都心から約1時間!手軽にアウトドアが楽しめる【グランピングスポット】はココ! | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLEワーママ的レジャー術

2019.10.18

都心から約1時間!手軽にアウトドアが楽しめる【グランピングスポット】はココ!

いよいよ行楽シーズンの到来!過ごしやすい季節ということで、キャンプに行ってみたい!と思いつつ、忙しいワーママにとっては準備すらハードルが高い…という人も。そんなワーママやアウトドア初心者におすすめしたい、最新グランピングスポットをご紹介します!

Tags:

アウトドア初心者の方にもおすすめ!気軽に外遊びを楽しめる秋の行楽スポットって?

いよいよ秋の行楽シーズン本格化!過ごしやすい気候で連休も多く、お出かけが楽しくなる時期ですよね。子供と一緒にアウトドアを楽しみたい!と思っていても、キャンプってテントを張ったり外で自炊したり、寝るところやお風呂などちょっとハードルが高い…?と思っているママも少なくないはず。そもそもキャンプって何を持っていけばいいの?忙しいワーママには準備だけでもハードルが高い!なんていう人も。そんなキャンプ初心者におすすめしたいのが「グランピング」なんです!グランピングとは、テントの設営などの煩わしさを省いた自然体験のこと。

わが家がよく行く「東京クラシックキャンプ」。グランピングなので、もちろん手ぶらでOK。テントや寝袋、調理道具や食材にいたるまですべて準備されていて、手軽にアウトドアを楽しむことができます。

こちらにはテントとコテージの2種類ありますが、よりキャンプっぽさを味わうならテントがおすすめ!テントといっても中にベットやソファがあって、まるでおうち感覚!天井も広くて快適です。

家族が一緒に過ごすリビングスペースはテラスになっています。わが家は早めに行き、このスペースでボードゲームを楽しむのが定番♡緑に囲まれながら、家族そろってゲームをするのは、家とは違い楽しさ倍増です。

夕暮れどきにあたりがライトアップされてきたらお待ちかねの夜ごはん。外でごはんを食べるのってそれだけでごちそうですよね!食材を持ち込んで、BBQや調理をしてももちろんOK。料理に必要な道具はすべてそろっています。

自分たちで食材を買ってつくるのはちょっと面倒…なんていう人もご安心を。こちらのグランピングは食事も自慢なので、事前に予約をすれば食材はすべて用意してもらえます!わが家が最近ハマっているのは、キャンプ場専属のスリランカ人シェフ特製の「特製香辛スープ鍋」。準備いらずで自分たちは鍋を楽しむだけ、という楽ちんさ~♡後片付けが必要ないのもママにとってはうれしいですよね。

夜ごはんの後はキャンプファイヤー&アコースティック・ライブ。どちらも無料で楽しめます。日が暮れた森の中で、ハイボール片手に炎を眺めつつ生演奏なんて、最高の贅沢ですよね!子供たちは焼きマシュマロに夢中!親子で楽しめます。ちなみに、こちらのバーカウンターはとっても素敵なので、友人家族と来たときは、パパたちに子供を任せてママ飲みすることも。

そして気になる水回りですが、すべてのテント&コテージにトイレはもちろんのこと、かわいい猫足のバスタブが完備されています。通常のキャンプ場はトイレやお風呂が共用だったり、場所が遠かったりすることもありますが、ここではそんな心配もありません。

朝食もテラスで。食事付きプランにすると朝ごはんの材料も準備していただけます。自家焙煎のコーヒーをガリガリ挽いて飲むモーニングコーヒーは、もう絶品!キャンプの時は子供たちが朝ごはんの準備もばっちり手伝ってくれます。環境が変わるとやる気がでるのかな…?(笑)

「東京クラシックキャンプ」は都心から車で1時間ほどという近さ。渋滞もほとんどなく、スムースなアクセスなのも疲れないポイントです。

アウトドア初心者や水回りが不安だったり、準備や後片付けが大変…と思っているママさん、子供と一緒に自然を楽しみながらも、準備がなくママもラクできる「グランピング」。ぜひこの秋のお出かけプランのひとつにご検討くださいね!

東京クラシックキャンプ

福吉彩子

Domanist

福吉彩子

2児(男児・女児)母。外資系企業で15年働き、独立。現職はフリーのマーケティングコンサルタント。メークセラピストの一面ももち、自宅でレッスンを行っている。「ワーママ・オブ・ザ・イヤー2016」受賞者。
IG:https://www.instagram.com/fuku44aya/

 

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事