ニトリと無印良品にあった!シールマニアが惚れ込んだ超優秀な収納ケース【シール大臣の大人かわいいシールライフ】 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE暮らし

2020.04.18

ニトリと無印良品にあった!シールマニアが惚れ込んだ超優秀な収納ケース【シール大臣の大人かわいいシールライフ】

シール収納の愛用品として前回ご紹介した多段チェストの他にも、シールマニアの私・シール大臣が愛してやまないとっておきの収納用品がニトリや無印良品にあるんです! 今回はそのイチオシポイントをご紹介します。

Tags:

愛してやまない最強収納用品はコレ!

シールが大好きで毎月たくさん集めてしまう私。きちんと数えたことはありませんが、現在はシートシール・フレークシールあわせておそらく2,000〜3,000種類ほどのシールを持っています。それだけのシールを前回紹介した多段チェストだけで収めることは難しいので、あわせて使っている収納用品がありまして、それがニトリの収納ケース Nインボックス (ハーフ)/(クォーター)」と無印良品の「ポリプロピレンケース・引出式・深型(V)」です。特に前者に関しては既に何度もリピ買いしている程の溺愛っぷり。ちなみにこれらのケースには多段チェストに収まり切らなかった分のシールや、形状やサイズがイレギュラーなシールを中心に収納しています。

▲ニトリ「収納ケース Nインボックス (ハーフ)/(クォーター)」「フタ」

▲無印良品「ポリプロピレンケース・引出式・深型(V)」

「これってシール専用?」と思えるくらい、あらゆる要素がぴったり!

「この2つのケースのどこがそんなに優秀なの?」と思われた方もいらっしゃるかと思いますので、シールマニア視点でぴったり! なポイントを解説させていただきます!

(1)サイズ感がぴったり!

これには私も驚いたのですが、シール専用の収納ボックスかと思えるくらいあらゆる形状のシールにぴったりのサイズ感になっています。シートシールもフレークシールもイレギュラーな形状のシールでさえも、写真のような入れ方をすればすっきり無駄なく収まる大きさになっているんです! さらにケースの高さも素晴らしく、シールを立てた状態でフタをしめても折れ曲がることがありません。ここまで来ると、もはやフィットしすぎて怖くありませんか(笑)?

▲クォーターサイズに入れたシートシール

▲クォーターサイズに入れたフレークシール

▲クォーターサイズに入れたロールシール

▲ハーフサイズに入れた複雑なパッケージのロールシール

(2)増設のしやすさがマニアにぴったり!

▲どんどん買ってどんどん積んじゃいましょう!? 別売りのフタを使えばほこりからも守れます◎

この収納ボックスは積み重ねることができるので、持っているシールの数に合わせてカスタマイズすることができます。しかもニトリや無印良品の商品ですから、後から追加で欲しくなったときに同じものを買えるという安心感もあり、まさにどんどんコレクションが増えていくシールマニアにこそぴったりの収納用品といえるのではないでしょうか。

(3)コスパのよさがぴったり!

▲ニトリ「収納ケース Nインボックス (ハーフ)」ならこんなにごっそり入っちゃいます!

シール好きですから、やはりシール自体にお金をかけたいのが本音です…。そこへこの2種類の収納ケースときたら、いずれも1つあたり3ケタ価格でゲットできちゃうのですからありがたい話。しかも1つ買えば大量に収納することができるので、ファイルを何冊も買うよりもコスパが抜群にいいんです!

これらの収納用品さえあれば今後シールの収納に困ることもなくなるので、安心してシールをたくさん買えそうですよね! 大量のシールの収納にお悩みの方はぜひお試しあれ♡

さて、次回は文具女子が憧れる”アレ”をつくっちゃいます! ぜひご覧くださいね♪

撮影/黒石あみ

あわせて読みたい
“シール大臣の大人かわいいシールライフ”始まります!
こんなの見たことない!?シールマニアのシールだらけの引き出し初公開!

画像ALT
シール大臣

シールが好きな会社員。シールの所有数は2,000を越える。ほぼ毎日SNS上で新作シール情報やお気に入りのシールの紹介、レビュー、使い方などを投稿中。SNSのフォロワーはインスタグラム2.3万人、ツイッターは2000人以上。オリジナルキャラクターも制作しており、SNSでも度々登場しシールや使い方等を紹介しています。LINEスタンプも発売中
〈シール大臣(左)〉シール集めが大好きなシールの樹海の住人。「欲しーる」「嬉しーる」など語尾にシールをつけることが口グセ。〈ハリコロくん(右)〉シールを貼ることが大好きな貼りねずみの男の子。いたずらっ子でシール大臣が集めたシールを勝手に使ってしまうことがある。シール大臣とハリコロくんはシールを愛する仲間を増やすための活動をしている仲よしコンビ。

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事