プロのこだわりが詰まりまくった"ATON"のスエットは、おしゃれ"分かってる"大人がみんな買っている!~ワーママエディターが語るこの春欲しい理由のあるもの~ | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

FASHIONアイテム、何買う!?

2019.03.14

プロのこだわりが詰まりまくった”ATON”のスエットは、おしゃれ”分かってる”大人がみんな買っている!~ワーママエディターが語るこの春欲しい理由のあるもの~

忙しく働くママだからこそ、お買い物に失敗しているヒマはない! だから「買う理由がちゃんとある」ものしか欲しくない! そんな目線の元、Domani編集部のリアルワーママエディターがセレクトしたのは、おしゃれ”分かってる”人なら必ずチェックしているATONのスエット! 普通そうに見えてこれがなかなかすごいんです!

Tags:

一見、普通?が実はすごい! 素材や染めにこだわった”ATON”の白スエットトップスが欲しい!

忙しく働くママだからこそ、お買い物に失敗しているヒマはない! だから「買う理由がちゃんとある」ものしか欲しくない! 
そんな目線の元、Domani編集部のリアルワーママエディター小池百々子と福本絵里香が、この春欲しいアイテムを、ママ目線も絡めながらあ~だこ~だ好き勝手に語ります!今回のアイテムはこちら!

ATONの白スエットトップス ¥26,000(エイトン青山<エイトン>)

小池 今回、私たちが好きに語っちゃっていい企画らしいよ!(笑)

福本 いつもコーディネートチェック(※誌面に載せるスタイリングを編集長とチェックすること)では、あ~だこ~だ好き勝手しゃべってるから、あんな感じ?

小池 「ここの服、やっぱり上手だよね!」とか、「これお買い取りできる?」とか? それでいうと、今回撮影現場でもかわいいと盛り上がったのは、“ATON”のスエット!

福本 さすが、“安心クオリティのATON”! 2016年にデビューしたときは、ユニセックスで着られるニュートラルな雰囲気のラインナップが革新的だったなあ~。このスエットもそうだよね!

小池 つくり手側の熱量が高いんだよね。素材から染めまで、オリジナルにこだわってる! 定番のスエットは通常の倍の密度で織り上げているらしいよ。確かに洗濯機でがしがし洗っても本当にヘタれないの!

福本 スエットがヨレっとしてると、なんだか“疲れてる”感が・・・。スエットってさらに下手したら「ご近所感」も出てしまうけど、絶妙なオーバーサイズがそれを回避してくれる!
小池 身幅も丈もゆったりしてるけど、リブがしまってるところがいいんだと思う。だらしなく見えないよね!

福本 スエットって流行だから、ファストブランドからもたくさん出てるけど・・・。ノリと勢いでなんとかなる若い子とはもう違うし、こういうカジュアルアイテムにこそ投資していきたいな。

小池 イケママたるもの、スエット一枚にもこだわってますってところ、見せたいね!(笑)

ユニセックスサイズをゆるっと着る、このバランスが旬!

▲スポーティな印象の強い白スエットは、着こなしの旬度をたちまち刷新。メンズライクなシルエットだから、パールやピンクのパンツなど女らしさが満ちたアイテムを合わせて、大人の女の余裕を演出して。スエット/上と同じ パンツ¥23,000(martinique Le Conte梅田〈マルティニーク〉) ネックレス¥8,167(アビステ) 時計¥380,000(DKSHジャパン〈ベダ&カンパニー〉) バングル[左手]¥15,000(SILVER POON) [右手/シルバー]¥130,000(ウノアエレ ジャパン<ウノアエレ>) [右手/ゴールド]¥53,000(H.P.FRANCE<WOUTERS&HENDRIX>) バッグ¥16,000(ピーチ〈ヴィオラドーロ〉) 

もっと欲しくなる”りゆうがあります”!

▲サイドの切り替えが、だぼっとしたシルエットを上手にすっきりとシェープアップ。この細かな気遣いがさすが”ATON”!なんです!

カジュアルなアイテムこそ、アイテム選びを失敗するととたんに安っぽく、野暮ったくみえてしまうもの。おしゃれプロ目線で「間違いない」と認定されたこちらのスエットなら、自信を持って新しい春スタイルにチャレンジできること、お約束します♡

ワーママエディター

小池百々子

1歳の男の子のママ。授乳中のため、トップスはなるべく装飾のないデザインのものをチョイス。大好きなゴルフに復帰するタイミングを検討中。

ワーママ編集

福本絵里香

4歳の男の子のママ。子どもも大きくなり、そろそろファッションを楽しめるように。しかし衰えたヒール筋はなかなか戻らず、いまだもっぱらぺたんこ派。

●この特集で使用した商品の価格は、すべて本体(税抜)価格です。
●この特集で使用した商品についての問い合わせ先にはこちらのページよりご確認ください。 ※この情報は2019年2月21日現在のものです。

Domani4/5月号「”この春、ワーママエディターが欲しいもの”には『りゆうがあります』。」
撮影/金谷章平(人物)、魚地武大(静物) スタイリスト/角田かおる ヘア&メーク/林 香里(ROI) モデル/黒木なつみ、竹内友梨 構成/小池百々子、福本絵里香(本誌)

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事