス¥59,000(ロンハーマン〈ギャレット レイト〉) 時計¥90,000(栄光時計〈サントノーレ〉)

【2】半袖白カットソー×ベリー柄スカートの週末デートコーデ

【2】半袖白カットソー×ベリー柄スカートの週末デートコーデ

夏のデートスタイルはブルーで涼やか美人を狙って。女性らしいミディ丈のスカートは、週末のデートに最適な一枚。爽やかなブルー系のベリー柄なら、真夏でも清涼感満点。シルバーの足元でクールに決めて。

[Domani8月号 70ページ] スカート¥22,000(インターリブ〈サクラ〉) カットソー¥5,800(FRAY I.D ルミネ新宿2店〈FRAY I.D〉) ピアス¥20,000(エル・エー・エイチ・ヴァンドーム青山 有楽町マルイ店〈エル・エー・エイチ・ヴァンドーム青山〉) バングル¥16,000(essence of ANAYI〈PHILIPPE AUDIBERT〉) リング¥8,000(ヴイエー ヴァンドーム青山 有楽町マルイ店〈ヴイエー ヴァンドーム青山〉) バッグ¥195,000(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉) 靴¥22,000(ゼア ニュウマン新宿店〈ファビオ ルスコーニ〉)

【3】ボタニカル柄ブラウス×デニムパンツ

【3】ボタニカル柄ブラウス×デニムパンツ

オフショルダーブラウスをラフな休日デニムで満喫。人気継続のオフショルダーブラウスこそ、夏はボタニカル柄を選んで、周囲と差をつけるのがおすすめ。白い肌にも、焼けた肌にも合うチョコレートブラウンの一枚には、明るめのウオッシュドデニムがマッチ。

[Domani8月号 70ページ] ブラウス¥13,000(イトキン カスタマーサービス〈MK ミッシェルクラン〉) パンツ¥18,500(ELENDEEK) ピアス¥21,000(コロネット〈エリザベス アンド ジェームス〉) バングル¥90,000(スタージュエリー表参道店〈スタージュエリー〉) ブレスレット¥42,000・リング¥130,000(エナソルーナ神宮前本店) バッグ¥37,000(FUN Inc.〈BELLMER〉)

【4】ノースリーブ黒トップス×花柄フレアスカート

【4】ノースリーブ黒トップス×花柄フレアスカート

大胆な花柄もアイボリーベースで上品かつエレガントに。大ぶりな花のパターンを刺しゅうで配したスカート。清潔感のあるアイボリーベースが上品な印象の一枚は、模様編みを施したニットのトップスをコーディネート。モノトーンで色を抑えた分、存在感のあるテクスチャーでスカートとメリハリをつけて印象的に。

[Domani8月号 68ページ] スカート¥28,000(マイストラーダ〈マイストラーダ〉) トップス¥13,000(エミ ニュウマン新宿店〈エミ アトリエ〉) ピアス¥6,000(ヴァンドームヤマダ〈ロバート リー モーリス〉) 〝ケイト〟のサングラス¥43,000・〝ガブリエラ アーティガス〟のバングル¥34,000(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店) リング¥380,000(エナソルーナ神宮前本店) バッグ¥14,000(ef-dé)

【5】水色ブラウス×ネイビーフレアスカート

【5】水色ブラウス×ネイビーフレアスカート

大胆な肌見せのシャツブラウスだって長め丈スカートなら上品な佇まいに。この夏も人気のオフショルダートップス。デコルテをのぞかせる日は、長めボトムで脚見せ度を抑えるのが大人のたしなみ。前後差スカートなら軽やかで上品、しなやかなデートスタイルに仕上がって。

[Domani7月号 125ページ] スカート[セットアップ価格]¥13,000(PLST) ブラウス¥15,000(ベガ) ネックレス¥28,000(クーゲ自由が丘本店〈クーゲ〉)バッグ¥22,000(ティースクエア プレスルーム〈モダルー〉)

