それって手帳ベタにありがち!? 働く女性のお悩み「あるある」シーン、解決します! | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLEいつだって自分に"意識高い系"

2018.12.03

それって手帳ベタにありがち!? 働く女性のお悩み「あるある」シーン、解決します!

「いつも忙しくて自分の時間がない! 」「自分で立てた目標がまったく達成できない…」など、働く女性によくあるお悩みも手帳で解決できるんです! 今回も手帳ソムリエ・矢野さんにお話を伺いました!

Tags:

【働く女性のあるあるシーン1】「自分の時間が全然とれない〜」は手帳が解決してくれる!?


次々仕事が降ってきて、なかなか自分の仕事にたどり着けず残業ばっかり…! 矢野さんどうしたら良いですか!?

矢野さん「外出先や会議など他人との約束だけでなく、資料作成やデータ入力など、自分のための時間もあらかじ確保して、手帳に書き込んでしまいましょう! 手帳が空いているとつい、他の要件を入れてしまいがち。はなからブロックしておくのが手です」

自分の時間を確保するための時間術ワンツーステップ

【ステップ1】自分の行動を一度「棚卸し」してみる

矢野さん「自分の時間の使い方を振り返ることも大切です。ひとつの仕事を終えたら、どのくらい時間がかかったか、手帳に記録してみましょう。1週間くらい記録を続けてみると、自分の時間の使い方を客観的に見る事ができます。さほど重要でない仕事に時間をかけすぎていることに気づいたり、まとめて行った方が効率的な作業があったり、何か時短に繋がるヒントみたいなものが見えてくるかもしれません」

【ステップ2】「隙間リスト」の活用で雑用をどんどん消化!

矢野さん「隙間時間を利用してできるTo doリストをつくるのもおすすめ。急ぎじゃないけど、時間が空いたらやりたいことを箇条書きしましょう。『次の会議まで20分空いた』ときなど、リストを消化する絶好のチャンス。その他、ネットでの情報収集は通勤時間を活用したり、隙間時間を有効に使えます」

【働く女性のあるあるシーン2】「いつまで経っても目標が達成できない…」も手帳でクリア!


矢野さん「書くことで自分の気持ちが固まるのか、目標は書いた方が叶いやすいように思います! やらなきゃいけないことばかり書いた手帳は読んでいても辛いですよね。少しでも手帳をつけることが楽しくなるように、やりたいことも一緒に書き込みましょう」

【ステップ1】目標は目立つ場所に書いておく!

矢野さん「仕事や資格取得、ダイエットなど…。目標を立てたら手帳のよく開くページや目立つ場所に書いておきましょう。(目標を叶えるための計画の立て方は、「2019年は手帳を使って自分磨き!」の記事を参考に♡ )そうすることで意識が高まり、目標実現に近づけます」

【ステップ2】イメージビジュアルからもアプローチ!

矢野さん「『〇〇○へ旅行に行きたい』『ダイエットを成功させてモデルの〇〇○さんみたいになりたい』などの目標がある場合、イメージ写真を活用するのもおすすめ。雑誌などから切り抜いた写真を、目にしやすい表紙の内側部分などに貼り付けることで、モチベーションをキープさせてくれるだけでなく、挫折しそうなときの支えにもなってくれると思います」

【働く女性のあるあるシーン番外編 】「だんだん手帳を使わなくなってしまいます…」という〝そもそも問題〟は、どうすればいい!?

矢野さん「以前もお話ししましたが、いちばんの原因は自分に合わない手帳を使用していることです。それは『手帳振り返り診断』で解決していただくとして…(詳しくはこちら)。

その他、よく耳にするのは「きれいに書けないと途中で書くことを挫折してしまう」「立て込んでいてしばらく手帳を書けずにいたら、そのまま書く気持ちが削がれてしまった…」などの声です。その気持ちはわかります。ですが、せっかくご自身で選んだ手帳。とにかく書くことを習慣化し、手帳を使い続けてみてください」

手帳を挫折しないためのワンツーステップ

【ステップ1】「手帳に収める」を意識する!

矢野さん「手帳が続かないという方に、こんなケースもよくあるかと思います。電話をしながら予定をメモするとき、そのまま手帳に書くと汚い字になるから別の紙にメモをして、あとから手帳に清書しよう! …そういう経験はありませんか? 」

しょっちゅうあります! そしてそのまま清書することなくメモがどこかへ消えてしまって…(笑)

矢野さん「そういう方は付箋にメモするのがおすすめ。書いた付箋はそのまま放置せず、必ず手帳の中に入れておきましょう。手帳に直接書き込まないとしても、手帳に収めるという意識づけが大切です」

【ステップ2】「手帳タイム」をルーティン化しよう!

矢野さん「手帳に書くということを習慣化するため、書くタイミングを決めましょう。私は出社してPCを立ち上げている間を手帳タイムとし、今日やるべき事を手帳を見ながら整理しています」

働く女性の時間の使い方や目標を叶える方法なども、上手に手帳を活用すればうまくいきそう!! まずは手帳を書き続けられるよう、書くことを習慣化したいと思います!

取材/エディターM

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事