まるで海外!?絶景を望むザ・リッツ・カールトン日光が魅力的すぎ! | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE

2020.09.26

まるで海外!?絶景を望むザ・リッツ・カールトン日光が魅力的すぎ!

旅好きワーママエディターN子が、今年7月にオープンしたザ・リッツ・カールトン日光に行って来たので紹介します!

Tags:

マイクロツーリズムで叶う!圧巻の絶景を望む湖畔リゾートが登場!

海外に行けない今、都内から約2時間で行けるリゾートホテルとしてオススメしたいのがザ・リッツ・カールトン日光!中禅寺湖を望む好立地に今年7月にオープンしたばかりのピッカピカのホテルなんです!リッツカールトン初となる露天風呂付き温泉施設があると話題に!

旅好きワーママエディターN子もオープン前から気になっていて、先日家族で行ってきました。日光は修学旅行ぶりに訪れましたが、世界遺産の日光東照宮、華厳の滝、日光江戸村など観光スポットもたくさんあり、子連れ旅に最適なところだったので紹介します!

非日常を味わえる、エレガントで洗練された空間に癒される!

まず、ホテルに入るだけで、流れている空気が違う!木をふんだんに使っているので香りも爽やか、天井が高く広々としていて、まるで海外に来たような感覚に。チェックインをしたロビーラウンジは、和モダンシックなインテリアにまとめられ洗練された雰囲気。ラウンジから、広々としたグリーンの中庭と中禅寺湖を眺めることができます。開放的な空間にソファがあらゆる所に置かれていて、ゆったり落ち着いて過ごせるのがいい。また、中庭を通ってすぐ中禅寺湖に出られて便利。滞在中、何回も中禅寺湖に散策に行きました!

ルームキーも木製でとにかくおしゃれ!子どもには、アドベンチャーパスポートがもらえて、簡単なスタンプラリーができました。また、チェックイン時にもらえるリストバンドを見せるとアイスが無料でもらえるサービスがあり、子どもも満足!また、別途料金がかかりますが、客室内でキャンピングテントを体験したり、日光三猿「見ざる・言わざる・聞かざる」の人形宝探しができるリッズ・キッズプログラムもありました。

中禅寺湖ビューの客室からは、思わずため息が出る絶景を一望!

ウッドの香り漂う和モダンでまとめられた客室は、センスが良くとても心地いいんです。手前はベッドスペース、奥がリビングスペースになっていて、広々として快適。中禅寺湖ビューの客室からは、素晴らしい湖の景色を一望できます!ソファのあるテラスにはランタンがあるので、夜はスタッフに点火してもらうこともできます。浴室の写真は男体山ビューの客室ですが、こちらはグリーンを眺めることができ、まるで森の中にいるような気分に。どちらの客室も景色がいいので、眺めているだけで癒され効果抜群!

開放的なレストランのテラスが最高に気持ちいい!

レストランは、和食、洋食の2つのダイニングと、アフタヌーンティーを楽しめるロビーラウンジやバーを併設。朝食は和食レストランでいただきました。現在は、和朝食と洋朝食のセットのみ。地元の農家の方々がこだわりを持って育てた卵料理を楽しめます。テラスでいただく朝食は本当に気持ちが良かったです!

リッツカールトン初となる温泉施設があるのが魅力!

スパ棟には、温泉、フィットネススタジオ、スパがあり、写真は温泉の隣にある休憩エリア。日光湯元温泉の源泉を引く温泉は、乳白色のなめらかな肌触りでずっと入っていたくなるほど!お風呂上がりは肌がすべすべになっていて感激!温泉エリアもとても広くて綺麗でソーシャルディスタンスもバッチリ、入浴するだけで癒されました。

子連れファミリーが気になる子供料金ですが、小学生までは添い寝1名まで無料なのも嬉しい!コロナ対策も完璧で安心してホテルで過ごせました。何もしない贅沢を楽しむのもいいし、観光スポットに行くのもいいし、久々に訪れた日光にすっかり魅了され、次は紅葉時期に行きたいと計画中。都内からも程よく近く、気軽に海外気分を味わえるのでオススメです!Go Toトラベルキャンペーンを使ってぜひ訪れてみてはいかがでしょうか?

*今回紹介したのは取材時(2020年8月下旬)の情報になります。

ファッションエディター

N子

大学卒業後、会社員を経てファッションエディターに。旅行やインテリア好きな9歳男の子ママ。ステイホームをきっかけに「愛の不時着」にハマりヒョンビン沼から抜けられません!韓国ドラマをみるのが日々の楽しみ♡

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事