Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE暮らし

2022.01.14

不快だと思われてしまう人の特徴とは?

「不快」と思われてしまう人には、特徴があります。今回は、ふるまい・性格それぞれの特徴について解説します。

Tags:

「不快」と言われてしまうのはなぜ?

周りの人に不快だと思われてしまう人にはどんな特徴があるのでしょうか。

ふるまい

1.食事のマナーができていない

頬杖をついて食事したり、食べ物を口に入れたまま話をしたり、くちゃくちゃと音を立てながら食事したりと行儀の悪い食べ方は周囲を不快にさせます。人によっては「もう一緒に食事したくない」と思う人もいるかもしれません。

気持ち悪い

2.デリカシーがない

仕事や学歴、家族、恋愛など、プライベートな部分にずかずかと踏み込んできます。初対面の相手であってもお構いなし。相手が不快に思っているかどうかも気にしていません。

3.馴れ馴れしくしつこい

付き合ってもいないのに「おまえ」と呼んだり、やたらとボディータッチをしたりと馴れ馴れしい行動は人を不快にさせます。

性格

1.自意識過剰

自意識過剰で、なかには自分がモテると思っている人もいます。また、自慢話も多く、周りがうんざりしていても気付きません。それどころか、自分の話をみんなが聞きたいと思ってると勘違いしていることも。自分が周りから注目されている、見られていると自意識過剰になっていることが、周りに不快な印象を与えているとは気づかないのです。

2.一つのことにしつこくこだわる

執着心が強すぎると周囲に不快な印象を与えてしまうことも。交友関係においても同様で、相手の気持ちのことを考えず、自分の気持ちに執着します。好きな人に嫌がられていることに気付かず、メールやラインでしつこく連絡をしてくることもあるでしょう。

3.ネガティブ思考

ネガティブ思考の人も多いです。「どうせ自分なんて」と卑下してばかりで、後ろ向きな発言や行動をするため、周囲の人もうんざりすることが多いでしょう。

誰かに何か言われても、「だって」「でも」と否定する癖があるため、自然と周囲の人は離れていく可能性があります。あまりのネガティブ思考に周りが引くこともしばしばでしょう。

周囲を不快にさせないためには、自分を客観的に見ること

自分を客観的に見て、周りからどう思われているかを知る努力をしましょう。


また、身だしなみを整えて、清潔感ある格好を意識すると印象が変わります。歯や爪のお手入れも、身だしなみの一つです。歯が黄ばんでいないか、爪が伸びていないかまたは爪に汚れが溜まっていないか、といった点にも気を付けてください。

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事