スタイリスト・安西こずえさんがハワイ旅行に持っていくもの拝見! | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

FASHIONそこは“おしゃれプロに聞け!”

2018.09.08

スタイリスト・安西こずえさんがハワイ旅行に持っていくもの拝見!

ふたり合わせると渡航回数60回超え! 今年のGWも偶然同じタイミングでハワイに行っていたスタイリストの亀 恭子さん、安西こずえさん。トランクの中身から現地での着こなしまで根掘り葉掘り!

Tags:

安西こずえさんの旅支度 in Hawaii

焼けた肌に似合う、ブラウンレンズ

「サングラスはどのバッグにもひとつ入れておくくらい必要なので、〝ジェイクルー〟や〝フリーズマート〟といったお手ごろなものをいくつか持っていきます。上品なブラウンレンズと相性のいい、べっ甲風やクリアフレームのデザインを選ぶことが多いですね」

街でもビーチでも使える、テロンとしたワイドパンツが便利

「とっても動きやすい〝アクネ ストゥディオズ〟のペイズリー柄パンツは、旅先に必ず持っていく一枚。〝LI HUA〟のボディスーツに合わせてアースカラーでまとめれば、パンチのある柄も大人っぽく着こなせます。〝スタウド〟のネットバッグをプラスして涼しげに!」

アクセサリーは、レザーとシルバーを重ねづけ

「ターコイズとシルバーのアクセを重ねて、手元もリゾートらしく。右手につけた〝エルメス〟のレザーブレスはハワイで買ったもの。〝ウィム ガゼット〟で見つけた右手のリングは、薄いターコイズの色が気に入っていて、東京でも毎日のようにつけています」

ルームウエアは〝ザラ ホーム〟のビーチコレクション

「部屋でくつろぐときは、肌触りのいい〝ザラ ホーム〟のペイズリー柄チュニックシャツを。さらりと一枚で着たり、レギンスと組み合わせたりしています。外では基本、水着かノースリーブですが、ホテル内は冷房が強めなので、ルームウエアだけは長めです」

セパレート水着は、ブランドMIXして着るのが好き

「水着はワードローブの一部なので、毎回たくさん持っていきます。トレンドのワンピースタイプは、レトロな雰囲気漂うスカラップデザインがお気に入り。セパレートタイプは、トップスとボトムをバラして、色やデザインを自分好みに組み合わせて着ています」

安西さんのシーン別ハワイスタイル

《AIRPLANE 機内》 肩落ちさせたカットソーから、カラーインナーをチラ見せ

「環境に配慮し、竹繊維でつくられたカットソーは〝ベースレンジ〟のもの。〝アラクス〟のインナーをアクセントに、ゆるりと着ています。シワ感のある〝ザ ニューハウス〟のパンツは、座りジワが気になる機内にちょうどいい! 全体をワントーンでまとめつつ、パジャマっぽくならないよう、バッグ&サンダルは〝エルメス〟で品よく」

《BEACH ビーチ》 ニュアンスカラーの水着を、ショートパンツでヘルシーに

「L.A.発の水着ブランド〝エルスペース〟のビキニは、くすんだ色味が大人っぽい。下のプチガイドでも紹介している、『Here.』で買った〝オール ザット リメインズ〟のタンクトップとショートパンツを合わせれば、街歩きにも使えます。ビーチには荷物をあまり持っていかないので、〝L.L.Bean〟のミニバッグで身軽にお出かけ!」

《RESTAURANT レストラン》 クラシカルな柄ワンピとつば広帽で楽しむ、大人のエレガンス

「〝mikomori〟の柄ワンピを着てディナーへ。きちんとした印象ですが、カットソー素材なので、実はとっても楽。スーツケースに入れてもシワがつきにくく、現地で洗濯もできる、頼れる旅ワンピなんです。ときには、〝ラ メゾン ド リリス〟の帽子や〝アレクサンドル・バーマン〟のファーサンダルを合わせた、女らしいスタイルを」

Domani2018年8月号『Stylist 亀 恭子&安西こずえ ハワイ通の旅ワードローブ』より
本誌撮影時スタッフ:撮影/嶋野 旭(人物)、坂根綾子(静物) ヘア&メーク/森野友香子(Perle management/亀さん分)、川村友子(安西さん分) 写真協力/アマナイメージズ 構成/木戸恵子

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事