嫌われていた女社長の私が、社員に祝福された創業10周年の日【マネできない⁉けど、マネしたい!女のヒストリー】 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

WOMEN女の人生を考える

2019.07.08

嫌われていた女社長の私が、社員に祝福された創業10周年の日【マネできない⁉けど、マネしたい!女のヒストリー】

旅行代理店、広告代理店営業、広告代理店取締役、化粧品会社「ランクアップ」代表とキャリアを築いてきた岩崎裕美子さんが、これまでの人生でうれしかったこととは?(4回連載)

Tags:

第3回 暗黒時代を乗り越えた私への最高のご褒美

株式会社ランクアップ
代表取締役・51歳
岩崎裕美子さん

前回のお話▶︎売り上げは順調なのに息が詰まる。「まるで軍隊のような会社」と言われた暗黒時代

苦しい日々もぜったいだれかは見ていてくれる

「うれしかったことはたくさんありますが、一緒に働いていた上司が独立して立ち上げた広告代理店に誘われたときがそのひとつ。上の写真がそのころのもので、29歳のときです。よく社員に『毎日がオーディション』と言うんですけど、面接のときだけ態度をよくしてもダメですよね。ふだんの働き方がいちばん大事。その上司は、一緒に働いていたとき、私の働きを見ていてくれたんだとうれしくなりました。その会社で、営業部長や取締役を経験したから、ランクアップを起業できたんです」

社員が残業をして準備してくれたサプライズパーティー

もうひとつは、ランクアップ創業10年のときだという。そのとき何かあったのか…。
「創業7~8年のころは社内が暗く活気がない暗黒時代だったのですが、その暗黒時代を乗り越えて社内が明るくなってきたのが10年目のころ。その年の10周年の記念日に社員がサプライズでパーティをしてくれたことがいちばん心に残っています。朝出社すると『10周年おめでとうございます!』という掛け声とともにクラッカーの嵐。10年間の思い出のスライドショーが流され、社員はらは歌や踊りを披露してくれて。『前はあんなに嫌われていたのに…』と感激してしまいました。そのときの感動は今でも忘れられなくて、イヤな社長だったことを社員に少し許されたようでそれがいちばんうれしかったですね」(次回へ続く)

取材・文/赤木さと子(スタッフ・オン)

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事