Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2022.01.13

ほかに好きな人ができてしまったとき、どうする?冷静に考えるためのポイントと対処法

パートナー以外に好きな人ができてしまい悩んでいるときは、自分の気持ちを冷静に整理することが大切です。結論を出す前に知っておきたい、ほかの人を好きになるきっかけや、パートナーと別れた方がいいのか判断するポイントなどを紹介します。

Tags:

ほかに好きな人ができるきっかけとは?

人はどのようなきっかけで、パートナー以外の人に興味を抱くのでしょうか。主に考えられる理由を見ていきましょう。

ほかに好きな人ができた きっかけ

(C) Shutterstock.com

一緒にいてドキドキしなくなった

付き合い始めたころのような、一緒にいるときのドキドキ感がなくなったときに、ほかの人に心を奪われるケースが考えられます。付き合いが長いほど、関係はマンネリ化しやすい傾向があるため、ドキドキしなくなることは珍しいことではないでしょう。

ときめかなくなるのは、決してネガティブなことだけではありません。落ち着いた関係に居心地のよさを感じる人もいますが、一方で「物足りない」「つまらない」と感じてしまう人もいるのです。

例えば、日ごろから「パートナーと話していてもリアクションが薄くて寂しい」と感じているとします。そのようなときに、興味深く話を聞いてくれたり笑わせてくれたりする人が現れると、「一緒にいて楽しい」と感じ、好きになってしまうケースもあるでしょう。

「マンネリ」とは?マンネリしてしまう原因は?新鮮な気持ちを長続きさせるため対策も解説|Domani

パートナーにない魅力を感じてしまった

人は誰しも完璧ではありません。しかし、パートナーに対して「もっとこうしてほしい」「こうだったらよかったのに」といった感情を抱いてしまうのはよくあることです。何となく満たされない気持ちの日々が続くと、パートナーに足りないものを持っている人が目の前に現れたときに、理想の相手のように思え、好きになってしまうのは自然なことともいえます。

今付き合っているパートナーと比較し、新しく出会った人に対して「この人の方が私を幸せにしてくれる」という強い魅力を感じれば、気持ちが高揚してしまうのでしょう。

ほかの人からアプローチされた

たとえパートナーがいても、ほかの人からアプローチされると悪い気はしないものです。「認められている」と感じられ、うれしく感じる人もいるでしょう。それまで興味がなかった相手だとしても、自分に好意を寄せてくれていると分かると、急に相手との距離が近くなることも珍しくありません。

また、パートナーとの関係に不満や悩みがあり、自信を失くしていたり、落ち込んだりしているときに優しくされると、ときめいてしまうこともあるでしょう。その結果、気付いたときには好きになっていることもあります。

〝承認欲求〟が強い人の特徴とは?承認欲求が満たされる仕事や付き合い方も併せてご紹介|Domani

パートナー以外を好きになっている兆候

パートナー以外を恋愛対象として好きになってしまったのかどうか、考えても自分の気持ちが分からなくなることもあるでしょう。そんなときは、自分の行動を振り返ることで、気持ちを整理できます。

パートナー以外を好きになったときに見られる、よくある兆候を紹介します。

ほかに好きな人ができた

(C) Shutterstock.com

服装の好みが変わる

よく見られる兆候の一つが、服装の好みの変化です。相手に好かれたいと思う気持ちが強いと、相手の好みに合わせてファッションがガラッと変わることは珍しくありません。例えば、今まではカジュアルなファッションが定番だったのに、急にフェミニンでエレガントなファッションが増えたケースなどです。

好きな人がいると、「きれいになりたい」「よく思われたい」という気持ちも強まるため、メイクやヘアスタイルなどに変化が見られることもあります。以前にも増してメイクやヘアスタイルなど身だしなみを意識しだす人も多いようです。

スマホを隠す・離さない

パートナーと気になる人との関係で悩んでいるときは、気になる人とのやり取りをパートナーに気付かれないよう、スマホを隠すような行動を取る傾向も見られます。

例えば、LINEの通知音がなると、パートナーに見えない角度でスマホを見るなどが挙げられます。今までパートナーと一緒にいるときはスマホをテーブルに置きっぱなしだったのに、常に持ち歩いているケースも一つの兆候です。

また、好きな人からの連絡を待っており、スマホを肌身離さず持ち歩くことが多くなる場合も。無意識に頻繁にスマホをチェックするのも、ほかに好きな人がいる気持ちの表れといえるでしょう。

ほかに好きな人ができたときに考えること

パートナー以外に好きな人ができたときは、気持ちを整理することが大切です。正直な気持ちに嘘をつく必要はありませんが、判断を誤れば、後悔することにもなりかねません。自分の気持ちを整理するために、考えるべきポイントを解説します。

ほかに好きな人ができた 別れる 別れ方

(C) Shutterstock.com

両方と距離を置いて冷静に考える

気持ちの整理がつくまで、両方と距離を置いて冷静に考える期間を設けるのがよいでしょう。1人だけと会うと、一緒に過ごす時間が多い分、感情に流されて冷静に判断するのが難しくなるためです。両方と距離を置くことで、より冷静かつ客観的に自分の気持ちと向き合うことができるでしょう。

どちらをより多く思い出すのか、どのようなことを思い出すのかなど、さまざまな観点から比較してみることで、自分の本当の気持ちに気付きやすくなります。

人間関係において「距離を置く」ときの理由の多くは…!? 距離を置くことで得られる3つの効果|Domani

パートナーの好きなところを考えてみる

パートナーの好きなところや長所を考えてみましょう。誰でも長所と短所があるものですが、人は短所に目が行きがちです。気になっている人への興味で、パートナーの長所や好きなところが見えなくなっていることも考えられます。長所や好きなところに改めて目を向けることで、パートナーのよさを再確認できることもあるでしょう。

また、パートナーと別れて後悔することがないように、一時期の感情で見極めないようにすることも大切です。人を好きになった当初はドキドキしたり、会話が盛り上がったりして、刺激的に感じるもの。しかし、付き合いが長くなれば徐々に薄れていく感情でもあるため、一時的な感情を判断基準にしないようにしましょう。

長続きするカップルの秘訣とは?相手への感謝や思いやりを忘れないで|Domani

パートナーと別れた方がよいケースは?

