インスタ映え確実!ホムパで喜ばれるロゼワイン | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLEグルメ

2020.10.19

インスタ映え確実!ホムパで喜ばれるロゼワイン

ロゼワインのピンクは女性にとってのハッピーカラー。日々の暮らしやホムパなどに取り入れて、活用してみませんか。

Text:
鳥海 美奈子
Tags:

ピンク色のワインで女性らしさをアップ

プロヴァンスのロゼワインのピンク色は、女性らしさを高めてくれるハッピーカラー。ピンクは女性ホルモンに働きかける効果があって、柔らかさや思いやり、繊細さといった女らしい感情を高めてくれるといわれています。

となれば、もう日々の暮らしのなかでプロヴァンスのロゼワインを活用しない手はないですね。

たとえば、少しゆったりできる週末の午後、夫とふたりで。また華やかなパーティーをするときもエレガントな雰囲気を演出するロゼはぴったりだし、お友だちを集めてホムパをするなんていうカジュアルな場にだっておススメ。つまり、どんなシーンにも合ってくれるというわけなのです。

▲ ナプキンなどもワインのピンク色に合わせてテーブルコーデ

そんなときは、テーブルコーデもロゼを意識すると、ぐっとハイセンスな印象になりますよ。ピンクのバラやチューリップなどの花を飾ったり、テーブルクロスやナプキン、食器などに差し色としてピンクを使ってみてはいかが? ハッピームード高まることウケあいです。

▲ イチゴ、イチジク、桃などピンク系の果物とは味わいも好相性

参加する人はみなピンクメイクをするとか、ピンクの服や小物を取り入れるなんていう ”ピンク縛り” も、遊びココロがあってもいいですね。

そんなピンクカラーは、インスタ映えすること確実。アメリカのSNSでロゼワインが人気になったのは、この ”映え” の力も大きかったといわれています。

プロヴァンス・ロゼのボトルの形は、溜息が出るほど美しいものも

そんなインスタ映えするボトルのひとつが、1740年以来、13世代にわたって女性当主や伯爵夫人がオーナーを務めてきたシャトー・ド・サン・マルタン。現在、このシャトーのオーナーであるマダム・ド・バリーが生み出した「エターナル・フェイバリット・キュヴェ」のボトルは、まるで香水瓶を思わせる現代的なフォルム。香りもジャスミン、ライラック、桜などアロマティックで、味わいも繊細かつエレガント。

▲ 「エターナル・フェイバリット・キュヴェ」

さらにシャトー・ルビンヌのその名も「ラ・ヴィ・アン・ローズ」=「バラ色の人生」は、そこに置くだけで場の雰囲気をがらりと変えてくれるほどゴージャス。ボトルには、白いバラがシルクスクリーンで描かれていて、ワインのロゼ色と美しく調和しています。イチゴなどフレッシュな果実の香りと味わいがあって、とてもフェミニンなワインです。

▲ 「ラ・ヴィ・アン・ローズ」

ロゼはアロマ豊かで果実感があるので、誰もが美味しく、気軽に飲めるのも魅力的。プロヴァンスのロゼを、もっと身近に楽しんでみませんか。

協力/プロヴァンスワイン委員会 (CIVP)、テイスト・フランス・マガジン

▼ あわせて読みたい記事
え? チーズにこのワインってあり?知らなきゃもったいないフランスで楽しまれている飲み方は?
「家飲み」バンザイ!赤ワインとお刺身の意外な組み合わせ方
アンジーもジョージ・ルーカスも魅了されたロゼワインの魅力って?

画像ALT

ライター

鳥海 美奈子

共著にガン終末期の夫婦の形を描いた『去り逝くひとへの最期の手紙』(集英社)。2004年からフランス・ブルゴーニュ地方やパリに滞在、ワイン記事を執筆。著書にフランス料理とワインのマリアージュを題材にした『フランス郷土料理の発想と組み立て』(誠文堂新光社)がある。雑誌『サライ』(小学館)のWEBで「日本ワイン生産者の肖像」連載中。ワインホームパーティも大好き。

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事