指塗りメーク、朝洗顔、シャンプー…それ、やめた方がいいかも!美人はやめている9のこと | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

BEAUTYワーママ美容まるっと大全

2019.08.12

指塗りメーク、朝洗顔、シャンプー…それ、やめた方がいいかも!美人はやめている9のこと

きれいになるためにやっていることが、実は”老け”の原因になっていることも…。ときには思い切ってやめる勇気も必要です。大人の女性のための美容の“断捨離”はじめませんか?

Tags:

《これをやめる!》メイク編

1. 全顔塗りメーク 

全顔にきっちり塗ると厚塗り感が出るだけでなく、のっぺり大顔に見えがち。いちばん人目につく目の下~頰の高い部分を中心に塗り、他の部分は余ったものをごく薄くのばすだけにすると、抜け感が出て、小顔にも見えます。

え?まだファンデ全顔に塗ってるの?小顔に見せないならそれやっちゃダメ!

2. 指塗りメーク

最近よく見かけるクリームチークやクリームアイシャドー。指で塗ると、うまくぼかせずにムラになってしまいます。きれいに手早く仕上げたいなら、色をのせた後スポンジでぼかしましょう

流行のクリームコスメを指で塗ってる人ちょっと待って!

3.ピンクチーク

「チーク=くっきりピンク」という感覚は時代遅れ。今は骨格に沿ってほんのり感じさせる、自然な血色感チークが大人美人のカギなんです!チークの代わりに赤みベージュのシェーディングを、口角から耳の手前に向けてのせ、頬骨の高い位置に向けてぼかし込むと血色感と小顔効果も叶います。


▲(画像左から)SUQQU ピュア カラー ブラッシュ 02 ¥5,500、イヴ・サンローラン・ボーテ クチュールコントゥーリング 2 ¥7,000、ADDICTION BEAUTY ブラッシュ ノクターン ¥2,800

“小顔とおしゃれ見え”が同時にかなう、知らなきゃ損!なチーク技とは!?

4. 黒のアイライナー

目力を、と思ってついつい使いがちな黒のくっきりアイライナーは、強い印象になりがち。その強さが目元から浮いて、不自然に見えてしまいます。今どきのこなれ顔になるなら、ブラウンのライナーで穏やかに引き締めたり、ダークカラーのアイシャドーをライナー的に使いましょう。そのぶん黒いマスカラを根元からきっちりつけ、ライン感を出すと、優しげ美人な目元を演出できます。


▲左:エテュセ 美束ボリュームマスカラ ¥1,800、右:フローフシ モテマスカラ リペア Cm-R ダーク ブラック ¥1,800

美人はアイメークのとき、◯◯しない!

《これをやめる!》スキンケア編

5. クレンジング

クレンジング料には、肌に密着したメークを浮かせるために強い洗浄剤が配合されていることが多く、それが肌のバリア機能を乱して乾燥や肌荒れの原因に…。肌が弱い人の場合、クレンジングをやめることでトラブルが落ち着くことも。クレンジング料を使わなくても落ちるメークに切り替え、夜は石けん洗顔だけにしましょう。

石けんオフできるベースメークアイテム集

6. 朝の洗顔 

朝しっかり保湿しても、午後には肌が乾いてしまう…。その原因は、朝の洗顔かもしれません。皮脂が出にくい乾燥肌の場合、朝、それほど肌が汚れていないのに洗顔フォームで洗うと、必要な皮脂や肌の潤いが流れ出してしまい、潤いを抱え込みにくい肌に。朝の泡洗顔をやめ、前の晩のスキンケアを化粧水で拭き取るだけにすると、乾燥がかなり改善されるはず。


▲(画像左から)クリニーク クラリファイング ローション 2 200ml ¥3,400、SK-II フェイシャル トリートメント クリア ローション 160ml ¥7,000、シャネル ル ブラン プレローション 150ml ¥6,200、RMK スキンチューナー スムーサー(S) モイスト 150ml ¥3,400

これだけは「やめない」スキンケア

《これをやめる!》ヘアケア編

7. 髪が濡れたまま寝る 

どんなに忙しくても、濡れたまま寝ることで、いいことはひとつもありません!濡れている髪は、キューティクルが開き、栄養が逃げやすい状態。そこに枕などの“摩擦”が加わると、枝毛や切れ毛をどんどん助長してしまいます。また、根元に水分が残っていると、最悪、カビが生えることも。カビは、頭皮から嫌なニオイが発生する原因となるので要注意!シャンプー後は風量が強く、温度が低めのドライヤ ーで、素早く乾かすことが大切ですよ。

え!?○○すると、髪からカビが生える!?

8. 毎日、必ずシャンプーする 

毎日、必ずシャンプーするのは、頭皮にシャンプー剤が残ってしまったり、毛穴の詰まりを起こし、乾燥や育毛の妨げになったりしてしまうので、実は注意が必要。そこでおすすめしたいのが、お湯のみで髪の汚れを落とす“湯シャン”。事前にブラッシングで汚れを浮かすことで、お湯だけでも落ちやすくなります。乾燥が気になるアラフォーの髪にこそ、週に2回は“ブラッシング&湯シャン”がおすすめです。


▲(上から時計回りに)資生堂 ブラッシング無頼 811 ¥5,000、アヴェダ プラマサナ エクスフォリエイティング スカルプ ブラシ ¥4,500、ジョンマスターオーガニック コンボパドルブラシ ¥3,400

その老け髪の原因!え!?実は○○だったなんて!

9. 安いシャンプー

安いシャンプーに多く使われている石油系の界面活性剤は、汚れだけでなく必要な油分まで奪ってしまいます。また、それを補うために、多量にシリコンが入っていることも。価格は少し高めでも、頭皮への刺激が穏やかなアミノ酸系の界面活性剤が使われているシャンプーに切り替えましょう!


▲(画像左から)サンテック産業 イイスタンダードシャンプー 250mL ¥2,800、イーラル プルミエ バランシング シャンプー SY 400mL ¥10,000(医薬部外品)、ミルボン オージュア インナーバウンス シャンプー 250mL ¥2,500、タカラベルモント エステシモ セルサート フォーシン シャンプー 250mL ¥3,200

“髪から老ける”アラフォーに、○○系のシャンプーは絶対NG!?

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事