【身長153cmのコーデ】梅雨の日のクライアントとの打ち合わせ、何を着る? | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

FASHIONファッションの悩み

2020.06.17

【身長153cmのコーデ】梅雨の日のクライアントとの打ち合わせ、何を着る?

「とにかく“バランスが良く見える”着こなしが絶対条件!」という身長153cmのフリーPR兼エディターの小川ゆりさん。梅雨のとある1日の、コーディネートをご紹介します。

Tags:

梅雨の日にクライアントと打ち合わせ!何を着るのが正解?

小川ゆり

東京もいよいよ梅雨入りし、天気が読めない日々が続き迷ったときは「とりあえずパンツにスニーカーにしちゃう?」とカジュアルなコーディネートになってしまいがちなのですが…、きちんと感を出さないといけない日にはフェイクレザーのボトムスをセレクトするのが私流。 

この日選んだのは〝ZOZOTOWN〟で見つけた韓国ブランドのアイテムで、価格は約7,000円。スキニーパンツをはいてカッコ良く、という気分の日もあるのですが、低身長な私は「バランスの良いおしゃれを楽しみたいな」と思うと、つい手を伸ばしちゃうのが、動きの出るフレアスカートなんです。ボリュームのあるスカートとのバランスをとるために、トップスは〝AURALEE〟のギザボートネックでコンパクトに。

どんよりしがちな雨の日には、顔まわりは明るい色を持ってくるようにしています。ピアスもシルバーのインディアンジュエリーでシンプルながらも程よい存在感のあるものを選ぶようにしています。

小川ゆり

レザーボトムスは〝ZARA〟などのデイリーブランドからも最近多く出ていますよね。ポリエステル×ポリウレタン素材が多いので、雨で濡れても水を弾いてくれて重宝しています。多少の雨ならさっと拭き取ればすぐに乾くうえ、最近は洗濯機OKのものも数多くあるので、とにかくヘビロテ中。洗濯後もシワにもなりにくくお手入れが楽チンです。さらに、最近のフェイクレザーは、本物の革のようになめらかで美しい風合いが、上品に決まりお値段以上のクオリティも見逃せません。

小川ゆり

きれいなアイテムでまとめすぎると、ちょっと古めかしくコンサバになってしまうので、小物合わせで程よくカジュアルダウンさせるのもポイント。チェック柄のファブリックを使用した〝PELLICO〟のミュールを足元へ。目を引くチェックがかわいいのはもちろん、ファブリック素材なので履く前のケアとして防水スプレーと裏貼りをしておけば、雨の日でも履いてお出かけしちゃいます。さらに、〝NOMADIS〟の特大キャンバスバッグ「Arles」で遊び心をプラス。スカートを主役にブラウンからベージュのトーンでスタイリングすることで、重く見えがちなレザー素材でも軽やかな印象になります。

新しいクライアントの方と日々、顔を合わせをすることが多い仕事柄、「初めまして」でもきちんと感が演出できてさらに、雨の日も気にしないではけるフェイクレザーのスカートは、私にとって神アイテムと言っても過言ではありません(笑)。

あわせて読みたい
▶︎【身長153cmのコーデ】初夏のおしゃれ業界人との打ち合わせ、何を着る?

小川ゆり

フリーPR・エディター

小川ゆり

セレクトショップのビジュアルコーディネーター、イタリアシューズブランド〝ペリーコ〟、人気バッグブランド〝A VACATION〟のPRを経て2020年6月よりフリーランスのとして独立。アパレルブランドを始め、ライフスタイル雑貨のPRを担当するかたわらWEB Domaniではエディターとしても活躍。プライベートでは小学4年生の男児と小学2年生の女児の2児の母。153cmの低身長ならではのスタイリングや、ワーママライフを楽しむ暮らしをインスタグラムで更新中

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事