【コードレス掃除機】のおすすめは? 吸引力がすごいモデルを厳選 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE暮らし

2020.01.01

【コードレス掃除機】のおすすめは? 吸引力がすごいモデルを厳選

小回りが利き、サッと使えるコードレス掃除機には、どのようなおすすめ商品があるのでしょうか?選び方のポイントや人気のメーカーを紹介します。吸引力が特徴の人気モデルも紹介するので、コードレス掃除機選びの参考にしましょう。

【目次】
選び方のポイント
おすすめメーカー
紙パック式コードレス掃除機
サイクロン式コードレス掃除機
ハンディタイプのコードレス掃除機

選び方のポイント

コードレス掃除機といっても、メーカーやモデルによって性能が違います。そのため、日ごろの使い方に合ったものを選ぶことが大切です。これから紹介するポイントを押さえておけば、使い勝手抜群のコードレス掃除機が選べるでしょう。

(C)Shutterstock.com

静音性

まず大切なのは「静音性」です。コードレス掃除機は小型でモーターが小さいものが多いため、少し高めのキンキンした音になりやすい傾向があります。そのため、大きな音や独特の高温を嫌がることが多い、小さな子どもやペットのいる家庭では、できるだけ静かな稼働音のコードレス掃除機を選びましょう。

集合住宅や、家が密集している住宅地にお住まいの場合にも、できるだけ静かな製品だと安心です。静音性の高さは吸引力と関係しそうなイメージがありますが、実際にはそれほど関係するわけではありません。吸引力が大きいパワフルなものでも意外と静かなこともあります。

ヘッドの性能

ヘッドの性能も大切なポイントです。ゴミを吸い込む力を重視するのか、持ち運びのしやすさを重視するのかによって、選び方が違ってきます。

絨毯やカーペットを敷き込んでいる部屋が多い家庭や、ペットを飼っていて毛が気になる家庭の場合には、集塵力の高い「モーター式」がおすすめです。ヘッド内のブラシをモーターで回転させ、その動きでゴミをかき出します。モーターの力でヘッドが自走するものを選べば、軽い力で動かせられます。

ただし、モーター式はヘッドが重くなりがちです。集塵力より持ち運びやすさを重視するなら、「エアタービン式」を選びましょう。空気を吸い込む力でブラシを回転させるので、ヘッドが軽く持ち上げやすいのが利点です。

集塵方式と吸引力

コードレス掃除機は「集塵方式」をチェックするのもポイントと言えます。どういった方法でゴミを集めるかによって、吸引力に差が出てくるからです。

吸引力が落ちにくい掃除機を探しているなら、集塵方式は「サイクロン式」を選びましょう。遠心力を利用してホコリと空気を分離する仕組みのコードレス掃除機は、排気がきれいなのも特徴です。小まめなゴミ捨てとフィルターの掃除が必要ですが、紙パック不要で余計なコストがかからないメリットもあります。

ゴミ捨てを簡単に済ませたいなら、「紙パック式」がおすすめです。使い捨ての紙パックなら、ゴミがたまってから捨てるだけなので、手間がかかりません。ゴミ捨て時にホコリが舞うこともないので、衛生的です。

おすすめメーカー

コードレス掃除機はさまざまなメーカーから販売されています。中でも、特に人気で評判の高いメーカーを紹介するので、コードレス掃除機選びの参考にしてください。

(C)Shutterstock.com

ダイソン

羽のない扇風機やドライヤーなど、家電を中心に展開している「ダイソン」は、イギリスのメーカーです。スタイリッシュでオシジナリティのあるデザインに惹かれて購入する人も多いはず。

コードレス掃除機を選ぶときの定番メーカーでもあります。ダイソンのコードレス掃除機の特徴は、使い続けても強いままの吸引力と、1時間近く使い続けられるバッテリーの持続時間です。パワフルなコードレス掃除機を探しているなら、まずはダイソンをチェックしてみましょう。ヘッドを交換することで、布団や車内の掃除に使えるのも便利です。

ダイソン公式HP

マキタ

国内メーカーのコードレス掃除機を探したいなら、「マキタ」がぴったりです。電動工具のメーカーであるマキタの製品は、シンプルさとリーズナブルな価格が魅力といえます。

工具を専門に展開するメーカーならではの、使いやすさを重視した製品ラインナップです。そのシンプルな使いやすさから、業務用として採用されているモデルもあります。

バッテリーが交換できるモデルを選べば、長く使い続けられるのも魅力です。本体価格のリーズナブルさはもちろん、必要最小限の出費で使い続けられるので、コストパフォーマンスに優れています。

この投稿をInstagramで見る

マキタ(@makita.jp)がシェアした投稿

マキタ公式HP

紙パック式コードレス掃除機

集めたゴミを紙パックに集めるタイプのコードレス掃除機は、紙パックを捨てるだけでお手入れが完了する手軽さが魅力です。お手入れの手間を最小限に省ける紙パック式コードレス掃除機のおすすめを紹介します。

壁際のゴミもきれいに
パナソニック「コードレススティック掃除機 MC-PBU520J」

まるで1本の棒のような見た目をしている「コードレススティック掃除機 MC-PBU520J」は、省スペースで軽いのが魅力の紙パック式コードレス掃除機です。ノズルの動きが特徴的で、掃除する場所に合わせて角度を変えて使えます。そのため、掃除機ではゴミを取り除きにくい家具と壁の隙間もすっきりきれいに掃除が可能です。

収納は壁掛けにするとすっきりします。本体の幅がコンセントの幅とほぼ同じなので、見える場所にかけておいてもゴチャつきません。持ち手部分にゴムがついているのも特徴です。すべりにくいので立てかけているときに転倒しにくくなります。

