Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

FASHION着こなしのお手本

2021.12.06

フェミニンってどういう意味? 大人の女性におすすめのコーデ37選と共に解説

「フェミニン(feminine)」とは女性らしいことを指す言葉で、女性らしい仕草や動き、優しそうで優雅な雰囲気を意味しています。似ているテイストで「ガーリー(girly)」もありますが、こちらは少女っぽい女の子テイストな甘めなファッションのことを指しているので、より大人っぽい優雅なテイスト=「フェミニン」と言うことができます。今回は、ファッションにおける「フェミニン」の意味を代表的なコーデと合わせてご紹介していきます。

Tags:

【目次】
大人のフェミニンコーデとは?
冬におすすめのフェミニンコーデ
夏におすすめのフェミニンコーデ
春・秋におすすめのフェミニンコーデ

大人のフェミニンコーデとは?

ファッションはもちろん、容姿や仕草を表現するときにも使われる「フェミニン(feminine)」。「ガーリー(girly)」よりももっと大人っぽく、エレガントな雰囲気のことを意味しています。そんなフェミニンスタイルって、ファッションで言うとどういうコーデのことを指しているのでしょうか?今回は、実例となるコーデとともに、大人にちょうどいいフェミニンな着こなしをご紹介していきます!

  1. 全体を優しいトーンでそろえれば、フェミニン度がグンと高まる!
  2. 今、フェミニン系のファッションにおすすめの差し色は「淡いブルー」
  3. 淡色のトップスやレディな小物は、デニムスタイルを大人フェミニンに着こなすポイント!

 

冬におすすめのフェミニンコーデ

【1】グレースエット×デニムパンツ×ピンクコート

【1】グレースエット×デニムパンツ×ピンクコート

スモーキーピンクで大人な甘さを楽しむモヘアコート。グレーのスエット×デニムで、フェミニンなムードをカジュアルに中和。

▶︎フェミニン感漂うピンクコート、カジュアルに着こなすなら?

【2】茶色ワンピース×ベージュショートブーツ

【2】茶色ワンピース×ベージュショートブーツ

アシメトリーすそのフェミニンなワンピースを足元で印象チェンジ。スエードとストレッチ素材のコンビネーショ ンがしゃれたブーツは、チョコブラウンのワンピースの抜け感として合わせて。

▶︎フェミニンなチョコブラウンのワンピース、今年っぽく着こなすには?

【3】白コート×水色ニットワンピース×ベージュショートブーツ

【3】白コート×水色ニットワンピース×ベージュショートブーツ

優しいライトグレーだから 大人フェミニンも甘すぎない。首元にあしらわれたレザーパイピングとゆるやかなAラインシルエットのおかげで、 リラックス感の中にも上品な女らしさが漂って。堅苦しくなく、でもきちんと見せたいお呼ばれシーンに最適。

▶︎好感度抜群!やわらか配色のリラクシーコーデ【明日、何着る?】

【4】黒ニット×チェック柄ジャケット×水色タイトスカート

【4】黒ニット×チェック柄ジャケット×水色タイトスカート

モノトーンツイードのCPOジャケットを、タートルニット×タイトスカートの上にさらりとはおってベルトマーク。フェミニンでいて小粋、どこか女優っぽいスタイルに。

▶︎【ZARA】でジャケットを選ぶなら、ひねりのあるチョイスが正解!

【5】黒ニット×黒スカート×チェック柄ストール

【5】黒ニット×黒スカート×チェック柄ストール

黒の着こなしにストールで色を差すのは、即、おしゃれに見えるおすすめテクニック。特にこんなマイルドなブルーのチェック柄なら肌なじみがよく、さりげないムードでまとまる。軽やかな色味ゆえ顔映りがいいので、多忙な日こそ頼って。ファーポケット付きの黒スカートは、はくだけでしゃれたアクセントが生まれ、コーディネートの精度を上げてくれる。