【6】ベージュニット×ピンクスカートの休日デートコーデ

【6】ベージュニット×ピンクスカートの休日デートコーデ

きれい色スカートを主役に、休日の知的デートならではのレディな装い。

[Domani6月号 104ページ] スカート¥16,000(ロペ〈ロペ〉) ニット¥21,000(エーピー ストゥディオ ニュウマン シンジュク〈エーピー ストゥディオ〉) スカーフ¥8,800(アングローバルショップ 表参道〈マニプリ〉) ピアス¥52,000・時計¥100,000(ヴァンドーム青山プルミエール 伊勢丹新宿店〈ヴァンドーム青山〉)バッグ¥154,000(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉)靴¥18,000(メゾン イエナ〈マニュアル ヴェラ〉)

【7】ベージュブラウス×ベージュパンツのレストランデートコーデ

【7】ベージュブラウス×ベージュパンツのレストランデートコーデ

質感も色味もドライなベージュのセットアップは、デコルテを美しく見せてくれるオフショルダーデザイン。だけど首元にはあえて何も足さない。そんな潔い着こなしだからこそ、彩り豊かな天然石とクリアビジューのピアスの輝きがいっそう増すもの。

[Domani6月号 84ページ] ブラウス¥17,000・パンツ¥19,000(アンタイトル) ピアス¥10,500(ロウェル シングス ルミネ新宿店〈ラダ〉) バングル¥8,500(ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店〈ココシュニック オンキッチュ〉) バッグ¥42,000(アマン〈ペリーコ〉) 靴¥27,000(ファビオ ルスコーニ 六本木店〈ファビオ ルスコーニ〉)

【8】テラコッタブラウス×テラコッタスカート

【8】テラコッタブラウス×テラコッタスカート

甘い印象のフレアスカートも、セットアップなら気負いなく着こなせる。温かみのあるテラコッタには、ゴールドピアスできらめきを。

[Domani6月号 84ページ] ブラウス¥19,000・スカート¥22,000(エストネーション〈エストネーション〉) ピアス¥1,200(センスオブプレイス バイ アーバンリサーチ キュープラザ原宿店〈センスオブプレイス〉) 〝VONDEL〟のスカーフ¥15,000・〝BELLMER〟のバッグ¥43,000(FUN Inc.) バングル¥38,000(イロンデール・エムカ〈イロンデール エ ぺパン〉) 【男性分】ジャケット¥83,000・シャツ¥26,000・パンツ¥42,000・ネクタイ¥16,000・ベルト¥19,000(アングローバル〈マーガレット・ハウエル〉)

【9】白ブラウス×デニムパンツのお部屋デートコーデ

【9】白ブラウス×デニムパンツのお部屋デートコーデ

ややハイウエスト、ややゆとりのあるセミストレートが、ソファに座ったり床にゴロンとしたりするお部屋デートにもちょうどいい。白T感覚でラフに着たレースブラウスで、ナチュラルな女らしさも添えて。

[Domani6月号 52ページ] パンツ¥28,000(FUN Inc.〈VONDEL〉) ブラウス¥42,000(東レ・ディプロモード〈ナインティーン セブンティ〉) キャミソール¥5,800(ホリデイ〈HOLIDAY〉) ピアス¥3,000(アビステ) 男性/スエットトップス¥15,000・パンツ¥18,000(リーバイ・ストラウス ジャパン〈リーバイス(R) メイド アンド クラフテッド(R)〉) Tシャツ¥9,000(エージー ジャパン〈AG〉)

【10】ロングカーディガン×白パンツのカジュアルデートコーデ

【10】ロングカーディガン×白パンツのカジュアルデートコーデ

白・ピンク・ベージュのまろやかトリコロールが、表情までも穏やかに見せてくれる。色香を潜めたデコルテと少しやんちゃな足元。こんなミックス方法も、アクティブなデニムデートの日だからこそ楽しめる。

[Domani6月号 51ページ] 〝ヘルシー〟のパンツ¥14,000・〝メゾン・ボワネ〟のブレスレット¥16,800(アルアバイル) カーディガン¥27,000(カリテ スケープ コレド日本橋店〈カリテ〉) キャミソール¥5,500(アストラット 青山店〈アストラット〉) サングラス¥33,000(オリバーピープルズ 東京ギャラリー〈オリバーピープルズ〉) ピアス¥20,000(TOMORROWLAND〈FAY ANDRADA〉) バッグ¥103,000(トッズ・ジャパン〈トッズ〉) 靴¥8,000(コンバースインフォメーションセンター〈コンバース〉)


Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事