「夫とデートしてますか?」" ママとパパ"になったからこそ大切にすべき夫婦ふたりの時間【読者ワーママのリアル体験記】 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLEいつだって自分に"意識高い系"

2019.04.03

「夫とデートしてますか?」“ ママとパパ”になったからこそ大切にすべき夫婦ふたりの時間【読者ワーママのリアル体験記】

子どもが生まれたら、ゆっくり夫婦ふたりだけの時間なんて過ごしている場合じゃない! そう思っているワーママも少なくないかもしれませんが、実はその時間、家族の将来を考えるためにも必要な時間。今回は夫婦ふたりだけの時間がもたらすメリットや時間確保の秘訣について考えます!

Text:
山内 梓
Tags:

最後にデートしたのはいつだっけ? 出産後、忙しさのあまりつい後回しにしがちだけど…

夫とデートしていますか? 子どもが生まれると、なかなか夫婦ふたりの時のように、時間をつくって外出することは難しくなります。出産後も、夫婦の時間を大切にしたいと、出産前は意気込んでいたものの、実際には、あっという間に一日が終わり、時間に追われた平日。溜まった家事を行い、子どもと遊んだ週末を迎えたら、気づけば今月も過ぎ去ってしまった…。夫とふたりで外出したのいつだっけ??(涙)

子どもに手がかからなくなったらやってくる夫婦の危機…それを回避するためにもふたりだけの時間が必要なんです!

時間ができたら、と後回しに考えると、多分今年もデートできません(笑)。夫婦の時間を大切にすることは、実は将来の保険でもあります。なぜなら、子どもって手がかかるのは大体小・中学生くらいまで。そのあとは、また夫婦ふたりの時間が多くなるのは間違いないのです。その時までに、夫婦間の距離をどう保つか、ということも考えなくてはなりません。

日頃の感謝や不満、そしてこれからの子どもの進路など、子どものいないところでしっかりと向き合って話しをする必要があります。別に外出しなくてもいいのです。まず最初はルーティーン化してスケジュールに入れ込み、意識をちょっと改革してみましょう。

ひとまずデートの予定は一年前からまとめてフィックス!

夫婦のペースで、お互いの仕事の都合も考えながら、一旦、デートをする日を年間分決めてしまうのはどうでしょうか。月に1回が理想だけど、なかなかお互いの時間が取れず、我が家は3か月に1回、今年はスケジュールを決めています。先の予定すぎるので、変更になるかもしれませんが、その時は、キャンセルではなく、リスケ。今から行くお店を考えるのも楽しいですし、シッターさんにもお願いしやすいというメリットも!

夫婦の時間を確保するためにスケジュールの管理と共有はマスト!

アナログでもデジタルでも使いやすい方でスケジュールを管理→共有は、仕事でもプライベートでも同じです。目の前のto doに忙殺されないよう、夫婦の時間、自分の時間をちゃっかり確保!「見える化」の効果は、先の見通しを立てる、今何をすべきかが分かる、ゴールを分かりやすくする……など、色々ありますが、最大の目的は、家族のコミュニケーションのためだと思います。今月は時間が取れなくても、来月は押さえておこう!と1年単位で考えれば、少しストレスフリーになるのではないでしょうか。

文/山内 梓(Domanist) 構成/望月琴海

あわせて読みたい
▶︎お金で幸せは買えないが、不幸は減らせる!家事で夫婦ゲンカする前に使いたい平成最後の「三種の神器」

画像ALT
読者ユニットDomanistメンバー
山内 梓

マスコミ勤務・35歳、2歳男児のママ。文芸雑誌の編集長を務めるワーキングマザー。趣味は美味しいレストラン探し。Instagramのアカウントは@airsymphony

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事