▶︎黒コーデはやさしい色味の小物を加えて着こなしの鮮度をアップする

【6】黒コート×水色ブラウス×黒パンツ

【6】黒コート×水色ブラウス×黒パンツ

とろみのあるボウタイブラウスと、上質なかっちりバッグ。もしもこれが白やベージュなどのベーシックカラーだとしたら、もっとコンサバティブな印象にまとまっているはず。ともにスモーキーなペールブルーだからこそ、大人ならではの遊び心が漂うフェミニンなコーディネートに。

▶︎黒パンツに合わせるブラウス、ワンランク上の着こなしにはこの色がいい

【7】黒ニット×水色プリーツスカート×黒ブーツ

【7】黒ニット×水色プリーツスカート×黒ブーツ

切れ味のいい配色だから素材感で女らしさを盛る作戦。歩くたびにすそが揺れる、ロイヤルブルーのプリーツスカートが華やかさをぐっと高めてくれる。

▶︎黒コーデがマンネリ…という人に即トライしてほしいコーディネート【今日のコーデ】

【8】黒ニット×グレータイトスカート×黒ブーツ

【8】黒ニット×グレータイトスカート×黒ブーツ

スカート以外はピリッと黒で統一。モードマインドを刺激する、辛口フェミニン。冬らしいウールの上質感をダイレクトに楽しめるスカート。ロングブーツや大ぶりピアス、フリンジバッグといったキャッチーな小物合わせでスタイリッシュに寄せて。見る人に余韻を残す、絶対的なこなれ感を約束してくれる。

▶︎ハズさないおしゃれ見え配色!黒×グレーの美人力

【9】水色コート×黒ニット×黒スカート

【9】水色コート×黒ニット×黒スカート

このダッフルコートは、落ち着いたトーンのブルーと大人仕様のデザインのおかげで、はおるだけでさまになる。黒のレザースカートなど、シャープな素材で引き締めて。

▶︎【ebure】のカラーダッフルコートがあれば、冬のおしゃれがもっと素敵に!

【10】黒ジャケット×黒ニット×ピンクチュールスカート

【10】黒ジャケット×黒ニット×ピンクチュールスカート

ギャップのある素材合わせがツボ。コーディネートを瞬時にドラマティックにしてくれる、ダスティピンクのチュールスカート。黒のレザージャケットを合わせることで、強さと女らしさを両立した理想のコーディネートに。スカートにボリュームがあるので、アップヘアにするとバランス良好。

▶︎確実におしゃれ見えする最強配色は「黒×ピンク」!

【11】ベージュコート×ベージュストール×赤スカート

【11】ベージュコート×ベージュストール×グレーニット×赤スカート

トラッドなテイストが恋しくなる日も、ときにやってくるもの。タイトシルエットのスカートには、パンプスよりロングブーツ合わせが今季らしいバランスに。ゆったりと、たっぷりと、襟元に巻きつけたストールで、ドラマな要素をプラスして。

▶︎グッドガールなスタイリングなら共素材のストールでフェミニンに【明日何着る?】

夏におすすめのフェミニンコーデ

【1】ストライプ柄ブラウス×水色ロングフレアスカート×黒スニーカー

【1】ストライプ柄ブラウス×水色ロングフレアスカート×黒スニーカー

甘めブラウスとフレアスカートをラフなスニーカーでカジュアルにくずして。ふんわりブラウスとブルースカートのフェミニンなコーデには、その優しい雰囲気にマッチするすっきりとしたスニーカーでくずして。ベーシックなローカットながらパテントレザーとかかとのガンメタリックが艶やかな存在感を出しつつ、白い厚底が旬バランスを実現。シルバーバッグが華やぎを添えて。

▶︎「甘めブラウス×フレアスカート」にこなれ感をプラスするなら何を合わせる?

【2】カーキブラウス×パープルパンツ×グレーストール

【2】カーキブラウス×パープルパンツ×グレーストール

色で締めずに全体の彩度を優しいトーンでそろえれば、フェミニン度がグンと高まって。友人とホテルランチなどのシーンに相応しい大人の甘さを楽しめる。

▶︎ポイントは揺れ感!華やかさ漂う大人フェミニンコーデ【明日、何着る?】

【3】白シャツ×水玉プリーツスカート×青ヒールサンダル

【3】白シャツ×水玉プリーツスカート×青ヒールサンダル

ぺたんこづいてる毎日だからこそたまに履くヒールサンダルで特別感を。ドット柄のスカートは高めヒールとの相性のいいミディ丈にすることでレディな着こなしが叶います。

▶︎きちんと感を出したい日はやっぱり頼れる白シャツが主役!