商品名:コードレススティック掃除機 MC-PBU520J

軽くて操作性も良い
アイリスオーヤマ「極細軽量スティッククリーナー KIC-SLDCP5」

「極細軽量スティッククリーナー KIC-SLDCP5」は、ヘッド内部にサイクロン気流を発生させるサイクロンパワーヘッドで、細かなホコリや砂も残さず吸引します。また、パワーヘッドなので、紙くずや糸ゴミなど大きめサイズのゴミをまとめて吸えるほどのパワーも魅力です。重くなりがちなパワーヘッドですが、自走式なので扱いやすさも抜群です。本体は軽くヘッド部分に重心がくるつくりなので、力を入れなくてもすいすい掃除ができます。

スティッククリーナーが付属しているのも嬉しいポイントです。本体についた帯電ケースに収納できるので、床掃除の最中に気になったホコリをサッと拭き取れます。

商品名:極細軽量スティッククリーナー KIC-SLDCP5

カプセル式でゴミ捨てラクラク
マキタ「充電式クリーナー CL108FDSHW」 

約1kgと軽く扱いやすいマキタの「充電式クリーナー CL108FDSHW」は、集塵方式がカプセル式なのが特徴です。ゴミがたまってきたら、カプセル部分をはずしてゴミを捨てるだけでお手入れが完了します。

1回の充電で標準なら25分間使えるので、隅々までしっかり掃除ができます。軽くて持ち運びしやすいので、気になるゴミやホコリを見つけたときにサッと使うのにも便利です。

商品名:充電式クリーナー CL108FDSHW

サイクロン式コードレス掃除機

吸引力を重視してコードレス掃除機を選びたいなら、サイクロン式がぴったりです。パワフルで、小さなゴミも逃さず吸引できるタイプがたくさんあります。

コードレスとは思えない吸引力
ダイソン「Dyson Cyclone V10 Fluffy」

コードレスで掃除機を使いたいけれど吸引力は妥協したくない、という希望を叶えてくれるのが「Dyson Cyclone V10 Fluffy」です。ダイソン独自のラジアルルートサイクロンを採用したモデルは、より強力な吸引力が魅力といえます。

また、排気がきれいになるサイクロン式の中でも、ポストモーターフィルターを採用した「Dyson Cyclone V10 Fluffy」は、0.3μの粒子を99.97%以上捕えます。その結果、排気は部屋の空気よりもきれいになります。サイクロン式のデメリットであるゴミ捨てがワンタッチできるのも魅力と言えます。

商品名:Dyson Cyclone V10 Fluffy

ワンモーションでササッとお掃除
三菱電機「iNSTICK ZUBA Q HC-JXH30P」

充電しながら収納場所にもなるスタンド一体型の形が特徴の三菱電機「iNSTICK ZUBA Q HC-JXH30P」は、手前に引くだけですぐに掃除が始められる手軽さです。また、上に持ち上げればハンディクリーナーにもなります。この手軽さなら、気になるホコリをためずに小まめな掃除が可能です。使う場所に合わせてタイプを使い分ければ、効果的に掃除ができます。

ゴミがたまるカップの部分やフィルターなどが水洗いできるのも嬉しいポイントです。つい汚れをためて不衛生になりがちな掃除機ですが、水洗いできればいつでも清潔に使えます。

商品名:iNSTICK ZUBA Q HC-JXH30P

大風量高圧モーターでパワフル吸引
シャープ「コードレススティック掃除機 RACTIVE Air EC-AR2S」

シャープ「コードレススティック掃除機 RACTIVE Air EC-AR2S」は、コードレス掃除機でありながら強力な吸引力を追求しています。そのため、壁際にたまったゴミや絨毯の奥にあるゴミも残しません。それでいて軽いのも魅力です。パワフルな掃除機はその分重いというイメージがありますが、軽くて丈夫なドライカーボンパイプを採用しているため、重さは約1.5kgにまで抑えられています。

約80分の急速充電が可能なバッテリーが2個付属しているのもポイントです。 交互に充電して使えば、最大で60分間連続で使えますし、電池寿命を延ばすことにもつながります。

商品名:コードレススティック掃除機 RACTIVE Air EC-AR2S

ハンディタイプのコードレス掃除機

棚の上・布団・車の中といった場所の掃除は、スティックタイプよりハンディタイプが便利です。コードレス掃除機の中でも、特に小回りのきくハンディタイプのおすすめを紹介します。

(C)Shutterstock.com

ハウスダストも吸引できる
ダイソン「Dyson V7 Trigger」

毎分最大11万回転するモーターを搭載している「Dyson V7 Trigger」は、ハウスダストまで吸引するほどのパワフルさです。そのため、布団やソファなどの繊維の中に潜むハウスダストの対策にもぴったりです。

ミニモーターヘッド・コンビネーションノズル・隙間ノズルといった付属のノズルを交換することで、隅々まできれいに掃除ができます。

商品名:Dyson V7 Trigger

ファッショナブルなデザイン
シャーク「EVOPOWER 充電式ハンディクリーナー」

スリムで洗練されたデザインが特徴のシャーク「EVOPOWER 充電式ハンディクリーナー」は、インテリアにも馴染みやすいので、いつでも手に取りやすい場所に置いておけます。

すぐに使える場所に置けるので、ホコリが気になったときや、細かなものをこぼしてしまったときにも、サッと使えて手間がかかりません。片手で軽く扱えるほどのコンパクトさなのに、スティックタイプのコードレス掃除機と同じくらいの吸引力があるのもポイントです。ペットの毛を吸い取るのもラクラクなので、ソファやベッドの高さのある掃除に使うのにも良いでしょう。小型でもしっかり使える機能性があります。

商品名:EVOPOWER 充電式ハンディクリーナー

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事