『あさりちゃん』の著者に聞く「令和のジェンダー論」って?【室山眞弓・眞里子先生に突撃インタビュー】 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLEエンタメ

2020.03.11

『あさりちゃん』の著者に聞く「令和のジェンダー論」って?【室山眞弓・眞里子先生に突撃インタビュー】

あの名作コミック『あさりちゃん』から「生き方」を学ぶ、話題の連載第2弾!今回は「ジェンダー」をテーマに、作者のおふたりに体当たりインタビューしてきました。

あさりちゃんに学ぶ「目ウロコ生き方論」

40年以上愛され続ける少女ギャグ漫画『あさりちゃん』には、家事や仕事に頑張るワーママが楽しく生きるヒントが隠れてる!と聞きつけ、パワフルで豪快な作者としても有名な室山まゆみ(室山眞弓・眞里子)先生にインタビューします!

まずは、「あさりちゃん」の登場人物をおさらい。

登場人物

浜野 あさり…桜貝小学校4年生。明るく元気で学校一の人気者!運動大好き。勉強大嫌い。

浜野 タタミ…桜貝小学校一の秀才。弱点は、ピーマンと水泳。趣味は勉強と読書と貯金。

浜野 さんご…別名キューリママ。九州出身。不器用だけど何にでも挑戦する元気なママ。

浜野 イワシ…女3人に囲まれて優しくおとなしいが、賑やかな家族を大切にしているパパ。

【vol.2】令和のジェンダー論

今回はオネエの悪魔「かまくま」さんが登場する物語から抜粋。「女の子ってお買い物が大好きよね!」という本来のテーマよりも気になってしまった「KAWAII」「女装家」「オネエ」などのキーワードをネタに室山先生へインタビューしてきました。

てんとう虫コミックス 『あさりちゃん』(小学館刊) 第99巻「KAWAII悪魔♡」より

私たちは第1期腐女子だから(笑)

小さいころに何話か読んではいたものの、改めて『あさりちゃん』を読み返してみると、漫画の中で登場するキャラクターやフレーズに驚かされることも。

『あさりちゃん』の中でもオネエの悪魔キャラが登場し、「女装家」「KAWAII」などのフレーズも気になってしまい…。

妹・眞里子(以下、妹)「私たちはなんせ第1期腐女子(笑)。中学生時代からボーイズラブを見て、こんな漫画があるんだ!こんな小説があるんだ!って面白いと思って読んでたの」

姉・眞弓(以下、姉)「書店でコソコソって買って、コソコソ読んでたから、すごく自然にその世界に(笑)」

小さいころから「女性だから」「男性だから」などは気にしない環境だったとか?

「母がとってもオープンな人だったから、私たちもあまり “女性だから” “男性だから” とかは気にせずに育ったのよ。父のほうがシャイで、気まずい話題になると席を立つ(笑)」

「父は繊細だったのよね。それに比べて、母はざっくばらんになんでも話してくれた」

「小学生のとき、女性誌に現代の3大美女という特集があって、1位はエリザベス・テーラー、 2位は忘れちゃったけど、3 位が美輪明宏さんだったのよ。とってもゴージャスなドレスを着た美輪さんが写ってて、日本でいちばん綺麗なのは、男性なんだ!ってみんなで話したりね」

「そんな環境の中、そんな母に育てられたから、ジェンダーに対して強い意識をもったこともなく今にいたってる(笑)」

おすぎとピーコさんに 憧れたことも!?

漫画の中で「女装家」とか「おかま」なんてフレーズが明るく飛び交って、思わず笑ってしまい…。

「昔からテレビでおすぎとピーコさんを好きでよく見てたから、いわゆるゲイの人たちには慣れ親しんでたの。テレビやラジオでおふたりのトークを聞いて、いいなぁって。だって、女言葉にすることで、言いたいことをズバズバ言ってるのに相手を傷つけない。好きに発言していて正直羨ましかったの」

「自由になんでも言えていいなってね」

「この前乗ったタクシーの運転手さんが、髪も手もとっても綺麗でね。でも名前を見たら男性だったのよ。多分、運転手さんは体が男性で心が女性だったんだと思うんだけど、最初は若い女性の運転手さんで珍しいねって思ったほど綺麗で素敵だったのよね(笑)」

「今は本当に色んな人がいて、それが楽しいわよね」

LGBTに対して何も偏見がないおふたりに、当事者としては心強く思っています!

「気が楽だから昔はよくゲイバーにも行ったしね」

「なんせ、私たちって第1期腐女子だからね(笑)。新宿2丁目歩いてるときも、あなたの知らない世界に踏み込んじゃった、なんて喜んだりね」

姉「ゲイの団体と気づかずにその団体の中をヌケヌケと歩いちゃったときには、シッシッなんて手で払われちゃったりもしたなぁ。懐かしいわ(笑)」

と、とっても楽しそうに語ってくださったおふたり。ゲイを代表しておふたりにはお詫びをお伝えして終えましたが、LGBTに対してフラットに接してくださる室山先生姉妹。こんな素敵な方たちのような人が増えてくれるといいなぁと心から思ったインタビューでした。

編集後記:すべてにおいて明るく前向き!性別なんか関係ないと思わせてくれるおふたりでした

あっという間の2時間でした(笑)。「KAWAII悪魔♡」はもともとはお金を気にせずお買い物するのって楽しいよね!というテーマながらもその中に登場する「おかまの悪魔」キャラや「女装 家」「オネエ」などのフレーズに反応してしまい、テーマに選びましたが、おふたりのざっくばらんなお言葉の数々にたくさんの元気と勇気をいただきました。ありがとうございます!

あわせて読みたい
▶︎不朽の名作コミック『あさりちゃん』から学ぶ「大人になること」って?【室山眞弓・眞里子先生に突撃インタビュー】

「あさりちゃん」公式サイト
「あさりちゃん」公式Twitter

構成/鈴木啓水 再構成/WebDomani編集部

漫画家

室山まゆみ

熊本県出身の漫画家姉妹。姉・眞弓、妹・眞里子。1976年「がんばれ姉子」でデビュー。代表作「あさりちゃん」は、1978年「小学二年生」で連載スタート。2014年にコミックス全100巻をもって雑誌連載を完結。「二人組による1コミックシリーズ最多発行巻数(女性作家)」として、ギネス世界記録に認定された。

エディター

Keisui Suzuki

PRの仕事をメインにエディター業もこなす、年間100日は日本にいないデジタルノマド。世界中の〝イケメン〟とスイカが大好き。【ほぼ毎日更新中】Instagram@keisui

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事