【4】ベージュニット×デニムパンツ×青パンプス

【4】ベージュニット×デニムパンツ×青パンプス

ウエストインでスタイルよく見せつつ色で柄で、デニムをフェミニンに味つけ。淡いベージュニットとの組み合わせなら、デニムスタイルもほのかな女らしさが。そのムードを生かして、ドラマティックな花柄クラッチやパール調アクセサリーなど、レディな小物を盛りつけて。

▶︎女っぷりアガる〝デニムスタイル〟のフェミニンな着こなし方

【5】茶色カットソー×緑ロングフレアスカート

【5】茶色カットソー×緑ロングフレアスカート

ブラウンカットソー×グリーンフレアスカートを、黒サコッシュとサングラスでクールに引き締めて。

▶︎夏カジュアル、最旬サコッシュがなくちゃ始まらない!

【6】茶色トップス×ベージュパンツ×ラベンダーシューズ

【6】茶色トップス×ベージュパンツ×ラベンダーシューズ

ともすれば地味になりがちなグレー×ベージュのメンズ配色。きれい色やパイソン柄の投入で女度高めに。キレのよさを残したフェミニンスタイルの完成。

▶︎メンズライクな配色コーデ、こんな日の足元は…【今日、何着る?】

【7】ベージュレースニット×カーキフレアスカート

【7】ベージュレースニット×カーキフレアスカート

かぎ針編みニット×フレアスカートの涼しげな着こなし。フェミニンなテイストだからこそ、甘さを控えた色使いで大人っぽく仕上げたい。

▶︎辛口派におすすめしたい甘めコーデ。決め手はアースカラー配色!

【8】白ワンピース×ベージュバッグ

【8】白ワンピース×ベージュバッグ

レフ板効果もあるクリーンな白ワンピースは、それだけでドラマティック!シャツとロングプリーツをドッキングすれば、フェミニンさも知的な印象も含む佇まいに。タックイン風の切り替えや、長め&ゆとりのある袖まわりが、アラフォーの気になる体型もさりげなくカバーしてくれる。

▶︎白ワンピなら、フェミニンさと知的さを併せ持つ〝プリーツワンピ〟一択!

【9】黒ワンピース×バッグ

【9】黒ワンピース×バッグ

フェミニンな黒のマキシワンピにクセありバッグを合わせて、意外性のある着こなしに。「ちょっと甘すぎかな、くらいなバランスが好きなんです(笑)。首も詰まっているし、そではパフだし、コットンレースだし。一見いい子っぽい要素が詰まった黒ワンピだからこそ、バッグはピリッと効く強めの子をチョイス。黒ってドラマティックな色ですよね。着るだけで決まる。 甘いものもおしゃれにこなせる。お出かけの日、絵になる装いのために、本当に頼りきっています」(川人未帆さん)。

▶︎フェミニンな黒のマキシワンピ、大人気ワーママの川人未帆さんはこう着こなしていました

【10】白ブラウス×ベージュパンツ

【10】白ブラウス×ベージュパンツ

ひらっとした大きめの襟がまるでピーターパンの衣装みたいなブラウスは、春から続くビッグトレンド。襟と袖の下のレース使いが繊細な女らしさも香らせています。フェミニントップスはデザイン力が高い分、ボトムは黒クロップドなどベーシックなものになりがち。そこをやや太めのパンツに合わせるだけで一段と新鮮な表情に!

▶︎最旬「フェミニントップス」はラフに着くずすのが大人流【スタイリスト亀 恭子の夏スタイル】

【11】黒ブラウス×ベージュスカート

【11】黒ブラウス×ベージュスカート

アクセントのパールボタンは袖口とバックスタイルにも。肌の透け感と相まって、センシュアルな佇まいに。トップスが十分女らしいので、ボトムはタフな印象のベージュスカートでバランスをとって。ノーアクセの潔さがかっこよく着こなす秘訣です。

▶︎1枚あると夏のおしゃれが格段に素敵になる水玉&袖コンブラウスはコレ!

