「お姉ちゃん」をなんて呼ぶ?ちょっとだけ照れちゃう、呼び名の話。【しまおまほのおしえてコドモNOW!】 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE子育て

2019.11.22

「お姉ちゃん」をなんて呼ぶ?ちょっとだけ照れちゃう、呼び名の話。【しまおまほのおしえてコドモNOW!】

おしえてコドモNOW!は、エッセイストのしまおまほさんが、今を生きるバラエティに富んだ子どもたちに出会い、限られた時間で彼らの本音を聞き出すという大人気連載。2017年から続くこの連載が「ベビモフ」から「Domani」公式ウェブサイトにお引っ越しして、再開です。

Tags:

第27回:リカちゃん(10歳) マリちゃん(7歳)

ちょっとだけ照れちゃう、呼び名の話。

東京湾がすぐそこに見えるマンション。ここにリカちゃんとマリちゃん姉妹が住んでいます。お家に伺って、まずおしゃべりを始めたのは妹のマリちゃん。

マリ:もーリカァ! さっき貸したヤツどこやったのー?

リカ:……。

マリ:もーすぐにどっかやっちゃうー。あ、コレコレ。リカとわたしが好きなマンガ。

リカちゃんとマリちゃんが部屋から抱えて持ってきてくれたのは、動物がテーマのコミックでした。

しまおまほ(以下、まほ):ミラクルラブリー……感動のどうぶつ物語……天国のきみへ……。へーこんな漫画が人気なんだ。

マリ:(漫画を読んで)クククク……ねえねえ、ココ、おもしろいよ。

まほ:4コマ? どれどれ……猫の名前を普通に呼ぶとニャーンと振り向いて……「すぶた」って呼ぶとゴロンと転がる……?????

マリ:クククク! ね、おもしろーい!

まほ:……。

マリ:ねえねえ、これ、犬なのにライオンって書いてある……ハハハ!

妹のマリちゃんはさっそくおしゃべり開始。漫画を音読したり、今日の出来事を話したり。一方、姉のリカちゃんは座って淡々とそれにツッコミをいれながら漫画を読んでいます。

まほ:マリちゃん、さっきリカちゃんのこと「リカ」って呼んでたけど、「お姉ちゃん」とは呼ばないの?

マリ:リカが呼ばないでって。

まほ:そうなの?

リカ:「お姉ちゃん」って、なんかキモい。

まほ:えー! そう? そうかなあ。自分がそう呼ばれることに抵抗あるんだ。

リカ:ウン(うなずく)。

まほ:わたしは子どもの時、親を「ママ」「パパ」って呼ぶことに照れがあったから「お母さん、お父さん」だったけど。

マリ:リカもパパ、ママって呼んでるよ!

リカ:それは、キモくない。

まほ:んーじゃあ、「じぃじ」「ばぁば」は?

リカ:それはちょっとキモい。

まほ:そうなんだ! じゃあ「ねぇね」って呼ばれるのも……。

リカ:やだ。キモい。

マリ:あ、ミカン食べていいよ。

まほ:え?ああ。ありがとう(笑)。

マリ:これね、おばあちゃんから送られてきたの。

まほ:そうなの?

母:違うよ。それはスーパーで買ったヤツ。

マリ:あ、まちがえちゃった〜。アハハハ! はい、食べていいよ。

まほ:ありがと(笑)。

忙しくて、時間がない!? その理由は?

まほ:リカちゃんとマリちゃんは一緒によく遊ぶ?

リカ:遊ばない。時間ない。

まほ:そうなの?

マリ:リカは塾で忙しいのよー。

リカ:うん。忙しい。

まほ:へー大変だね。マリちゃんはまだ塾には行ってないんだ。

マリ:公文式行ってる。

まほ:そのうちリカちゃんと通うんでしょ?

マリ:えーやだーメンドくちゃい。行きたくなーい。

まほ:リカちゃんは?塾楽しい?

リカ:疲れる。特に金曜。

まほ:週に何回行ってる?

リカ:2回。昨日と明日。

まほ:昨日……何曜だっけ。

マリ:きんようびー!

リカ:ちがうでしょ。昨日はすいよう! 今日、もくよう!

母:水曜は国語と社会で、金曜は算数と理科を習ってるんです。

まほ:そういえば、さっきトイレに行ったら壁に漢字表貼ってあったね。

マリ:わたしはね、明日英語。あーメンドくちゃい。

まほ:マリちゃんはめんどくさがりなの?

マリ:あーんーそうねー歩いたりするのが……。

まほ:歩くのがメンドくさい?

マリ:もーぜんぶ自動でやってくれたりしたらいいんだけどー。

まほ:リカちゃんは、塾には行きたいって自分で言ったの?

リカ:ううん。親が……。

まほ:行ったら?って言われたんだ。

リカ:うん。

まほ:いつから行ってる?

リカ:小2の終わりくらいから。

まほ:あ、結構前から行ってるんだね。

母:ここの近所は子どもが多くて。小学校高学年から行こうとすると、もう枠がなくなるよって聞いて、それで早めに……。

まほ:そうなんですね。

母:でも、この間受け入れ人数の枠が増えて、結局そんなに焦らなくても良かったという……。

リカ:ねー。だからもうさー4年からじゃよかったじゃーん。金曜はヤダー。水曜しか楽しくない!

まほ:算数と理科が苦手なのね。いま何勉強してるの?

