仕事のモチベーションが劇的に変わる!働く○○の見つけ方 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

WOMENワーママ生き方論

2019.09.09

仕事のモチベーションが劇的に変わる!働く○○の見つけ方

朝から晩まで仕事や子育て、家事に追われるワーママの毎日。あまりの忙しさにふとした瞬間、“私は何のために働いているんだろう…?”そんな心の声が溜息まじりに出てしまったことはありませんか?ワーママになった今だからこそ、改めて“働く”と向き合ってみました。

Tags:

キーワードは、自分の内なる声!

社会人になりたての頃は夢や希望を持って働いていたはずが、いつしか義務感や疲労感の中で仕事をしている自分がいました。子供がうまれてからは更に忙しさが増し、ひたすら毎日のオペレーションをこなすのに精一杯。そんな日々に嫌気がさしていた時、知人に紹介されたのがグラフィック・コーチングでした。

グラフィックコーチングとは、コーチングで引き出された言葉をグラフィックに描き出してもらうことで、自分の今と未来を“見える化”していくコーチングアプローチ。過去、現在、未来の自分を俯瞰的かつ客観的に見ることのできる体験はまさに新感覚!さらにさまざまな角度の問いに答えていくうちに、奥底に隠れていた自分の内なる声が出てきたことにもビックリ!そうだ、私はこんな思いを持って仕事をしていたんだ!という“働く意味”に改めて気付かされたのでした。

忙しい毎日の中では、17時までに子供を迎えに行かなければいけない!今日中にこれを終わらせなければいけない!など、いつしか○○しなければいけないで頭がいっぱいになっていませんか?これが義務感や疲労感、モチベーションの低下の原因でもあります。

そこから抜け出しモチベーションを高めるには、まず未来を思い描くこと!「どういう状態が生まれたら素晴らしいか?」「こんな未来が待っていたらワクワクする!」こうなったらいいなと心が踊る未来を、できるできないに関係なく自由な発想で思い描いてみる。もしなかなか思い浮かばないという場合は、オノマトペを使ったワークがオススメです!オノマトペとは、ワクワクやドキドキなどの擬音語や擬声語のこと。自分の心が反応するオノマトペを3つピックアップしてみて、そこからイメージできる言葉を自由にドンドン書き出してみる。実際にやってみると、それだけでも楽しくなってくると思います!(笑)

次に、書き出してみたものを見ながら「なぜ私はそんな未来を思い描いたんだろう?」「過去の自分のどんな体験がそう思わせたんだろう?」と自分の過去を振り返ってみる。すると、過去のあの出来事がそう思わせているんだ。あの人のあの言葉が響いてそう思うようになったんだ。そんな過去と未来をつなぐ糸が見えてくるはずです。

そこにはあなたが“働く意味“が隠れています。その上で、「何をしたら思い描いた未来が実現するのか?」「仕事を通してどんなことができるのか?」という現在に目を向けてみる。日々のやらなければいけないことだけに目を向けるのではなく、未来→過去→現在と視点を変えて仕事と向き合ってみる。すると、同じ日々の出来事が全く異なる捉え方に変わり、ポジティブな行動へとモチベーションを高めてくれるはずです!

私のおすすめの一冊

改めて働く意味を見つめ、仕事に対するモチベーションを上げてくれる私のおすすめの一冊。本の著者、鵜川洋明さんがグラフィックコーチングをされていて、本の中でオノマトペや働く意味の見つけ方についても解説しています。『相手を巻き込む伝え方』著:鵜川洋明/フォレスト出版

中安加織

Domanist

中安加織

会社員として働きながら、インタビューサイト〝Starry Future〟と、各悩みにマッチした専門家と出会えるプラットフォーム〝キミサポ〟を運営。8か月になる娘の初めての育児に奮闘する新米ママ。
IG:https://www.instagram.com/kaori_nakayasu/

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事