【12】花柄ワンピース×カゴバッグ

【12】花柄ワンピース×カゴバッグ

それだけで華やぐ柄ワンピは、ポイントを押さえた最小限の小物使いで。1枚で女らしい”ゆるワンピ”だからこそ、他は引き算でヌケをだすことを意識する。それだけで、肩ひじ張らない余裕のある着こなしが完成!

▶︎夏の本命〝ゆるワンピ〟、きれいめ以外の着こなし方は? 【スタイリスト亀 恭子の夏スタイル】

【13】ベージュブラウス×カーキスカート

【13】ベージュブラウス×カーキスカート

首まわりにギャザーを寄せた、丸みのあるふわっとフォルムのコットンシルクブラウス。袖口でふんわり大きく揺らめくフレアフリルが、シックに大人の女性のかわいらしさを引き立ててくれる。女前なフェイクレザーのスカートを合わせて、甘さと辛さをミックスさせた装いを楽しみたい。

▶︎エレガントすぎず、フェミニンすぎず…袖フリルが大人かわいいにちょうどいい!【今欲しいのは、洗えて着映えるブラウス&シャツ vol.10】

春・秋におすすめのフェミニンコーデ

【1】黒ブラウス×ミント色タイトスカート×バイソン柄バッグ

【1】黒ブラウス×ミント色タイトスカート×バイソン柄バッグ

ふわっと袖はパイソンの 辛さで脱ほっこりに。ボリューミィな袖がフェミニンなカットソーは、タイトスカートでシルエッ トに強弱をつけて。キレよく仕上げる のが正攻法。

▶︎脱・ほっこり!ふわっと袖ブラウスに必要な引き締めアイテムは…【明日何着る?】

【2】水玉ブラウス×ピンクパンツ

【2】水玉ブラウス×ピンクパンツ

水玉×ピンクカラーパンツの甘×甘な 組み合わせは、ワンポイントの辛さが決め手。ピリッと引き締まるセンタープレスで、一歩大人のフェミニンスタイルが完成。

▶︎【大人のための着こなし術】甘×甘の組み合わせをこじゃれてみせるポイントは?

【3】ピンクワンピース×白フラットシューズ

【3】ピンクワンピース×白フラットシューズ

キャッチーなブランドで旬の華やかさを手に入れて。フェミニンとモードのバランスが絶妙な〝YOKO CHAN〟の一枚。ハレの日に備えてワードローブに加えたい。

▶︎ハレの日に備えてワードローブに加えたい。フェミニンとモードのバランスが絶妙な〝YOKO CHAN〟の一枚

【4】白ブラウス×カーキパンツ

【4】白ブラウス×カーキパンツ

軽やかでふんわりとした表情のマジョリカプリーツをたっぷりと施したシアーな一枚。色・形・デザインと随所にフェミニンな要素が香るデザインだから、カーキのワークパンツでラフに着崩すくらいがちょうどいい。こなれ感のある程よい甘さで、好感度の高いスタイリングを目指して。

▶︎フェミニンな〝プリーツブラウス〟にはワークパンツを合わせて大人カジュアルに

【5】白ニット×ベージュマキシスカート

【4】白ニット×ベージュマキシスカート

リッチなフェミニン配色 白〜ブラウンも新バランスでこなれ顔 身幅も着丈もあるフォルムながらバランスが取りやすい、厚みを抑えた落ち感のあるニット。コンパ クトなニットでは表現できないリラックスムードで、脱コンサバな淡色コーデを楽しみたい。服のみならず、ファーのバッグやサングラスなど小物まで総動員して質感に深みを出して。

▶︎脱・コンサバ!リラックスムード漂う淡色コーデ【明日、何着る?】

【5】茶色ニット×赤マキシスカート

【5】茶色ニット×赤マキシスカート

コンサバとは一線を画すベリー色グラデはモヘア×ベロアを重ねてつくる秋冬フェミニン。足元で重たく揺れるベロア のマキシ腰はが広がらずに落ちるシルエットだから、ボリュームニットともバランスが取りやすい。表情のある素材のかけ合わせも、ゆるっと感を盛り上げる。

