Domani

働くアラフォー、仕事もおしゃれも、楽して楽しく!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • search
 

LIFE STYLEうらやましい系女子の24/7/365のリアル

2017.10.21

アラフォーずぼら美女の“ずるくて美しいお部屋”~簡単模様替え編~

mailoveのvenus maiが、とある大人女子の目線で、日々のあれこれをつれづれなるままに語ります。

Text:
mailove
Tags:

こんにちは。mailoveのvenus maiです。季節はすっかり秋に。先日は『アラフォーずぼら女子のずるくて美しい部屋』ということで、お花のインテリアをご紹介させていただきましたが、今回も、ずぼら女子ならではの模様替えのお話を。

季節が変われば、部屋の雰囲気もちょっと変えたい。でもひとり暮らしのスケールでは、家具を大きく入れ替えるほどの模様替えはできないですし、そもそも、それほどの家具もありません。

ですので、家具というより、小物をちょっとだけ変える。お花を季節のものにするのもいいですし、クッションカバーを変えるのもよし。私自身は、ガラステーブルの中を、季節ごとにマイナーチェンジしています。

この秋は、イギリスの挿絵画家、シシリー・メアリー・バーカーの「花の妖精」のポストカードをメインに。

今や、手紙を出すことはほとんどなくなったけれど、ポストカードは飾り道具としてかなり使えるので、気になるものを集めています。こちらの妖精のカードは、実は中学生のころから持っているもの!

精緻なディテールと、生き生きとした子供の表情とで描かれた妖精が、今も世界中で人気の、20世紀初頭に活躍したシシリー・メアリー・バーカー。彼女の世界観が昔から大好きで、本も幾つか持っています。大人が飾っていても、子供っぽくならないアンティーク感。

花の種類というより、色合いが秋っぽいカードを組み合わせて。奥にはカリフォルニアの雑貨ブランド“パンチスタジオ”のブック型ボックスを。ヴィクトリア調のパッケージに惹かれて、我が家の小物入れはほとんど、このブランドでそろえています。

ちなみに春は上の写真のように、同じ妖精のカードでも、春っぽいピンクの色合いに。夏はマーメイドのポストカードを、これから冬に向けては、濃厚な赤が効いたカードにしようかな。

変えているのは本当にこの部分だけ。でも簡単なことだけれど、ちょっと季節を意識するだけで、その季節の運気にも乗ることができます。

みなさんのお部屋の秋仕度は、いかがでしょうか?


Read Moreおすすめの関連記事