【ケイトVSモテライナー】1,500円以下のアイライナーの実力を徹底チェック! | Domani

Domani

働くアラフォー、仕事もおしゃれも、楽して楽しく!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

BEAUTYNO痛!アラフォーメークのおきて

2018.07.29

【ケイトVSモテライナー】1,500円以下のアイライナーの実力を徹底チェック!

目元の印象が大きく変わるアイライン。人気のプチプラ2ブランドのアイライナーを徹底チェックしてみました!

【アイライナー】

(右)カネボウ化粧品 ケイト アイシルエット マーカー BK-1

まつげのスキマを埋める発想で生まれた、筆ペンタイプのライナー。¥1,000(編集部調べ)

(左)フローフシ モテライナー リキッド ブラウン

職人技で生まれた「大和匠筆」が絶妙な描き心地。「エンドミネラル」で目元ケアも。¥1,500

【ペン先】


(右・ケイト)適度なやわらかさをもつクッションペン。ブレずに描けてラインが安定する。
(左・モテライナー)筆ペンのようなペン先でしなやかなラインが描ける。コシがあり、目尻の処理も簡単。

【液】


(右・ケイト)薄墨のような黒のリキッドライン。透け感があり、肌になじむので大人でも使いやすい。
(左・モテライナー)肌なじみのいいブラウンで、自然に目を大きく見せてくれる。液もサラッとしている。

【描き心地】※人工皮膚に描いて検証


(右・ケイト)リキッドでありながら弾力のあるペン先で、自在に引ける。細かい部分の埋めもラクちん。
(左・モテライナー)まるで筆で文字を書くような感覚で描けるので、苦手な人でも使いやすい。

【擦れへの耐性】※人工皮膚に描き、30秒乾かしたあと、綿棒で一度擦り観察

(右・ケイト)擦れにはびくともせず、完璧なラインを維持。乾くのも速く、にじみにくい。
(左・モテライナー)擦れでのくずれはなし。乾きも速く、にじんだりよれたりもしなかった。

【水への耐性】※人工皮膚に描き、30秒乾かしたあと、水を1滴落とし観察


(右・ケイト)水の影響は特になし。描きたてのキレイな仕上がりがキープされている。
(左・モテライナー)水の影響は特になし。ラインはキレイなまま、にじみもくずれも出ず。

【油への耐性】※人工皮膚に描き、30秒乾かしたあと、油を1滴落とし観察


(右・ケイト)大きくくずれないものの、やや輪郭にぼけが生じた。メーク直しでのチェックが必要。
(左・モテライナー)油を垂らしても、もとのままのラインをキープ! 真夏でも安心の全方位プルーフ。

【オフ具合】※人工皮膚に描き、30秒乾かしたあと、オイルをなじませて観察


(右・ケイト)なじませたあとでも少しメーク残りが。ポイントオフ用のアイテムを使うとスムーズにできそう。
(左・モテライナー)さすがのキープ力だけに、オイルではスムーズにオフできず。ポイントオフ用で事前に落としたい。

【総評】

(ケイト)まつげの間まで完璧に埋める、大人のためのブラックライン

大人になると苦手になる黒のラインを、自然になじませる絶妙な色合いが◎。フェルトのようなブラシで、抜群の描きやすさも心強い。

(モテライナー)描き心地も落ちにくさも両立し、デイリーユース向き

水や油に強く、擦ってもにじみにくいという、これからの季節にうれしい処方。赤茶のブラウンが、自然に目元を立体的に見せてくれる。

Domani2018年7月号『UNDER¥2,000! いい女のためのBESTメークコスメ』より
本誌撮影時スタッフ:撮影/金野圭介(静物)、内山功史(人物) ヘア&メーク/室橋佑紀(ROI) スタイリスト/シダテルミ 構成/山梨智子(本誌)

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事