予算10万円で何買った!?スタイリストとお買い物作戦!~伊藤忠×Domani「働く服改革」プロジェクトvol.14~ | Domani

Domani

働くアラフォー、仕事もおしゃれも、楽して楽しく!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

WOMEN美しい女性には美しい物語がある。

2018.07.04

予算10万円で何買った!?スタイリストとお買い物作戦!~伊藤忠×Domani「働く服改革」プロジェクトvol.14~

“水曜・金曜は脱スーツ・デー”。働く服のカジュアル化という新しい形で、働き方改革に取り組む「伊藤忠商事」と、“働く女性をラクに楽しく!”をモットーに、アラフォー世代のファッションを提案する「Domani」が、初タッグ! 「働く服」の自由化を目指して、今の時代に合ったワーキングファッションを考える、コラボプロジェクトを立ち上げました。働く服のカジュアル化に悩む伊藤忠女性社員に向けて、「実際に何を着ればいいの?」という疑問に対して、リアルなお買い物でソリューション。その一部始終をお届けします。

Tags:

自由になった分、意外と「何を着たらいいのかわからない」という新しい悩みが生まれるようになった女性社員もいるという、伊藤忠商事の『脱スーツ・デー』の取り組み。このカジュアル通勤マストな日に向けて、実際にどんなアイテムを買えばいいか。Domaniでも人気のスタイリスト・城長さくらさんをアドバイザーに迎え、予算10万円しばりで、実際にお買い物に行ってみました。

関連記事:カジュアル通勤迷子のための、スタイリストの買い物指南

▲平日はワンピースが多いという久田さん。デニムに合うトップスを物色中。

▲スタイリスト・城長さんのアドバイスも真剣。普段はスルーしているアイテムもいろいろとトライしてみました。

▲これからの季節に向けて、カジュアルスタイルを仕上げるアクセサリーも探しました。

久田さん「ユナイテッドアローズ 丸の内店には、普段からときどき買い物に来ますが、自分の好みのアイテムだけを見ていたような気がします。今回、スタイリストさんと一緒にお買い物をすることで、いつもは見逃していた、目新しいアイテムにも目が行くようになりました。誰かと一緒に買い物をするって、自分では気がつかない発見があって、いいものですね」

スタイリスト厳選!久田さんが予算10万円で選んだアイテムはこちら!

手持ち服と合わせることを考えながら、厳選した5つのアイテム。少し甘めなアイテムが多かった久田さんのワードローブに新しい風を吹き込むアイテムばかり。早速、ひとつひとつのアイテムをチェックしていきましょう!

1:ストライプのVネックブラウス

▲ブラウス¥12,800(ユナイテッドアローズ丸の内店<ユナイテッドアローズ>)

「太めのストライプがかなりシャープな印象だったので、似合わないと思った」と言っていた久田さんでしたが、試着してみると意外にもしっくり。こちらは落ち感のあるポリエステルサテンジョーゼット素材を使用しているため、エアリーな軽さと上品な光沢感が魅力的。久田さんの手持ちのフェミニンアイテムにも幅広く合わせられそう。

2:ハイゲージのロングカーディガン

▲カーディガン¥15,000(ユナイテッドアローズ丸の内店<ユナイテッドアローズ>)

薄手のしなやかな風合いや軽い着心地で、長い季節に渡って重宝しそうなロングカーデ。「こういう丈感の変わったアイテムはスルーしてきた」という久田さんに「いつものデニムスタイルでも、こういう丈の長いものを合わせるだけでグッと鮮度が上がりますよ」と、スタイリスト・城長さんが強く提案。着流し風のノーボタンのデザインなので、カジュアル過ぎず品よく着られます。

3:ピュアホワイトのリネンワイドパンツ

▲パンツ¥36,000(ユナイテッドアローズ 丸の内店<Gunn Johansson>)

「ワイドパンツは、以前挑戦してみようと思って試着したけれど、似合わない気がして、それ以来、手に取ってこなかった」という久田さん。「絶対似合うワイドはあるはず!」と城長さんの熱烈なプッシュで、いろいろなタイプを試着して辿り着いた1枚。清涼感あるナチュラルな風合いと爽やかなホワイトで、春夏にぴったり。大きなポケットや太めのベルトループがアクセントとして効いています。