自分の気持ちを整理した結果、新しく出会った人のことが好きになっていることが分かっても、「パートナーと別れる」という判断を下すのは簡単ではありません。しかし、パートナーへの愛情が薄れており、関係の修復が困難ならば、別れた方がお互いの将来にとってよいでしょう。

ほかに好きな人ができた 別れる

(C) Shutterstock.com

お互いに無関心になっている

相手への興味や関心がなくなっている場合は、たとえ関係を続けたとしても、進展がないまま時間が過ぎてしまうことが珍しくありません。お互いに相手に対して無関心になっていると感じ、再び関心を持つことは困難だと感じるならば、別れを選んだ方がお互いにとってよい選択ともいえるでしょう。

また、一概には言えませんが、恋人同士であれば頻繁にLINEで連絡を取り合ったり、相手のことが気にかかったりするものです。当初は数日空けることもなかったのに1週間以上連絡を取り合わなくても気にならなかったり、ほとんどパートナーのことを考えることがなかったりする場合は、もう気持ちが冷めている可能性が高いかもしれません。お互いが「いてもいなくても変わらない」ような存在になっているのなら、関係を見直す方がベターです。

一緒にいても楽しくない

パートナーと一緒にいても楽しいと感じなくなっている場合は、別れを検討する方がよいかもしれません。好きな人とは、一緒にいるだけで楽しいと感じたり、幸せを感じたりするもの。自然と笑みがこぼれ、気持ちが満たされていると感じる人も多いでしょう。

一緒にいても笑うことがなかったり、デートしていても「楽しくない」「退屈だな」と感じたりしているときは、気持ちが冷めている可能性が高いといえます。気持ちが冷めているにもかかわらず関係性を続けるのは、2人の将来にとってプラスになりません。

暴言・暴力を受けることがある

たとえ相手のことを好きだとしても、暴言を吐いたり暴力を振るったりする相手とはすぐに別れましょう。言葉で心を傷つけ、力でねじ伏せようとするのは、支配力が過度に強い人の特徴です。

中には暴力で傷つけた後に、急に優しくなったり反省している態度を見せたりする人もいます。つい許してしまう人もいますが、暴力が繰り返されるケースが珍しくありません。

「暴言や暴力で支配しようとする人とは、一緒にいて幸せになれない」と理解することが大切です。心身のダメージを受ける前に、別れるようにしましょう。

パートナーと上手に別れる方法

パートナーと別れる決断をしたら、相手にきちんと伝えることが大切です。トラブルなくスムーズに別れるための大切なポイントを紹介します。

ほかに好きな人ができた 別れる 別れ方

(C) Shutterstock.com

別れ話の前に事前準備をする

何の前触れもなく別れ話を切り出すと、相手は現状を受け入れられず、取り乱してしまうこともあります。上手に別れるためには、実際に別れ話を切り出す前に、しっかり準備をしておくことが大切です。

具体的には、何となく別れが近づいていることを察知してもらうのがおすすめです。例えば、今まで言いづらかった相手への不満をあえて口にすると、「ずっと我慢していたんだ」と感じてもらえるでしょう。

デートの回数やLINEなどのやり取りを徐々に減らすのも効果的です。「1人で過ごす時間がほしい」などを理由にすれば、心の距離を感じ、別れ話をしても冷静に受け入れてくれるかもしれません。

音信不通ではなくきちんと別れ話をする

後腐れなくスムーズに別れるには、きちんと相手に別れを伝え、納得してもらうことが大切です。別れ話がしづらいからと相手を避け、音信不通で終わらせるのはトラブルの原因になることもあります。

別れ話は、直接会ってするのがおすすめです。近年は、LINEで別れ話をするケースもあるようですが、文字だけだと相手の解釈によって誤解を招くことも考えられます。

相手には別れたい理由をしっかり伝えることも、大切なポイントになります。相手を気づかうつもりで曖昧なままにしてしまうと、逆に気持ちの整理がつかず苦しめてしまうことにもなりかねません。

また、一方的に別れを告げて終わりではなく、たとえ自分の気持ちは変わらないとしても、相手の気持ちを聞き話し合う姿勢を示すようにしましょう。

別れた後は連絡を取らない

納得して別れても、元恋人から連絡がくることも考えられます。別れたとはいえ、恋人だった人を冷たくあしらうのは心苦しいかもしれませんが、徹底して連絡を取らないようにしましょう。

特に、相手側にまだ未練がある場合は、LINEのメッセージなどに返信をしてしまうと、「まだ脈があるかもしれない」と思われてしまうことも考えられます。淡い期待を抱かせず、「もう本当に終わりなんだ」と思ってもらえるように、連絡を断ちましょう。

また、自分から別れを決めても気持ちが揺らぐことはあるものです。連絡を断つことで、自分自身も元彼との関係をきっぱり断ち切ることができるでしょう。

こちらの記事もたくさん読まれています

好きな人に【会えなくて寂しいとき】の対処法 |会えないとき男性はどう思っている?
〝問題解決能力〟ってどんな力?能力を高めるメリットやスキルアップの方法も併せてご紹介

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事