リカ:方陣算。

まほ:なにそれ。初めて聞いた。

リカ:これ問題。

まほ:どれどれ……碁石を正方形に並べて、辺の数や全部の数を計算するんだ……。問題見てるだけで気が遠くなってくる……。

マリ:じゃあ、問題ね。わたしは、足し算と引き算どっちが好きでしょうか?

まほ:えーっと、足し算。

マリ:すごい! ピンポーン! なんでわかったの?

まほ:なんとなく(笑)。


ちょうど夕食の時間になり、お母さんが用意してくれたカレーをみんなで食べることに。

マリ:ねーママ! カレーに銀杏入ってるよ!

リカ:これ、銀杏じゃないよ。じゃがいもでしょ。

マリ:あ、ホントだ。

まほ:銀杏好きじゃないの?

リカ:キライ。

マリ:銀杏ってゲーだよ! 登校班で学校行くときに銀杏が落ちてるトコロ……(しかめっ面になって)もーヤバイのよ〜! ハンカチで鼻おさえてもくっさい!

リカ:リカと同じクラスの子で銀杏食べれる子いるよ。

マリ:えっ! すごいっ!

まほ:登校班ってのがあるんだ。もちろん、リカちゃんとマリちゃんは一緒なのよね。

リカ:うん。

マリ:いつも行く時、おじちゃんが連れてるウメちゃんって犬がいて、もーかわいいの!

リカ:ウメちゃん、かわいい。

マリ:だからみんなでウメチャンウメチャンウメチャンウメチャンウメチャンウメチャン!って声かけるのー。あ、カレーにチーズお好みでどうぞっ。

まほ:(笑)。

マリ:ウメチャン、フワフワでナカジマくんが触ってて、わたしも触りたいけど、まだ触ってないのー。

リカ:え、わたし触ったことあるよ(自慢げに)!

マリ:いいなーいいなー。

まほ:マリちゃん、学校まで行くのに歩くのはメンドくさくないの?

マリ:え、あーそれはケシケシで!

まほ:え? 消し消し?その話はナシってこと?

マリ:うん! ケシケシ。

まほ:ケシケシっていいね。いつも使ってるの?

マリ:いや、今かんがえた。キャハハ!

文句を言っても、姉妹はやっぱり仲良し。

まほ:ふたりはよくケンカする?

リカ:うん。たまに。

まほ:どんなことで?

マリ:うばわれて!

まほ:あー物の取り合いか。姉妹のこんなところが違うなとかって、ある?

母:リカは真面目。マリは明るすぎ。マリは生まれる前のことを覚えてるって言うんですよね。

まほ:そうなの?

マリ:天国にいる時のことね。

まほ:「天国にいる時」って言う気持ちわかるわー。わたしもこどもの頃、生まれる前のことを「死んでた時」って表現してたもん。で、お腹の中でなにしてたの?

マリ:リカとケンカしまくってた。

リカ:えー!? 生まれる前に? 意味わかんない。

まほ:へえ! じゃあ、リカちゃんとマリちゃんは生まれる前から一緒だったのかな。

マリ:そうなのかな。それはわかんない。

リカ:わかった! お母さんのお腹の中にリカとマリのタマゴがふたつあってー、タマゴ同士でケンカしてたんじゃない?

マリ:わかんなーい。

まほ:リカちゃん、今までの大事件は?

リカ:うーん、頭縫った。

まほ:どんな怪我?

母:下校時に持っていた閉じた傘に足がひっかかって転んだんです。

まほ:なにで怪我するかわからないですね……。痛かったでしょ。

リカ:ううん。それより……。

母:病院の先生がカッコよくてドキドキしちゃってね。

まほ:そうなの?

リカ:へへへ……。うん。

まほ:リカちゃん、クールそうに見えるけど、そういうところは素直にカッコいいって言うんだ。

母:色白で目がくりくりしてて……素敵だったよね♡

まほ:お母さんも(笑)。好きなアイドルとかいるのかな?

リカ:嵐。相葉くんが好き。

まほ:へえ! 小学生で嵐が1番に出るって、今や珍しいのでは? マリちゃんは誰が……あれ! 何してるの!

マリちゃん、いつの間にか食卓を離れたかと思えば、わたしの後ろで同行した編集者Oさんの足を押さえ、腹筋をさせていました。

Oさん:(黙々と腹筋)

まほ:ちょっと、なんで腹筋させてるのー!

マリ:わたしはね、アムロちゃんが好き!

おしゃべりでひょうきんなマリちゃんと、それをクールに見守るリカちゃん。タマゴのころからケンカしてただけあって、ベストコンビネーションな姉妹でした!

つづく

ママからのひとこと。

真面目なリカ。最近、少しお姉さんのお年頃になり、恥ずかしがってちゃんと話せるか心配でした。
一方、天真爛漫なマリ。朝起きてから夜寝るまでマシンガントークなので、逆に何を喋るか心配でした。そんな心配をよそに次から次へと自分達の事を好きなように話し……。会話を離れた所で聞いていると、うまい具合に掛け合いが成立してる。
けんかもするけど、仲良く遊ぶ時は思いっきりゲラゲラ笑いあう二人。
いつまでもその調子で!
                       母(メーカー勤務)より

文・絵/しまおまほ 編集/小川知子  デザイン/根本真路

エッセイスト、イラストレーター

しまおまほ

1978 年生まれ。主な著書に『ガールフレンド』『マイ・リトル・世田谷』(共にスペースシャワーブックス)などがある。

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事