子連れ旅の強い味方!ハワイ旅は「ANAフライングホヌ」を指定したくなる3つの魅力 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLEワーママ的レジャー術

2019.10.09

子連れ旅の強い味方!ハワイ旅は「ANAフライングホヌ」を指定したくなる3つの魅力

ANAの新しいエアバスA380型機フライングホヌで、道中も思い出に残る素敵な旅を。

Tags:

ANAフライングホヌでのハワイ親子旅

娘と旅行をすることは、日々働く私にとって最大のご褒美。旅行の1週間くらい前から「あと1週間で旅行!来週の今頃は何してるかな…」とカウントダウンをして妄想するくらい、毎回楽しみにしています。この夏はハワイへ行ってきました!

もちろんハワイも楽しかったのですが、もうひとつ大きな思い出になったのは、ANAのエアバス A380型機「フライングホヌ」に乗ったこと。この飛行機は機体にホヌ(ハワイ語でウミガメの意味)の絵が描かれた全520席の2階建てで、世界最大の旅客機です。東京(成田)―ホノルル間で運航し、現在は週3便飛んでいます。

私は旅は大好きだけど飛行機が怖くて本当に苦手…なのですが、この飛行機はそんな私でも恐怖感が少し減り、テンションが上がるほどかわいくてとても楽しめる飛行機でした。夏休みで機内にはお子さん連れの方もとても多かったです。今回は、私が感じたフライングホヌの魅力をご紹介したいと思います!

【魅力その1】とにかく機体がかわいい♡

ご覧のとおり、まずは機体がとにかくかわいいんです!搭乗前も空港でガラス越しにたくさんの人たちが写真を撮っていました。3機あるのですが、1号機はANAブルー、2号機はエメラルドグリーン、3号機はサンセットオレンジととてもカラフルで、顔の表情がなんとも愛らしい♡キャラクター系の飛行機はたくさんありますが、その中でも色もキャラクターもオリジナリティがあり、空港でもとても目立っていました。

私が乗ったのは行きが1号機、帰りが2号機。まだ3号機は就航されていないんだそう。機内でCAさんが教えてくださったのですが、1号機はラニ、2号機はカイ、3号機はラーという名前がついているそうです。普段飛行機に乗ってもあまりCAさんとはお話ししないのですが、娘と一緒に質問したりコミュニケーションがとれたのも、この飛行機だったからだと思います。

【魅力その2】機内販売のグッズもかわいい

▲ハワイ仕様の機内安全のVTR(上)/キッズ用お菓子もフライングホヌ仕様(下)

機内サービスもフライングホヌならでは。まず、機内安全のVTRでゆるキャラ的なホヌやイラストもハワイ仕様で、娘と一緒に見入ってしまいました。キッズ用お菓子もフライングホヌデザインで、ドリンクサービスでは大人はブルーハワイが飲めるので、ハワイ気分が高まる!ANAの機内販売はクオリティが高く、子どもがデイリーに使えるものもあるので、今までも必ずチェックしていたのですが、今回はフライングホヌならではのグッズも販売されていました。

なかでもかわいいし使える!と思って購入したのが、ミキハウスのANA Hawaiiバスポンチョです。これは、おくるみとしても使えるし、保育園や小学校のプールでも使うスナップボタンつきのバスタオルで、1号機のラニやハワイモチーフのかわいいイラストがたくさん描かれています。かわいいだけではなく、今治産、抗菌仕様、UV85%以上カットという高品質。娘にはサイズが小さかったので、先輩の娘さんへのプレゼント用に購入しました。

【魅力その3】子連れにやさしい配慮がたくさん

ハワイへは成田からだと、季節によっても異なりますが、大体行きは7時間程度、帰りは8時間程度かかるのですが、行きの便は夜発でハワイ到着は現地早朝となる便が多いです。搭乗してすぐに寝るのであれば話は別ですが、機内食などの時間を引くと、いつもより必ず睡眠時間が少なくなります。つまり、ハワイに到着した日は、睡眠不足で1日暑いなか朝からフルで活動することになるので、子どもも、子ども連れのお母さんも、なかなかハードな1日になるのです。よって、機内ではゆっくり休みたいところ。

我が家は娘が大きくなってきたので、それぞれの座席があるシートにしましたが、小さなお子さん連れのご家族におすすめなのは、何と言ってもカウチシートだと思いました。これは座席のレッグレストを上にあげて座席をベッドのように利用することができるシートで、子どもと一緒にゴロゴロと横になることができます。到着までゆっくり休めそうで、娘が小さかったら私は絶対カウチを選ぶ!と思いました。

他にも、多目的ルームがあったり、キッズミールを事前に申し込んでおくとキッズ用のお箸や食器を扱う「エジソンママ」のフォーク、スプーンセットがいただけたり、フライングホヌは子ども連れの家族が楽しめる素敵な飛行機でした。

旅行先だけではなく、道中も思い出になるなんて素敵ですよね。いつもなら、帰りにハワイを離れるときに、もう現実モードになってしまうのですが、今回は成田につくまでずっとハワイにいたような気分でした。そして、旅行先でもたくさんの写真を撮りましたが、いつもの倍以上、飛行機の写真、機内での写真を撮る旅となりました。

皆様も次の休暇は、フライングホヌでたくさんの思い出を作るのはいかがでしょうか。子どもにとっても、大人にとっても、思い出いっぱいの素敵な旅になること間違いなしだと思います。

杉山迪子

Domanist

杉山迪子

女児の母。病理医、乳腺外科医として働く女医。仕事と育児はもちろん、ファッション、人柄もバランス感覚を大切にしている。趣味は娘と旅行に行くこと。おいしい肉と日本酒が大好き。
 IG:https://www.instagram.com/michiko_612/

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事