【新連載】Domaniモデル・黒木ナツミの自宅公開!インテリア愛を語ります♡ | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE暮らし

2021.03.25

【新連載】Domaniモデル・黒木ナツミの自宅公開!インテリア愛を語ります♡

モデルやアパレルブランド〝Vicente〟のディレクターを務める黒木ナツミさんが、昔から好きだったインテリアについて語る連載がスタート! 第一回となる今回は、黒木さんのセンスが垣間見えるおしゃれなご自宅をご紹介します。

Tags:

私の好きなインテリア情報をこの連載でたくさん発信していきます!

こんにちは、黒木ナツミです!このたび、WEB Domaniでインテリア連載を始めることになりました。モデルとして活動しつつ、実生活では一児の女の子のママとして毎日奮闘しています。自分のために、家族のために…心地よい暮らしを送れる家づくりは、私が力を注いでいることのひとつ。どのような家具や雑貨が好きなのか、どうコーディネートしているのか…そんなお話から始めさせていただけたらと、まずは自宅のこだわりのポイントをご紹介させてください。とにもかくにもインテリアが大好き!な思いを、WEB Domaniの読者のみなさまと共有できたらと思っています。

リノベーションした自宅はこだわりがたくさん詰まっています

4年前に祖父と両親とともに暮らしていたおうちをリノベーション。建築士である父が設計をし、間取りやインテリアについては私も父と細かく相談して決めました。できるだけ収納場所を多くし、開放的な空間にしたいという想いから、オーダーメイドでシューズクローゼットやキッチンカウンターなどをつくり、また、壁や床に敷き詰めたタイルやドアノブ、電球などは専門店やアンティークショップを巡って買い集めたものを採用しています。

お部屋のイメージはやや高級感のある白ベースのウッディな空間

ナチュラル感と高級感、どちらも共存させたいと追求していくうちに今のようなおうちのスタイルに。海外のインテリアのように白色をベースに自然を感じられるウッド使いをミックスさせながら、ホテルのように高級感のある雰囲気もあったらいいなと、ゴールドのアイテムを少し取り入れています。特にこだわっているのは、色です。海外のインテリア雑誌やインスタグラムを参考にしていて、ほぼ毎日見ています。あとは旅先で見かけたインテリアや洋服のデザインからインスピレーションを得ることも。

おしゃれなだけではなく機能面も計算し暮らしやすさを追求!

白い大理石を使って明るくしたエントランスは〝アドヴァント〟というタイルや壁紙を取り扱う専門店でオーダー。また、壁全面をシューズクローゼットにし、たっぷり収納できるようにしました。壁の一部はガラスにすることで光をたくさん取り込める空間にしています。

自分が納得できる家具を求めて国内外のインテリアショップもリサーチ

いちばんリラックスしたい寝室は、他の部屋と配色のイメージを変えています。壁の色をやわらかなスカイブルーにし、家具は大人っぽく映えるシルバーやグレー中心に揃えました。シルバーのサイドテーブルは国内で納得するものが見つからず、WEBで海外から取り寄せました。例えば、日本ではあまり馴染みのない〝アリババ〟も、日本では見かけることの少ないかわいい家具や小物をがすごく種類が豊富で、チェックしています。

ベッドのヘッドカバーはもともと黒でしたが、部屋の色に合わせて代官山にあるテキスタイルショップ〝ニーディック テキスタイル〟で布を買い、サイズに合わせてつくってもらいました。

イメージする家具が見つからないときはDIYすることも

▲ 本人撮影

ドレッサーは、〝イケア〟で見つけたテーブルの上にWEBで購入した鏡をドッキング。鏡には新しいミラーシートを貼って、きれいに見えるようリメイクしています。

インテリア情報はネットから。そして足を使ってどんどん収集!

インテリアの情報はほとんどネットから得ることが多いですが、家具屋さん巡りも好きなので、ショップのテイストを確認したり、インテリアの参考にさせてもらうなど、お店に足を運んで知識をインプットしています。お気に入りにのインテリアショップは〝Cassina〟〝Minotti〟〝ASPLUND〟〝CONRANSHOP〟で、デザイン性の高いモダンなインテリアを取り揃えたショップを見て回るのが好きです。

もちろん、イケアのようにお買い物しやすい価格帯のショップも大好き! イケアで購入した子供部屋のクローゼットは、〝ザ・グローブ〟で見つけたきらきらした取手に付け替え、ちょっとしたリメイクを。そうすることで、オリジナリティも出せますし、リメイクをしながらよりお部屋の雰囲気に合うよう工夫しています。

建築士の父からの影響でインテリアに興味関心を抱くように

そもそもインテリアに興味をもったのは、父の仕事の影響。幼い頃から、建築家の父が設計する家を一緒に見る機会が時々あって、その時から、骨組みの段階の家を見るのが好きだったんです。 小学生になり自分の部屋を持つようになってからは壁の色を自分で塗り替えるなど、かなりこだわりをもって頻繁に部屋の模様替えをして楽しんでいました。その気持ちは今も変わらず、今後はさらにその道を極めていけたらと考えています…!この連載でも、私のインテリアへのこだわりやぜひシェアしたい情報、また、少しずつ準備を進めているインテリアのお仕事についても次々と発信していきますので、ぜひ楽しみにしていてくださいね!

画像ALT
黒木ナツミ

モデルとして活躍する傍ら、高いファッションセンスを活かしアパレルブランド〝Vicente〟のディレクターも務める。最近は知人のインテリア会社〝MAYS〟のSNSを担当したり、オーダーメイド家具のデザインを手がけるなど活動の幅を広げている。一児のママ。Instagramアカウントは@natsumi0086

写真/フカヤマノリユキ 構成/望月琴海

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事