これはもはやケーキだ! 厚みは最大10㎝、ボリューミーなのに飽き知らず!究極の【フルーツサンド】 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE働く私に癒しを!

2019.10.08

これはもはやケーキだ! 厚みは最大10㎝、ボリューミーなのに飽き知らず!究極の【フルーツサンド】

四六時中パンのことを考えている、パン好きモデル・パン野ゆりさんが、これから注目されること間違いなしの注目のパンを紹介していきます!

Tags:

こんにちは。モデルの山野ゆりです、いや、パン好きモデルのパン野ゆりです(ついには名前にまで“パン”を入れました♡)。今まで訪れたベーカリーは数えきれないほど。最近は、年に数回は海外へも足を運び、パンコーディネーターやパンシェルジュという肩書きでパンを独自の視点で分析などしています。無類のパン好きで、パンであればジャンルを問わず愛す♡ が私のモットーですが、最近ちょっとひいき目に見ているパンが…。それは、ジューシーなフルーツとタッグを組んだ“フルーツサンド”♡ 

第三回目は、フレッシュな旬のフルーツとミルキーな生クリームを惜しみなく挟んだ「cafe cocona」の ボリューミーな“フルーツサンド”を紹介します!

オーナーのほっこり感に癒される「cafe cocona」♡ 実は具材はもちろん、パンもすべてが自家製という本格派だった!

 久々に降り立った押上(スカイツリーができたとき以来かも~)。駅から徒歩2分という好立地に、ずっと行ってみたいと思っていたお店「cafe cocona」があります。お店を見つけると遠巻きにでも分かる、窓越しにこちらを向いて整列するカラフルなフルーツサンドたち! 誘惑が過ぎる~♡ と思って近づくと、実はこれ写真をプリントしてパネルにしたものでした(笑)でもめちゃくちゃ目立つし、これに魅かれて店内に吸い込まれる人、少なくないはず。なんなら私、この柄の壁紙欲しいです、はい(笑)。

店内にお邪魔すると「いらっしゃいませ~」と優しげな声…♡ こぢんまりとした店内のカウンターから顔をのぞかせ出迎えてくれたのは、笑顔も優しいほっこり系オーナー(もうここからお母さんと呼ばせてもらいます…笑)♡ 私、お母さん大好きっ子なんで、これだけでもう心つかまれるやつです! お母さんにお店をオープンした経緯を伺うと、元々料理が好きでパン教室にも通ったりしていたのだとか。そして、いつしか自分の店をもつのが夢に♡ なんかそういうの、素敵だなぁ~。夢、ちゃんと実現しているし、すごい! 

そして店内にある商品は、具材はもちろんサンドイッチに使われる食パンをはじめ、丸パン、バケットと、パンもすべて自家製だというから驚きです! 無添加低温長時間発酵というこだわりの製法で作ったパンは、もちもち感がポイントだそう。カウンターにズラりと並べられたパン達は、どれも美味しそうで目移りが止まらない! ちなみに今回一番のお目当て“フルーツサンド”は、カウンターの上の冷蔵ケースに並べられております♪

▲フルーツサンドがズラりと並ぶパネルが目を引く! この前でパンを手に持って撮影をすると、カラフルで映えます♡


▲ハンバーガーにサンドイッチ、バケットサンドまで、魅力的なお食事パンがカウンターにこれでもかと並ぶ姿は圧巻!

ボリューム=お母さんの愛情♡  フルーツもクリームもたっぷりな“フルーツサンド”は乳脂肪分42%にこだわった濃厚生クリームが決め手!

旬のフルーツを使うので、中身は常に変わるという“フルーツサンド”。生クリームは試行錯誤した結果、濃厚ながら分離しないギリギリのラインにたどり着き、それが乳脂肪率42%だったとのこと。たしかに、ミルキーで濃厚な味わいと、なめらかな舌触りを両立した、絶品クリームに仕上がっています! ちなみに、オープン当初は食パンを耳つきで提供していたそうなのですが、女性にはボリュームが多いとの声もあり、耳をカットして提供するようになったそう。パンとクリームの一体感も増しているだろうし、私的にもそれが正解な気がします!

この日は友人と一緒だったこともあり、1個1個の大きさに圧倒されつつも、3種類をシェアすることに! 