4:チュール地のドットバレエシューズ

▲靴¥18,000(ユナイテッドアローズ 丸の内店<ユナイテッドアローズ>)

フラットシューズを普段から履くことが多いという久田さん。「ドット柄と、透けている素材感が新鮮で、すごく気に入りました」と語るように、普段の着こなしにもはまりそうなアイテム。素肌が見えるところが上品でありながらも、ドット使いはとてもカジュアル。城長さんも「通勤でデニムを履くとき、当たり前のようにキレイめのパンプスなどを合わせがちですが、こういう抜け感のある靴を合わせると、グッとこなれ感が出ます」と城長さんもイチ推し。

5:ボリューム感のあるゴールドバングル

▲ブレスレット¥11,500(ユナイテッドアローズ 丸の内店<SOKO>)

日頃はあまりバングルをしないという久田さん。しかし城長さんは、「これからの季節、トップスが薄着になってくると、例えばボトムをデニムにしたときに、会社に行けるようなきれいめ感を出すのがだんだん難しくなってきます。そこで、こういうボリュームがありつつ上品なカフをひとつ足すだけで、ぐっと外向きのコーディネートになりますよ」と指摘。曲線がエレガントで存在感があり、手元に涼やかさと抜け感をプラスしてくれるアイテム。

以上、5点で合計¥92,500(税込¥99,990)でした!

 

それではいよいよ、買ったアイテムで変身した久田さんのビフォーアフターをご紹介!

こちらが、お買い物前のビフォースタイル。

久田尚子さん(44歳/情報・金融カンパニー 情報・金融経営企画部)

スタイル1:ストライプブラウス×ロングカーディガンで大人のデニムスタイルに!

手持ちのデニムをベースに、ポイントとなるロンドンストライプのブラウスと、トリミング効果=着やせ効果もあるロングカーディガンを合わせて、上品カジュアルに変身。「最初は、素敵だけど私に合うのかな、と思って不安でしたが、着てみると意外にもしっくり。新しい自分を発見できました」と驚きを隠せない久田さん。スタイリスト・城長さんの着こなしのポイントとしては、「ストライプの印象と、カーディガンのトリミング効果で縦長に見えるので、フラットシューズでもスタイルアップして見えますよ」。

スタイル2:ホワイトリネンパンツで都会的マリンスタイル!

手持ちのネイビーのレースブラウスを活かしたコーディネート。新しくゲットしたワイドパンツは、トップスとの色のコントラストで、グッと大人っぽい雰囲気に。久田さんのもつフェミニンな雰囲気を残しつつ、少しカジュアルさとクールさを足したことで、今っぽさが増しました。こちらの着こなしのポイントは「リネンのワイドパンツはきれいめな印象は残しつつ、カジュアルさも併せ持った、まさに『脱スーツ・デー』にピッタリのボトム。夏場はTシャツとあわせても素敵に仕上がります」。

 

「脱スーツ・デー」が、40代のファッションの思い込みを打ち壊した

今回のお買い物企画を通して、「自分にはこういうものは似合わない、という思い込みで、型にはめていたことに気づかされました。40代になっても、新しいスタイルに挑戦することは必要ですし、世界を広げてくれますね。ファッション以外にも、決まったことしかしないのではなく、まだまだ新しいことに挑戦したくなりました」とは久田さんの感想。『脱スーツ・デー』のためのお買い物が、生き方にも影響を与えたということで、喜ばしい限り。

「脱スーツ・デー」は、そんな働くアラフォー女性の“生きやすさ”につながる、小さいけれど有効なアクションなのかもしれません。

 

画像ALT

同行したのは…スタイリスト

城長さくら

kind所属。望月律子氏に師事した後、独立。シンプルでベーシックな服を活かして、大人っぽく上品に見せるスタイリングが得意で、Domaniほか、さまざまなファッション誌で活躍中。


Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事