「ママ、すごいね!」が最高の褒め言葉。再就職をして味わえた幸せ【マネできない⁉けど、マネしたい!女のヒストリー】 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

WOMEN女の人生を考える

2019.07.18

「ママ、すごいね!」が最高の褒め言葉。再就職をして味わえた幸せ【マネできない⁉けど、マネしたい!女のヒストリー】

専業主婦生活を経て、サイボウズに就職。家事も育児もきちんとこなしつつ、仕事も頑張る江原なおみさんを待っていた〝うれしいこと〟とは?(4回連載)

Tags:

第3回 ママは、ご飯をつくるだけの人じゃないと思ってもらえる

サイボウズ株式会社
法務統制本部・48歳
江原なおみさん

前回のお話▶︎44歳で再就職。苦手な満員電車も息子の〝さびしい病〟も経験して思うこと

専業主婦時代は味わえなかった、子どもから評価されたときの幸せ

 いちばんうれしいことは、子どもたちが「ママ、すごいね!」と褒めてくれるようになったことだという江原さん。
「専業主婦だったときは、評価されたり感謝されたりすることは少なかったんです。ご飯をつくって当然、掃除や洗濯をして当然…。母の日やお誕生日のメッセージカードには決まって『いつもおいしいご飯をつくってくれてありがとう』。

私も自分の母にそうやって書いていたんですけど、あるときメッセージカードを見た母が、『そうよね、私は所詮、ご飯つくる人なのよね…』とつぶやいたんです。そのときは〝何がそんなに不満なんだろう〟って思ったんですけど、実際書かれてみるとすごく気持ちがわかる。『私はほかにもできることあるんだよ』っていう気持ち。そこの部分を子どもたちは知らないから当然なんですけど、それでもさびしかったんだと思うんです。あのまま専業主婦を続けていたら、私も母と同じように思ってしまったかもしれません」

仕事を始めて子どもに尊敬されるように

今では、会社のホームページを見せたり、広報時代にはつくったプレスリリースを見せると子どもたちが目をキラキラさせてみてくれるそう。
「『ホームページを見せて、ほらほら、江原って書いてあるでしょ?』と言うと、興味をもって聞いてくれて、『頑張ってるんだね!』と言ってくれる。再就職をしなければ味わえなかった喜びで、仕事も家事ももっとがんばろうって思えます」(次回へ続く)

あわせて読みたい
専業主婦が16年のブランクを経て再就職するまで
満員電車に乗るのも怖い…忙しすぎて体力が続かない

取材・文/赤木さと子(スタッフ・オン)

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事