まずは“いちぢくサンド”(¥500)。これぞ約10㎝はあろうかというこの店最大級の分厚さを誇る“フルーツサンド”であります! だってこれ…大きめのいちぢくが丸ごと1個使われている!!! 贅沢~♡ しっとりもちもちの自家製食パンとこだわりの生クリーム、それだけでも十分美味しいのに(もう、シンプルにそれだけの商品も出してほしい…笑)、そこに完熟したいちぢくのほどよい甘みが加わると…口内は美味しさの大洪水♡ すべてが一体化してするすると口内を、喉を、通り抜けていくのです! 感覚的には数秒で流し込んだ感じ。驚くほど一瞬で食べ終わりました! と言うか、“消えた”(笑)

そしてお次は“ぶどうサンド”(¥400)。小粒ながらしっかりとした甘さのあるマスカットが生クリームと一緒にサンドされています。こちらは、ぶどうのシャキシャキ感が食感のアクセントとなってまた違った美味しさが。口内に爽やかさが残ります。こちらも、秒殺…♡

そして最後は“カラフルサンド”(¥450)。ネーミング通り、色んな色のフルーツがはさまれていて(フルーツの内容はその日によって変わります)、見た目のかわいさはピカイチ! この日はいちご、マーコット(オレンジ)、バナナ、キウイの4種。食べる場所によって味わいが変わる、食べていて楽しい“フルーツサンド”です。私のお気に入りはバナナゾーン。濃厚なクリームとねっちりとした食感のバナナが合わさったこってり感がたまりません♡

食パン、生クリーム、フルーツ、こだわり抜いた3つが合わさると、高級店のショートケーキにも負けない満足感が得られました♡ これは、手で持って食べられるケーキだ!

インパクト大賞はあなた! これまたボリューミーな “ハムカツやきそば”は、こぼれ落ちそうな具材をレスキューしながら、ただ、ただ、無心に頬張るべし!

もちろん、お食事系も食べました! なんなら“フルールサンド”はどれにするかじっくり選んだけれど、店内に入って一番に購入が決定していたのはコレかもしれない…。その名も“ハムカツやきそば”。いや、本当は、ハムカツやきそばたまご…(笑)。シンプルなソース焼きそばに、厚切りのハムカツ、卵焼きと、好きな物を挟んだらこうなりました! というような自由さがたまらないお食事サンドイッチです。これ、バランスを崩したら最後、ひと口食べたその瞬間から勝負は始まります! とにかく豪快にかぶりつき、サイドからこぼれ落ちそうになる具材をひらすらレスキュー! 鼻息高らかに挑んでくださいまし。パンもやきそばもモチモチで弾力感強め♡ バイーンと跳ね返されそうになるところを、しっかり食らいついて食べましょう! ドリンクを頼めば購入したパンはイートインもできる♪ 帰りには“スカイツリー”を眺めらなら下町散策をしてみては?

こだわりのコーヒーやハーブティーをはじめ、アルコールの提供まで! パンのほかに1人1ドリンクを注文すると、店内で食べることもできます♪ タイミングがよければ、出来たてのサンドイッチをその場ですぐに頬張れることも♡また、お店を一歩出ると“ででん”とそびえ立つスカイツリーが登場(行きは背を向けていたから気づかなかった~)! 久々に見たけれど、やっぱり迫力あるわ~。ボリューム満点のパンを食べた後は、スカイツリーを横目に、下町をお散歩するのもいいですよね♪ これからしばらくの間いい季節なので、美味しいパンをいっぱい食べて、いっぱい歩くぞ~!

【DATA】
手づくりのデリとパン cafe cocona(カフェ ココナ)
住所:東京都墨田区業平4-7-14 リベルテ押上げ1F
電話:03・5809・7333
営業時間:8:30~商品がなくなり次第終了
定休日: 月曜(不定休あり)
文/中島麻純(スタッフ・オン)

あわせて読みたい
▶︎バキューム食べしたくなる進化系チョココロネ!? チェコの名物“トゥルデニーク”が日本にやってきた【パンの概念を覆す“令和パン”#1】
▶︎イチゴにチーズ、きゅうりにはちみつ。銀座で究極のパンに出会った!【パンの概念を覆す”令和パン”#2】
▶︎パンの上にお刺身!? 意外性に心奪われる「ヨル15℃」の【パン寿司】が傑作すぎ!
文/中島麻純(スタッフ・オン)

パンコーディネーター/パンシェルジュ/モデル

パン野ゆり(山野ゆり)

トークショーやラジオなどの出演、メディアへのコラム寄稿など、パンコーディネーターとしての活動を広げている。最近では、テキスタイルブランド「gochisou」と日本橋にある「BEAVER BREAD」とコラボレーションしたグッズを発売した他、世田谷パン祭りでワークショップも開催。また、モデル山野ゆりとしては、雑誌や広告、CMなどに出演。モデルという職業を活かし、太らないパンとの付き合い方も考案している。自身のインスタグラム@yuri.yamano でもパン情報を更新中!

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事