▶︎モヘア×ベロア。今の季節ならではの素材感を楽しむフェミニンコーデ

【6】青ニット×水色ギャザースカート×黒スニーカー

【6】青ニット×水色ギャザースカート×黒スニーカー

スポーティな黒を効かせてブルーの装いをスパイシィにボクシーなニットにギャザースカート を合わせるリラクシーなバランスは、 意外性のある素材MIXでこだわりをアピールしたい。たっぷりとしたシルエットを受け止めるには、ゴツめのスニ ーカーが好相性。もう一点、バッグで黒を投入し、辛さをトッピングすると切れ味よく着こなせる。

▶︎長期休暇のリラックス気分にマッチするゆる&ゆるコーデ

【7】黒カーディガン×白Tシャツ×花柄スカート

【7】黒カーディガン×白Tシャツ×花柄スカート

プラスオンの黒で引き締める 華やかなフェミニンカジュアル。

▶︎おしゃれママ・川人未帆さんが着こなすフェミニンカジュアルは黒のはおりがポイントでした

【8】グレージュブラウス×プリーツスカートのセットアップ

【8】グレージュブラウス×プリーツスカートのセットアップ

ニュアンスカラーのグレージュで直球すぎない年相応のフェミニンに。すそのレイヤードや背面とそで口のくるみボタンなど細部にまで目を引くディテールを詰め込んだデザインで、単品使いでもフル稼働をお約束。

▶︎スカートセットアップは【カラーは渋め】【シルエットは甘め】が正解!

【9】グレーニット×グレーカーディガン×緑プリーツスカート

【9】グレーニット×グレーカーディガン×緑プリーツスカート

アコーディオンプリーツのサテンスカートは、ラップ風の重ねデザインで、ランダムな女らしい動きを生み出す雄弁なアイテム。きちんと感のあるアンサンブル合わせでも、無難に終わらずドラマティックな佇まい。ニットのすそはアウトで着て、あえてウエストマークをしないのがリッチ感を生むポイント。一方アンサンブルのカーデは、センターをずらしてマント風に肩を覆うことで知性を感じるフェミニンさを引き立たせる。

▶︎【おしゃれの小技】アンサンブルニットは「マント風」に着るのがおしゃれ!

【10】グレーVネックカーディガン×白プリーツスカート×スネーク柄ローファー

【10】グレーVネックカーディガン×白プリーツスカート×スネーク柄ローファー

フェミニンなプリーツスカートも、甘さ控えめではきたいDomani世代。カーディガンのV開きが、ほっこりせずにしゃれた抜け感を生む要因に。スネーク柄ローファーで、足元にひとクセ加えて完成

▶︎フェミニンなプリーツスカートも、こうすれば抜け感がでるんです!

【11】ピンクニット×白パンツ

【11】ピンクニット×白パンツ

フェミニンに着映えるピンクニット。クリーンな白パンツを合わせれば、甘すぎず大人っぽく着こなせる。ライトピンクのファーバッグで遊び心をひとさじ。

▶︎【PLSTセット買いリスト】 好感度の高い着回し叶う3点はこれ!

【12】ベージュカーディガン×黒ワンピース

【12】ベージュカーディガン×黒ワンピース

Vカーデ×サテンキャミワンピでゆるっとフェミニンに。ばさっとラフにカーディガンをはおり、華奢に華やぐ光沢ワンピースも気負いなく楽しんで。

▶︎この3つを買えばOK!PLSTセット買いリスト【きちんとフェミニン派】

大人の女性だからこそマスターしておきたいフェミニンスタイル!

おすすめのフェミニンコーデをご紹介しましたが、いかがでしたか? 一口にフェミニンと言っても、きれいめからカジュアルまで、さまざまなスタイルがあります。あか抜けてみせたいなら、モードやカジュアルなテイストを加えるのが今っぽく着こなせます。ぜひ、自分に合ったフェミニンスタイルを楽しんでみてください。

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事