Domani

働くアラフォー、仕事もおしゃれも、楽して楽しく!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • search
 

FASHIONそこは“おしゃれプロに聞け!”

2018.06.22

さすが!おしゃれプロの“神”ベージュコーデが見たい!

ベージュのグラデーション配色を上手に着たいけれど、老けて見えたり地味になってしまったり…ベーシックだけど難易度の高い、〝ベージュっぽい〟装いを素敵に見せる方法をおしゃれのプロに聞きました!

Tags:

おしゃれプロの〝ベージュ〟スタイルを分析!

「地味に見える」「肌がくすんで見える」「コンサバで古臭く見える」悩みがつきないベージュの同系色スタイル。小物で配色でシルエットで…おしゃれプロのリアルクローズから、上手に着こなすポイントを探ります!

おしゃれプロはどうしてる?
バッグまでニュアンスカラーでグラデーション度を高めていた!


スタイリスト・望月律子さん
仕立てのいい〝ファクトリエ〟のシャツにかっちりフォルムのバッグを合わせた、キレイめベージュスタイル。バッグも柔和な色でまとめるグラデーションのおかげで、堅く見えません。優しげで程よく力の抜けた装い、真似したい!

おしゃれプロはどうしてる?
ゆるフォルムのアイテムで今っぽい抜け感を演出していた!


ミューズ ドゥ ドゥーズィエムクラス ショップスタッフ・伊吹なな子さん
〝ドゥーズィエム クラス〟のざっくりニットとニットスカートをセットアップ風に合わせたベージュワントーンスタイルは、ゆるっとリラクシーなシルエットがポイント。ベージュのコンサバ感が軽減されて、今っぽさが漂います。

おしゃれプロはどうしてる?
スエードの素材感を取り入れて、装いにメリハリをつけていた!


スタイリスト・難波洋子さん
素材で着こなしに奥行きを出すのも、ベージュを単調に見せないテクニック。〝ドゥロワー〟のロングシャツ&〝BEIGE,〟のワイドパンツで、スエードの素材感をW投入して、カットソーやカゴバッグでおしゃれにテクスチャーMIX♪

おしゃれプロはどうしてる?
白をちょっぴり効かせて、トーンアップを図っていた!


イレーヴ PR・佐藤恵里さん
オフベージュのブルゾンの下に着た白T、軽やかなプリーツスカートからのぞく白スニーカー。〝イレーヴ〟のベージュアイテムに組み込んだ白が全身の軽やかさを後押し。ベージュでまとめた着こなしには、白が最高のアクセントに。


Theory PR・髙原直子さん
ナチュラルな素材感の〝Theory〟のニットとチノパンに、ブラウン小物を合わせた着こなし。彼女が手にしているジャケットが、実は名脇役。白がベージュやブラウンを明るく見せて、装いのクリーンさをぐんと上げているんです。

おしゃれプロはどうしてる?
アースカラーを組み合わせて、ナチュラルな旬配色にしていた!


ウィム ガゼット PR・畑中由香さん
〝ウィム ガゼット〟のステンカラーコート&ロングスカートのドライな印象のライトベージュに合わせたのは、カーキのワッフルカットソー。ナチュラルなサファリカラーリングが、ベージュ姿をより今っぽく魅せてくれる。


ファッションエディター・吉川 歩さん
ベージュトーンの着こなしに、〝フレームワーク〟のニットカーディガンでブラウンをプラス。さりげなくメリハリをつけながら、品のいい落ち着きが感じられる装いに。インナーの白タンクトップやパイソン柄のベルトも効いてます。

Domani2018年5月号『いつも〝ベージュっぽい人〟が誰よりおしゃれ』より
本誌撮影時スタッフ:撮影/中田陽子(maettico/スナップ分)、三宮幹史(モデル分)、坂根綾子(静物) スタイリスト/城長さくら(kind) ヘア&メーク/森野友香子(Perle Management) モデル/入夏 写真協力/gettyimages 構成/旧井菜月


Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事